fc2ブログ
 
  

山の辺の道:カフェレストラン、花もりで一服

2022年4月6日(水)@山の辺の道/10回目

京都・奈良の旅の2日目です。山の辺の道を歩いています。大和川のほとり、仏教伝来の地からスタートし、海石榴市(つばいち)、金屋の石仏、平等寺、大神神社、大美和の杜の美しい枝垂れ桜、久延彦神社を経て、狭井神社に到着したところです。
鳥居を抜けると、境内には鎮女池があり、池に突き出した市杵島姫神社があります。

2022051301.jpg



境内を進むと、石段の上に拝殿が見えてきます。

2022051302.jpg



入母屋造り(檜皮葺)の拝殿です。この奥の階段上に春日造り本殿が西面して鎮座しています。狭井(さい)神社は、正式には狭井坐大神荒魂(さいにいますおおみわのあらみたま)神社とよばれ、大神神社の摂社です。三輪の神様の荒魂(あらみたま)をまつる神社です。

2022051303.jpg



この狭井神社は三輪山の登山口にもなっています。ここから片道1時間で登れるそうですが、今はコロナ禍のために入山禁止です。

ここを後にすると、一気に山の辺の道の感が増します。

2022051304.jpg



山道を歩きます。ウグイスがさかんに鳴いています。道の周りの柵は害獣侵入を防止するためのものだそうです。

2022051305.jpg



だんだん、山深くなっていきます。これぞ、山の辺の道ですね。

2022051306.jpg



山道のなかにポツンと一軒家があります。これは月山日本刀鍛錬道場です。日本刀を打つところですね。

2022051307.jpg



小さな渓流、狭井川が流れています。狭井神社を源流としています。

2022051308.jpg



このあたりは石畳の道になっています。行違う人は、しっかりハイキングスタイル。こんにちは~と挨拶しながら進みます。はるか古に思いを馳せます。

2022051309.jpg



山の辺の道に溶け込んだようなカフェレストラン、花もりがあります。さきほどからお茶したい心境だったので、ここを逃すわけにはいきません。

2022051310.jpg



中に入ると、可愛いカフェの建物がありますが、カウンター席しかありません。庭先にテーブルが並んでいるので、そこでお茶しましょう。

2022051311.jpg



鄙びたテーブルに数組のハイカーたちが座って、お茶を楽しんでいます。屋外で人も少ないので、飲食しても安心ですね。

2022051312.jpg



メニュ-は意外に充実しています。ドリンクセットでいただきましょう。

2022051313.jpg



saraiは苺シャーベット。2粒のイチゴも付いてきます。

2022051314.jpg



そのイチゴの下にたっぷりとシャーベットがあります。疲れた体には冷たくて甘いものが一番。

2022051315.jpg



配偶者はきなこのわらび餅で一服です。

2022051316.jpg



トロントロンのわらび餅にかけるきな粉は、その場でゴリゴリひいてくれます。香ばしく、かつ甘い香りがします。粗びきのきな粉はざらざらした感じで、初体験の美味しさです。たっぷりと蜜をかけて、いただきます。

2022051317.jpg



庭に白い木肌の巨木があります。何でしょう。モクレンのような花が少し残っていますが、あまりに大きいですね。

2022051318.jpg



お店のかたに伺うと、やはり、モクレン。この巨木がモクレンとは驚きます。この辺りでは最古のモクレンの木だと自慢のようです。ここまで大きくなるには、長い年月が流れていますね。

2022051319.jpg



ここまでの山の辺の道を歩いたルートを地図でチェックしておきましょう。

2022051320.jpg



このカフェで英気を養ったところでまた、山の辺の道を歩きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!






テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR