fc2ブログ
 
  

知床の旅:絵になる風景・・・天に続く道

2022年7月9日(土)@知床/2回目

知床、4日目です。知床の最終日。網走に向かって車で走りながら、来るときには見なかったものを見物していきます。まず、知床最大のオシンコシンの滝の絶景を堪能。
そこから、また、車でオホーツク海に沿って走り出します。

2022081701.jpg



やがて、オホーツク海から離れて内陸の道に入ります。

2022081702.jpg



次は、天に続く道を目指します。3日前に知床に向かっているときも、一生懸命探したのですが、ここだ!とは思ったのですが、道路から分岐して入っていく形だったようで行きそびれてしまいました。しかも、案内板は全く出ていませんでした。2度目はもう大丈夫です。しっかり場所を把握しています。しっかり地図で確認しながら進みます。今や人気の撮影スポットですから、絶対に案内があるはずなんですけどね。注意しながら進んでいくと、ありました。でも、控えめな案内板です。

2022081703.jpg



控えめながら、入口が明確にわかるのでありがたいです。迷わずに、目的地に向かいます。すぐに2度目の案内板があります。安心ですね。

2022081704.jpg



目的地は観光客がいるので、すぐにわかります。が、10組くらいかしらね。ここが天に続く道の展望台のようです。駐車場に車を停めて、周りを見渡します。畑が広がっています。

2022081705.jpg



高原の雰囲気の景色が広がっている長閑な風景です。

2022081706.jpg



そして、これが天に続く道です。まっすぐな道が下っていって、その後、平坦な道がどこまでもまっすぐに続いています。道の両脇は木々に覆われていて、道の存在が強調されています。

2022081707.jpg



実はここには写真を撮るスポットの木製のデッキがあります。みなさん、順番にお行儀よく写真撮影しています。saraiたちもその順番に加わりましょう。

2022081708.jpg



saraiたちの順になります。ここからがベストショットです。天に続く道はここからスタートして、まっすぐ直線の道が28.1kmも続くようです。

2022081709.jpg



道を車が通らないほうが綺麗だと思っていたら、車が走っているほうがいいのだという意見の方がいます。それではと、車が上ってくるショットも撮ってみます。

2022081710.jpg



この辺りは、のんびりしていて、いいですね。みんな仲間意識が芽生え、写真を撮りあいながら、和やかな雰囲気です。写真を撮るデッキをほかのかたたちに譲って、横に出ます。確かに、天に通じているかのように真っすぐに道が伸びています。高原の中の道です。

2022081711.jpg



ほかの人のカメラのシャッターを押すことを頼まれて、次々と奉仕活動。いい加減のところで切り上げて、車に戻ります。と、ちょっと会話していた方がsaraiの同郷(南九州)の方と分かり、会話が弾みます。キャンピングカーで北海道まで走ってきたそうです。それはご苦労様。
さあ、車で天に続く道、28.1kmを走りましょう。スタートします。

2022081712.jpg



木々に囲まれた道に入ります。素晴らしい景色が続きます。

2022081713.jpg



どんどん下っていくと先に続く道が見えづらくなってきます。やはり、坂の上からはずっと先まで一直線の道が見渡せたんですね。誰かがそのことに気づいて、観光名所になったんでしょう。

2022081714.jpg



周囲に木々がなくなります。と、右手の視界が開けます。オホーツク海の青い海もなかなか素晴らしい。すべてが合わさって、平和なのどかな景色を作り上げています。

2022081715.jpg



また、先に続く道が見えてきます。場所によって、風景が変わります。

2022081716.jpg



右側からの道の合流点に差し掛かります。3日前に逆方向から来たときにはそちらの道に入りました。知床方面はそちらが主要道路なんです。ですから、その時には天に続く道に行けなかったんです。

2022081717.jpg



合流点を過ぎると平坦な道が続き、先を見通すことができません。

2022081718.jpg



北海道らしい雄大な風景の中を一路、網走に向かって、制限速度を守って、安全運転を心掛けて、走ります。

2022081719.jpg



このあたりはウトロの隣町、斜里町です。来るときには見つけ損なって、休憩できなかった斜里の道の駅に寄っていきましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR