fc2ブログ
 
  

満開の桜に彩られた常照皇寺の美を堪能

2022年4月9日(土)@京都/3回目

京都・奈良の旅の5日目、最終日です。

今日は桜満開の常照皇寺(じょうしょうこうじ)を訪れています。このお寺は京都の北の最果ての地にあります。歴史をひもとくと、この寺を開山したのは、南北朝時代に北朝初代の天皇となった光厳上皇です。光厳上皇は観応3年/正平7年(1352年)に落飾(出家)し、禅宗に帰依しました。その後、貞治元年/正平17年(1362年)、丹波山国庄を訪れ、同地にあった成就寺という無住の寺を改めて開創したのが常照皇寺の始まりです。上皇はその2年後に示寂し、ここに葬られました。南北朝の戦乱の時代、数々の悲哀がありましたが、これもそのひとつです。
その光厳上皇のお手植えの桜と言われるのが国指定天然記念物の九重桜です。もっとも現在は2代目、3代目の桜のようです。この見事な桜の周りを巡りながら、感嘆の声を上げています。

2022071801.jpg



苔むしたお庭に華やかに満開の時を迎えた名木の桜です。

2022071802.jpg



いつまで見ていても魅了されます。しばらく、この美しい桜に呆然として見入っていました。

2022071803.jpg



いったん、桜を見るのを中断して、お寺の中を眺めましょう。九重桜の横に建つ開山堂 怡雲庵(いうんあん)の中に入ります。内部は薄暗く厳かな雰囲気の空間が広がっています。
右側の壁面には、昭和天皇を始めとする歴代天皇や入牌家の位牌がびっしりと並んでいます。このお寺は創建以来、皇室ゆかりのお寺です。位牌の上には、本尊や脇侍仏、十六羅漢像などが並んでいます。

2022071804.jpg



左側の壁面には、雲乗の来迎形式の阿弥陀三尊来迎坐像および両脇侍坐像(共に重文)があります。その上には十六羅漢像が並んでいます。見事な佇まいですね。

2022071805.jpg



開山堂 怡雲庵からは方丈のある本堂まで渡り廊下を歩いて行けます。

2022071806.jpg



渡り廊下を進むと、方丈に面した方丈庭園が見えます。

2022071807.jpg



方丈からその方丈庭園を眺めます。裏山が借景になった素朴なお庭です。

2022071808.jpg



方丈は実に広々とした空間です。周りの庭園と一体化した解放感に満ちています。

2022071809.jpg



再び、お庭に下ります。

2022071810.jpg



方丈を中心に方丈庭園の反対側には、御車返しの桜があります。一重と八重が一枝に咲く桜の名木ですが、これはまだ蕾が固い状態です。

2022071811.jpg



それでは、再び、その先にある九重桜を眺めましょう。何度眺めても美しいです。

2022071812.jpg



桜の向こうには、先ほど内部を拝見した開山堂 怡雲庵が見えています。

2022071813.jpg



この桜は御所から株分けしたと言われる左近の桜でしょうか。

2022071814.jpg



いずれにせよ、方丈と開山堂の間にある空間はたった3本ほどの桜で艶やかに埋め尽くされています。

2022071815.jpg



桜の枝の先に方丈の建物が佇んでいます。苔むしたお庭も含め、美しい風景になっています。

2022071816.jpg



ほぼ、見学は終えましたが、次のバスは1時間半後。もうしばらく、この美しい桜の風景を楽しむことにしましょう。


しばらく、桜の木の周りを巡りながら、その美に酔い痴れましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!






テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR