fc2ブログ
 
  

クァルテット・インテグラにはバルトークが似合う、そして、ウェーベルンも凄い!@鶴見サルビアホール3F音楽ホール 2022.9.30

ミュンヘンのコンクールで2位入賞を果たしたクァルテット・インテグラ。その成長ぶりが体感できたコンサートでした。

何と言っても、後半のバルトーク、熱い演奏でした。やはり、クァルテット・インテグラの若々しい演奏でのバルトークは凄まじいエネルギーを感じました。そして、メストの悲哀のこもった演奏もその真摯さが伝わる演奏でした。メストに始まり、第1楽章から第3楽章までのエネルギーの爆発の末、第4楽章はメストの悲哀と熱い情熱の昂ぶりに満ちた感動の演奏でした。

前半のハイドンの弦楽四重奏曲 第36番 Op.50-1も実に楽趣に満ちた演奏で、彼らが心から音楽を愛し、楽しんでいる様に魅了されました。素晴らしいハイドンでした。
続くウェーベルンの2曲は後期ロマン派の濃密な抒情から、ウェーベルンの究極とも思える切り詰め、凝縮した音楽まで、素晴らしく描き分けた演奏でした。アンコールでいみじくも今日はウェーベルン祭りと宣言した通り、再び、ウェーベルンのまだ切り詰めていない濃厚な中に無調の響きが炸裂する音楽をいかにも若武者らしく奏で切って、聴くsaraiも年甲斐もなく、興奮してしまいました。まるでバルトークの音楽の出現を予告するような凄まじい音楽を聴いて、まぶしい思いに駆られました。

いやはや、今日はプログラムの構成も素晴らしく、演奏も若さとエネルギーの燃えたぎるもので、何も言うことがありません。若者よ! 荒野を目指せ!


今日のプログラムは以下です。

  弦楽四重奏:クァルテット・インテグラ
   三澤響果 vn  菊野凜太郎 vn 
   山本一輝 va  築地杏里 vc

  ハイドン:弦楽四重奏曲 第36番 Op.50-1
  ウェーベルン:弦楽四重奏のための緩徐楽章
  ウェーベルン:弦楽四重奏のための6つのバガテル Op.9

   《休憩》

  バルトーク:弦楽四重奏曲第6番 Sz.114

   《アンコール》
   ウェーベルン:弦楽四重奏のための5つの楽章 Op.5 から 第1楽章 激しい動きで(Heftig bewegt)


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のハイドンの弦楽四重奏曲は曲目変更になったので、予習していません。

2~3曲目のウェーベルンは以下のCDを聴きました。

 ラサール弦楽四重奏団 1968年、1970年 ミュンヘン セッション録音

ラサール弦楽四重奏団の新ウィーン楽派の弦楽四重奏曲集は永遠の金字塔です。


4曲目のバルトークの弦楽四重奏曲第6番は以下のCDを聴きました。

 タカーチ弦楽四重奏団 1996年8月25-30日、9月9-13日 ノイマルクト、ライトシュターデル セッション録音
 
素晴らしいバルトーク。名演です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       クァルテット・インテグラ,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR