fc2ブログ
 
  

修学院離宮:上離宮の隣雲亭から浴龍池を巡る苑路へ

2022年11月10日(木)@京都/6回目

京都、3日目です。
修学院離宮の秋色に彩られたお庭を巡っています。
ここまでのお庭の拝観ルートを地図で確認しておきましょう。
御幸門から下離宮、中離宮と巡り、今は上離宮の美しい浴龍池の絶景に魅了されているところです。

2023010501.jpg



浴龍池の景観に見入っていると、龍ならぬ鴨がゆうゆうと泳いでいます。

2023010502.jpg



風もなく好天に恵まれ、木々が池に映り込む景色が素晴らしいです。それに何と言っても真っ赤に色づいたモミジが秋を彩っています。

2023010503.jpg



足元を見ると、隣雲亭の深い軒下のたたきには、漆喰に小石が一つ、二つ、三つと埋め込まれており、これは俗に「一二三石(ひふみいし)」と呼ばれているそうです。案内人の説明がなければ、見落としますね。小石の色合いも微妙に変えられています。

2023010504.jpg



隣雲亭の中を覗きます。実に簡素な造りで一切の装飾を排しています。こんな絶景の中にあるのですから、人の作り込む装飾の意味はないという潔さです。板の間に続いて、六畳の一の間があります。

2023010505.jpg



別の角度から眺めますが、棚のひとつさえ、ありません。心はすべて外の風景に向かっています。

2023010506.jpg



案内人の説明の間中、下に広がる絶景を眺めていました。その説明も終わり、この隣雲亭を離れて、丘の下のほうに向かいます。

2023010507.jpg



やがて、谷川のせせらぎの前に出ます。この谷川の水を堰き止めて、浴龍池を造ったようです。

2023010508.jpg



谷川の水は浴龍池に流れ込んでいきます。

2023010509.jpg



案内人に連れられて、一行は浴龍池のほうに向かいます。

2023010510.jpg



道の先は浴龍池のほとりに出るようです。

2023010511.jpg



浴龍池の前に出ました。間近に見る池の水面はまったく波もなく、周りの木々だけでなく、鏡のように空の雲を映しこんでいます。まるでウユニ塩湖のようですね。

2023010512.jpg



行く手を眺めると、2つの中島を繋ぐ屋根付きの橋が見えています。千歳橋です。

2023010513.jpg



池を巡る苑路を歩いていきます。近くから見る浴龍池もとても美しく、気持ちのよい散策が続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR