fc2ブログ
 
  

知床の旅:知床五湖巡り、まずは五湖に到着

2022年7月7日(木)@知床/2回目

知床、2日目です。この旅のメインイベント、知床五湖巡りをしているところです。手つかずの自然の中、知床五湖の内、まずは五湖を目指しています。
木漏れ日の美しい森の中を歩いていきます。

2022080301.jpg



木々をよく見ると、斜めに傾いた木や、ひどいものになると倒れた木まであります。

2022080302.jpg



今日はお天気も最高で、素晴らしいツアーです。ガイドさんからも、私たちは強運の持ち主で、雲一つない青空で、風もないこんな日は年に何日もないと言われます。
実はこの知床五湖のあたりは、もっと厳しい天候が多く、知床連山から吹き下ろす強風が森のなかを荒れ狂うんだそうです。しかも知床五湖は硫黄山の溶岩流でできた溶岩台地で、地表はその上に薄い土が堆積しているだけ。この森の木々はその薄い土の中に根を張っているだけで、強風ですぐになぎ倒されてしまうんだそうです。厳しい自然の中で息づく森なんですね。斜めに傾く木々を見ると、その説明もあながち誇張ではないことが分かります。

2022080303.jpg



根本から折れた木の根っこもありますが、その周りでは既に木の赤ちゃんが育っています。厳しい自然と対峙しながら、森はたくましく育っています。今日の好天で風ひとつない気候では想像もできません。

2022080304.jpg



木道が切れたあたりの地面にひぐまの足跡があることをガイドさんが指摘してくれます。つい最近の足跡だそうです。くわばらくわばら・・・。

2022080305.jpg



苔むした溶岩が地表に顔を出しています。こういう岩も途方もない年月のうちに土に覆われて、森になっていくんですね。

2022080306.jpg



森の中に続く木道の上を延々と歩いていきます。高低差があまりないので、足の悪いsaraiも比較的スムーズに気持ちよく、順調なペースで歩いて行けます。もっともガイドさんはゆっくり歩いているつもりかもしれませんが、saraiは限界に近いペースで頑張って歩いているんです。

2022080307.jpg



やがて、ガイドさんが一本の木の前に止まって、説明を始めます。右側の木の樹皮の上にヒグマの爪の痕が生々しく残っています。この木の上にヒグマが登ったようです。目的は木の葉っぱを食料として確保するためです。そういえば、軽井沢での野鳥ガイドツアーでも同じものを見ました。熊は木登りがお得意です。

2022080308.jpg



何だかんだ言っているうちに五湖の前に着きます。既に30分ほど歩きました。五湖の向こうには知床連山が青空を背景に美しく見えています。一番左の峰がこの知床五湖の生みの親、硫黄山です。

2022080309.jpg



右の方に目を転じると、知床連山の一番右の羅臼岳も見えています。

2022080310.jpg



五湖の看板がひっそりと立っています。

2022080311.jpg



湖面に知床連山の山影が映っています。風のないよい気象条件でないと、湖面に波が立ち、山影が映らないそうです。どうやら、最高のお天気のときに来てしまったようです。

2022080312.jpg



湖面をよく見ると、カモが泳いでいます。知床五湖で初めて見る生き物がカモだとは・・・。

2022080313.jpg



カルガモでしょうか。そう言えば、軽井沢の野鳥観察ツアーでもカルガモを見ました。

2022080314.jpg



水辺の草にヤゴの抜け殻があります。そう言えば、先ほどから小さなイトトンボが盛んに飛んでいます。

2022080315.jpg



ヤゴがいるのはこのあたりの水草です。イトトンボは・・・写っていませんね。

2022080316.jpg



もう一回チャレンジ。なんとか飛んでいるトンボが撮れました。

2022080317.jpg



さて、五湖を後にして、四湖に向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR