fc2ブログ
 
  

苔寺(西芳寺):池の島々が構成する美しさはまさに天国的

2022年11月11日(金)@京都/9回目

京都、4日目です。
今回のテーマは予約必須の特別拝観の名所訪問です。今日は西芳寺、通称、苔寺を尋ねています。
黄金池(おうごんち)と名付けられた池の周りの美しい眺めにうっとりとしながら散策しているところです。
配偶者から、いい加減、苔も見飽きたと言われていますが、庭園散策はほぼ半周したところ。まだまだ、続きますから、この天国的な眺めの散策にしばし、お付き合いくださいね。
庭園の東端の真ん中あたりから、池と島々の美しい眺めに魅了されています。池の水面に映り込む風景と紅葉したモミジが何とも素晴らしいです。

2023020601.jpg



池の周りの苔の緑が秋の日を浴びて、美しい風景になっています。

2023020602.jpg



苔の緑から池の中の夕日ヶ島へ苔むした石橋で渡れるようになっています。しかし、残念ながら立ち入り禁止です。苔を踏んで痛めてしまいますからね。

2023020603.jpg



夕日ヶ島を過ぎると、また、池の水面が広がっています。

2023020604.jpg



再び、池の水面に映り込む風景に魅了されます。ここでは、秋の日が木々を通して、縞模様になって、水面を照らしています。2重の光の饗宴になっています。

2023020605.jpg



夕日ヶ島は強い日差しを受けて、苔の緑が白く光っています。木々の間から奥にある鎮守堂が垣間見えています。

2023020606.jpg



先ほど通り過ぎた夕日ヶ島に架かる石橋が美しい風景の中心になっています。風景の主役は白く輝く苔です。池の水面以外はすべて苔で覆い尽くされています。そして、池の水面も苔の緑を反映して、淡い緑色で光っています。

2023020607.jpg



石橋をズームアップしてみます。あれっ、石橋ではなく、木橋のようですね。苔むしているので、分かりませんでした。

2023020608.jpg



その向こうにある朝日ヶ島に架かる橋もズームアップしてみます。これも木橋ですね。すると、池の中の島に架かる橋はみな木橋のようです。

2023020609.jpg



再び、木橋を中心にした美しい風景をじっと眺めます。池泉回遊式庭園の傑作ですね。

2023020610.jpg



ただでさえ、苔で美しい庭園は秋の季節になり、紅葉が彩を添えて、最高の眺めになっています。

2023020611.jpg



お寺のパンフレットによると、晩年のスティーブ・ジョブズがこの西芳寺をたびたび訪れていたようです。むべなるかなです。洋の東西を問わず、この庭園の美しさには誰しも魅了されるでしょう。
もう、庭園の北東の端までやってきました。ほぼ、4分の3周近く歩いてきました。残りの風景も心残りのないように味わいましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR