fc2ブログ
 
  

藤村実穂子、最高の熱唱 大野和士&東京都交響楽団@サントリーホール 2021.10.21

藤村実穂子は今年の2月にも来日して、同じく都響と共演して、素晴らしい歌唱を聴かせてくれました。そのときはブラームスのアルト・ラプソディー。今回のツェムリンスキーはそのときの比ではない最高の歌唱を聴かせてくれました。もっとも彼女の最高と言えば、やはり、森鳩の歌が忘れられませんが、今回のツェムリンスキーはその森鳩にも匹敵する素晴らしさ。世界でこの歌をここまで歌えるのは彼女だけでしょう。芯のしっかりした美声で低音から高音まで完璧な歌唱でした。ツェムリンスキーのこの作品は初めて聴きましたが、メーテルリンクのミステリアスな詩をもとに実にファンタスティックな音楽を作り上げています。これまで聴いたツェムリンスキーの作品の中で最高傑作に思えます。初めて彼の才能を認めることができました。伴奏のオーケストラも大野和士の指揮の下、実に繊細な音楽を奏でます。都響の実力を100パーセント出し尽くした素晴らしい演奏です。特にヴィオラとチェロの首席奏者たちの見事な演奏に舌を巻きました。

冒頭のR.シュトラウスの交響詩《死と変容》も都響の素晴らしいアンサンブルというか、音響の美しさが光りました。トッティーの大音響でも響きの美しさがまったく崩れないのには驚嘆しました。一方、音楽的な表現は若干、平坦だったのが少し残念。

休憩後のR.シュトラウスの交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》はまるでツェムリンスキーの演奏の続きのように凄い演奏を聴かせてくれました。アンサンブルも音響もそして、音楽性もすべて最高。R.シュトラウスの音楽の真髄を突く素晴らしい演奏でした。ここでも弦の首席奏者たちの実力が発揮されました。大野和士の指揮もこれまでに感じたことのないような素晴らしさ。最高のR.シュトラウスの音楽を味わうことができました。


今日のプログラムは以下のとおりです。

  指揮:大野和士
  メゾソプラノ:藤村実穂子
  管弦楽:東京都交響楽団 コンサートマスター:山本友重

  すぎやまこういち:交響組曲「ドラゴンクエストⅡ」 より レクイエム 追悼演奏
  R.シュトラウス:交響詩《死と変容》 Op.24
  ツェムリンスキー:メーテルリンクの詩による6つの歌 Op.13

   《休憩》

  R.シュトラウス:交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》Op.30


最後に予習について、まとめておきます。

R.シュトラウスの交響詩《死と変容》を予習したCDは以下です。

  ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル 1950年 セッション録音

決定盤です。何も言う必要なし。


ツェムリンスキーのメーテルリンクの詩による6つの歌を予習したCDは以下です。

  アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮北ドイツ放送交響楽団 1993年 セッション録音

フォン・オッターによる繊細でファンタジックな名唱が聴けます。


R.シュトラウスの交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》を予習したCDは以下です。

  ルドルフ・ケンペ指揮 シュターツカペレ・ドレスデン 1971年9月 セッション録音

ケンペのR.シュトラウスの交響曲・管弦楽曲・協奏曲全集からの1枚です。素晴らしい粒ぞろいの名演ばかりです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR