fc2ブログ
 
  

東福寺の京寿司の名店、いづ松で絶品の鯖の押し寿司、そして、旅も完!

2021年10月9日土曜日@京都/21回目

今回の旅のテーマは源氏物語。今日は宇治十帖の舞台、宇治を訪れています。
源氏物語、宇治十帖のウォーキングコースに出発し、東屋(あずまや)、椎本(しいがもと)、手習(てならい)、浮舟(うきふね)、蜻蛉(かげろう)、総角(あげまき)、早蕨(さわらび)、宿木(やどりぎ)、橋姫(はしひめ)、夢浮橋(ゆめのうきはし)のすべての古蹟を巡り終えました。
途中、三室戸寺、宇治川の天ヶ瀬吊り橋、宇治川の中洲の浮島、宇治の世界遺産の平等院も訪れて、宇治の歴史・文化を満喫しました。

最後は町歩きの仕上げで、辻利の宇治総本家で抹茶を買い求めました。宇治でやるべきことはすべて完了。すぐ近くのJR宇治駅に向かいます。
駅近くにも宇治茶の老舗、伊藤久右衛門のJR宇治駅前店・茶房があります。

2022011801.jpg



JR宇治駅はその先に見えています。

2022011802.jpg



折角ですから、この伊藤久右衛門のお店も覗いていきましょう。お茶の品揃えも素晴らしく、お洒落な茶房も併設していきます。また、お茶していきたいところですが、saraiには別の目論見もあります。お店を出て、JR宇治駅に向かいます。

2022011803.jpg



駅舎に入る前に、行きつけになりつつある鯖の押し寿司屋さん、いづ松に電話で営業しているか確認。これを食べないと京都からは帰れません。
京都駅1つ手前の東福寺駅で下車して、いづ松に向かいます。駅前すぐのところにお店があります。すっかり、場所が頭の中にインプットされていて、迷うことはありません。

2022011804.jpg



この時間、夕方5時過ぎはまだ、お店は空いています。さあ、入りましょう。

2022011805.jpg



お店の奥の席に陣取ります。

2022011806.jpg



お店の様子はこんな感じ。今日は独占状態です。

2022011807.jpg



saraiも配偶者も鯖の押し寿司をいただきます。鯖は新鮮で身が分厚いですね。これでなくっちゃね。

2022011808.jpg



やはり、これは絶品の美味しさです。赤だしを追加で注文します。これも美味しい。

2022011809.jpg



お勘定のときに横浜からわざわざ足を運んできたことをお話しすると今の京都の状況や寺社の見どころについての話で盛り上がります。ところで追加注文した赤だしはサービスしてくださいました。ありがとうございます。これで今回の京都の旅は思い残すことは何もありません。
予定の新幹線の1本前のひかりに乗れそうです。急いで京都駅に向かいます。新幹線乗換口で早い電車の切符に交換。キオスクで生八つ橋を購入して、万事完了。
東京行きの新幹線に乗り込みます。
たまたま一緒の電車に乗り合わせた友人夫妻と、1年7か月ぶりにリアルに対面しておしゃべりです。毎週、ZOOMミーティングでは顔を合わせていますけどね。
新横浜駅での電車乗り換えで、横浜アリーナ帰りの若いお嬢さんたちの大群に押しつぶされそうになるという、最後の試練にもめげず、無事に我が家に帰りつきました。
これにて完!!!



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : 寺社巡り
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR