fc2ブログ
 
  

最終日、京都の北の外れにある常照皇寺へ

2022年4月9日(土)@京都

京都・奈良の旅の5日目、最終日です。

昨日は『ひと目千本』の桜の名所、吉野で思う存分、桜の絶景を楽しみました。
昨日までのフル活動で今日はかなりお疲れ気味です。今日はもう特に行きたいところもないので、京都市内の桜満開の地を探します。そろそろ満開を過ぎているところが多いのですが(京都に到着した4日前は満開だった岡崎疎水べりの桜も今は葉桜になっています)、常照皇寺(じょうしょうこうじ)が満開とのこと。このお寺はまだ行ったことがありません。北の方で満開の時期は遅い筈で、この満開情報は確かな感じがします。北の最果てと思っていた高雄のまだずっと先らしいです。JRバスで1時間半以上かかるようです。JRバスで周山のバス停で下車後、さらにコミュニティーバス、京北ふるさとバスに乗換えて行くらしいです。なんだか秘境の感もありますが、歩かなくてもよいのがグッドです。のんびりバスに揺られてきましょう。まずは旅の荷物を片付け、自宅への宅配便での発送をお願いし、ホテルをチェックアウトします。10時には最寄りのバス停へ行きます。とりあえず、JRバスの始発の京都駅に向かいます。発車30分前に京都駅に到着です。

2022071201.jpg



まず、時刻表を確認します。11時発の周山行のバスに乗ります。

2022071202.jpg



ずい分早く着いたつもりですが、既にもう一組、バスを待っています。長時間の乗車なので、立つのは嫌です。バス停で並ぶ前にICカードにチャージしておきましょう。高額なので、足りなくなると困ります。

2022071203.jpg



さあ、急いで並びます。が、既に、もう一組増えています。しばらくすると、発車10分前にもならないのに、こんな行列ができます。早く並んで正解でした。

2022071204.jpg



やがて、発車時刻直前にバスが来て、我々はさっと席を確保。始発なのに既に立っている人がいます。あぶない、あぶない。

2022071205.jpg



バスはまたまた、今回の旅の3日目に原谷苑を訪れた辺りを走っていきます。仁和寺の前では、いつもの駐車場渋滞が発生しています。帰りが心配ですね。

2022071206.jpg



その後、高雄を通過。懐かしいです。どんどん山に入っていきます。美しい杉。北山杉のようです。昨日は吉野杉、今日は北山杉です。

2022071207.jpg



清滝川に沿って、北上していきます。

2022071208.jpg



ますます、北山杉の美しさに魅了されます。

2022071209.jpg



こんなにちゃんと北山杉を見たことはありません。さすがに素晴らしいですね。

2022071210.jpg



このあたりはどこまでも北山杉の森が続いています。

2022071211.jpg



このあたりは、昔は、栄えて大いに賑わっていた感じです。沿線の桜が美しいです。大堰川の堤にも桜が満開です。

2022071212.jpg



と、立派な総合庁舎や学校、道の駅が見えてきます。周山の町に着いたようです。

2022071213.jpg



周山のバスターミナルに着く頃には、あんなに混んでいたバスの車内も乗客がまばらになっています。

2022071214.jpg



ここが、終点。既に出発時間が過ぎていますが、コミュニティーバス(京北ふるさとバス)は待っていてくれます。

2022071215.jpg



急いでバスに乗り込むと、常照皇寺に行く人はいますか?と尋ねられ、我々の他には1人だけ手を挙げます。きっちり430円を用意するようにとのお達し。両替もできなく、お釣りも出ないとのことです。慌てて財布の中を探します。その間、運転手さんは優しく待っててくれます。ありました!との声で、バスは出発。すぐに先ほど通り過ぎた周山の道の駅の前をまた、通ります。ここで乗り換えてもよかったんです。

2022071216.jpg



沿線には桜が満開です。

2022071217.jpg



バスは大堰川沿いを走っていきます。

2022071218.jpg



長閑な田舎道を走っていきます。

2022071219.jpg



このバスは、通学バスになっているようで、子供たちが、次々と運転手さんに挨拶して降りていきます。10分ほどで最寄りのバス停、山国御陵前に到着。このコミュニティバスはまだ先まで行くようです。
ここから常照皇寺は歩いてすぐの筈です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR