fc2ブログ
 
  

翌年のウィーンでの豪華パーティーに向けて、準備開始・・・その前に郊外のレストランで美味しいランチ

2019年9月28日土曜日@ウィーン

旅の25日目、ウィーンの3日目。この旅の通算では8日目です。

まだ、今回のヨーロッパ遠征も1日を残していますが、早くも来年の計画を詰めています。
来年はsaraiのヨーロッパ遠征30周年にあたります。1990年のゴールデンウィークに最初のヨーロッパ遠征をしました。ただし、これは旅の初心者だったので、オペラツアーに参加して、ウィーン国立歌劇場を訪問。死ぬまでに一度はウィーンでオペラを見たいと配偶者を説得してのヨーロッパ遠征でした。一度の筈が病みつきになり、ウィーン訪問だけでも今年で17回目の訪問になります。ヨーロッパ遠征は25回ほどでしょうか。

ともあれ、来年はヨーロッパ遠征も30周年になるのを機にヨーロッパ遠征は一応の打ち止めとしたいと考えています。体力も資金力も余裕がなくなりましたからね。
で、最後はヨーロッパ遠征の起点となったウィーンでぱーっと祝宴を開こうと思っています。家族や親しい友人たちと一緒にお祝いの会です。saraiと配偶者のお誕生会も兼ねます。
今日はその会場の下見です。音楽を聴くためにヨーロッパ遠征を続けてきたsaraiですから、音楽なしのパーティーはありえません。ウィーンで音楽と言えば、やはり、ウィーン・フィル。まさか、ウィーン・フィルをまるまる借り上げることは無理ですが、無理無理、ウィーン・フィルのメンバー4人に来てもらって、弦楽四重奏曲を弾いてもらうことで計画を進めています。
したがって、今日はミニコンサートの会場を兼ねたパーティー会場を来年の5月にレンタルするための下見の予定です。

その手筈を整えるためにウィーンの友人の力を借ります。ホテルまで車で迎えに来てもらうことになっています。もうすぐ約束の時間です。路地の上にあるホテルの渡り廊下の上から、お洒落な路地、ズーンホフSünnhofの様子を眺めます。

2021100101.jpg



しばらく、この路地の眺めを楽しんでいます。

2021100102.jpg



やがて、友人の車が到着。会場の下見の時間は夕方になったそうです。それまで、ウィーン郊外のレストランでランチを楽しむことにします。車がずい分走って、山の中腹に登ったところに隠れ宿のようなレストランがあります。建物はウィーンらしくないモダンな建築です。

2021100103.jpg



ここからは見渡す限り、山が広がっており、ほかの建物は全然、見当たりません。ここはトゥルビンガー・コーゲルTulbinger Kogelという山里です。ウィーン市内から北西に30㎞ほど離れたところですからね。

2021100104.jpg



ここにあるホテルレストラン、ベルグホテル・トゥルビンガー・コーゲルBerghotel Tulbinger Kogelの中に入ります。友人がドイツ語のメニューを解説してくれて、オーダーをちゃちゃっと済ませます。

まずは飲み物が並びます。軽く白ワインをいただきます。無論、愛好するリースリンクです。

2021100105.jpg



次にたくさんのパン。

2021100106.jpg



前菜はサーモン。

2021100107.jpg



珍しくメニューに生牡蠣があったので、いただくことにします。なかなかの美味です。

2021100108.jpg



これはキノコ(ポルチーニ茸)の炒め物。

2021100109.jpg



これは帆立貝のポワレ。

2021100110.jpg



久しぶりに会った友人と美味しいランチをいただきながら、あれこれ、話に花が咲きます。ゆったりした時間が流れていきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR