fc2ブログ
 
  

マイセン:マイセン陶磁器工房で美味しいランチとアウトレット品購入

2008年5月5日月曜日@ドレスデン~マイセン/6回目

今年の旅はドレスデンDresdenとライプツィヒLeipzigとプラハPrahaが目的地。
今日はドレスデンの4日目です。

今日はモーリッツブルグ城Schloss Moritzburgというドレスデン郊外の狩猟の館を訪れた後、急遽、マイセンMeißenまで足を延ばしました。

マイセンの丘の上にあるアルブレヒト城Albrechtsburg Meissenの見学を終えたところです。

次はいよいよマイセンに来た最大の目的、マイセンの陶磁器です。また、ここから歩くのも疲れるので、街を走るミニバスに乗ります。ここの丘の上から、先ほどの街の中心を経由して、マイセン陶磁器工房まで直接行けます。このミニバスはまさに観光用で街の狭い道をぐるぐる回り、街じゅうを走ります。南仏に行ったときによく乗ったプチトランを思い出します。ということでまっすぐ走るときの倍ほどの時間をかけて、陶磁器工房に到着。残念ながら、このミニバスは1デイチケットは使えません。3人で9ユーロです。

2023061201.jpg



陶磁器工房には工場に隣接して、陶磁器博物館のビルが建っています。壁面にマイセンのマークが並んでいます。

2023061202.jpg



入口ではマイセン陶器で作られたお馬さんがお出迎え。

2023061203.jpg



なんだかんだするうちにお昼も過ぎたので、まずはこのビルの上(多分4階)にあるレストランでランチを食べましょう。当然、ここではすべて、マイセンの食器が使われています。

2023061204.jpg



紅茶とスープをいただきます。食器だけでも豪華でしょう。これは一押しですね。

2023061205.jpg



これはダンプリンクのスープ。

2023061206.jpg



マイセン陶磁器のランチのメインは海老とヌードル。

2023061207.jpg



お腹も落ち着いたところで、いよいよショッピングモード。もちろん、ここの1階には、マイセン陶磁器の直売店があります。

2023061208.jpg



狙いはアウトレット品。それなりの割引価格になっていますが、元値が元値だけに庶民に手の届くものに絞って、物色。気に入ったものがあったので、これは2つありますかって、ショップのお姉さんに訊くと、ちょっと調べるから待ってねとのこと。しばらくたつと、そのお姉さんが「あるから、ちょっと待ってね」というので、ぶらぶらしていると、多分、隣の工場からと思いますが、工場の従業員らしいおばさんが持ってきてくれます。アウトレットはちょっとした傷物が多いのですが、これは工場で作りたての普通の新品じゃんと内心思います。それが割引価格なので、結構!結構!

購入したマイセン陶磁器はこの15年、我が家の普段使いの食器として活躍しています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR