fc2ブログ
 
  

知床の旅:オホーツク海の夕日

2022年7月6日(水)@網走~知床/7回目

知床、1日目です。女満別空港から知床のウトロに向かって、レンタカーのプリウスを走らせています。メルヘンの丘、網走湖、道の駅の流氷街道網走、能取岬、小清水の原生花園で美しい花々や景色を眺めながらのドライブです。

原生花園からウトロのホテルに向かい出発します。ここからは、ちょっと時間がかかります(1~2時間)。途中、斜里のあたりで休憩しながらと考えていたのですが、停まる場所はなかなかありません。ここの道路は話題になっている長い直線道路。地元の人はガンガン飛ばすらしいですが、私達は法定速度を守り、安全運転。

2022073101.jpg



途中で、天に続く道の場所も確認できます。ここの三叉路をまっすぐ進めば、そのポイントのようですが、それは帰りのお楽しみとします。三叉路で左のほうのウトロ方面に進みます。

20220731022022073102.jpg



やがて、知床のオホーツク海の海岸沿いの道路に出ます。

2022073103.jpg



ウトロが近づきます。

2022073104.jpg



オシンコシンの滝の場所も確認できたので、これも帰りに寄ることにします。もう少しでウトロです。

2022073105.jpg



ウトロの町に入ったところで道を間違えて、ウトロの道の駅に入ってしまいましたが、ここでホタルノヒカリ(5時閉店)に送り出されて、ホテルに到着です。見てビックリ。ウトロの高台に建つなんとも大きな立派なホテルです。この知床第一ホテルに3泊します。お出迎えのボーイさんに荷物を運んでもらい、チェックイン。なんと、最上階の広々とした立派なお部屋です。

2022073106.jpg



何と言っても窓が広いですね。

2022073107.jpg



畳の間までありますが、多分、それを使うことはないでしょう。

2022073108.jpg



結局、台風や雨の心配をしたのに、快晴となりました。夕陽台からの知床の夕陽を眺めるために出かけなくてはと思いましたが、その必要はなく、お部屋の大きな窓から、夕陽が眩しい! 眩し過ぎて、レースのカーテンも開けられないほどです。

2022073109.jpg



1時間ほどで日没になります。オホーツク海に沈む夕日を眺めましょう。今、6時40分。今や夕日が沈もうとしています。

2022073110.jpg



海面に光の道ができています。

2022073111.jpg



オホーツク海に太陽が沈んでいきます。絶景です。

2022073112.jpg



手前にはウトロの漁港の建物が黒々と見えています。

2022073113.jpg



太陽の頭が小さくなっていきます。

2022073114.jpg



残りは3分の1くらいでしょうか。

2022073115.jpg



ほとんど沈みかけています。

2022073116.jpg



太陽の頭のてっぺんだけが大きくなっています。

2022073117.jpg



残りわずかになります。

2022073118.jpg



光りの粒だけが見えています。

2022073119.jpg



日が沈み、空が黄金色に輝いています。

2022073120.jpg



すぐに空は輝きを失っていきます。落日の寂しさを感じます。

2022073121.jpg



2人で夢中になって、写真を撮りまくっていました。

さて、今日の観光を終え、お茶を飲みながら、夕食のお店を考えましょう。同じホテルに3泊なので、ホテルの夕食はなしにしてあります。地元の美味しいものを食べたいと思っていたのですが、ここは、高台に建つホテル。夕食のためにお店を探して歩いていくには、ちょっと足の状態が厳しいsaraiです。全く街の様子が分からないので、車で出かけるのも不安だし、帰りはタクシーにするかと思いながら、いろいろネットで調べて発見したのが、なんとホテルから歩いて3分の海鮮料理のお店、番屋。この辺りは、お昼がメインらしく夜は営業していないお店が多いのに、この番屋は10時までやっているようです。電話して確認すると、間違いなし。安心して、一服して、ブラブラ出かけます。地元の人の憩いの場のようです。お願いしたのは、地元ネタの握り寿司。これが大正解。

2022073122.jpg



さけ。かれい。さんま。ほたて。カニ。ミンククジラ。知床えび。うに。たらばの外子。いくら。
美味でした。ほかのメニューもチャックして、毎日通ってもよいねということになります。これで、夕食の心配はなくなりました。
気持ちよく夜道を歩いて帰り、温泉へ行きます。本日最後の驚きは、このホテルの大浴場!本当に、大大大浴場です。そんなに宿泊客もいないと思うのに・・・・。
体がほっくりしたところでおやすみなさい。

明日はこの旅のメインイベント、知床五湖巡りです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR