fc2ブログ
 
  

山の辺の道:美しい古道を抜けて、平等寺へ

2022年4月6日(水)@山の辺の道/4回目

京都・奈良の旅の2日目です。山の辺の道を歩いています。大和川のほとり、仏教伝来の地からスタートし、海石榴市(つばいち)、金屋の石仏を経て、大神神社に向かっているところです。
山の辺の道はようやく山道になり、それらしい雰囲気を醸し出します。

2022050501.jpg



大きなお寺風の建物が見えますが、これは山の辺の道とは関係なく、天理教会のようです。

2022050502.jpg



磯城瑞籬宮(しきみづがきのみや)址の案内板があります。この金屋付近に崇神天皇の皇居であった磯城瑞籬宮があったと推定されています。古代の中心地だったんですね。

2022050503.jpg



磯城瑞籬宮址付近を歩いていきます。

2022050504.jpg



平等寺、大神神社への案内板があります。当面の目的地は平等寺です。

2022050505.jpg



舗装道路を過ぎて、未舗装の山道になります。山の辺の道って感じがします。

2022050506.jpg



山の辺の道(山邊道)の石標があります。

2022050507.jpg



よく写真で紹介されている山の辺の道の風景です。この風景を見たことで山の辺の道に来た目的のひとつは達成できました。

2022050508.jpg



竹林の横の道を抜けていきます。

2022050509.jpg



やがて、平等寺の石段下に出ます。石段の上には赤門が見えています。

2022050510.jpg



急な石段を登っていきます。

2022050511.jpg



赤門を抜けて、境内に入ります。

2022050512.jpg



ここまでの山の辺の道を歩いたルートを地図でチェックしておきましょう。

2022050513.jpg



平等寺は意外に立派なお寺で、ここで休息も兼ねて、しばらく、時を過ごします。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!






テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR