fc2ブログ
 
  

初めてのプラハ:ヴァーツラフ広場を散策

2008年5月6日火曜日@プラハ/3回目

今年の旅はドレスデンDresdenとライプツィヒLeipzigとプラハPrahaが目的地。
今日はプラハの1日目です。

ドレスデンから鉄道でプラハのホレショヴィッチェ駅Praha-Holešoviceに着き、駅近くのホテルにチェックインしたところです。
ホテル(Absolut Design Hotel)の部屋を一通り、チェックします。まあ綺麗な部屋ですが、デザインホテルってほどではないなという印象です。

2023062001.jpg



でも、ネットでの予約時に指定しておいた通り、バスタブ付きの部屋で安心。ドレスデンのホテルでも、事前に指定しておけばよかったと後悔します。
まだ、12時前。早速、ホテルから出発。すぐ前の大通りを渡ったところが地下鉄のホレショヴィッチェ駅です。トラムやバスの停留所もありますが、まずは地下鉄に乗って、街の中心のヴァーツラフ広場Václavské náměstíを目指します。そのためにはチケットが必要と自動販売機に向かいますが、操作がよく分からん! あたりを見て回ると、販売窓口があるので、そこで1デイチケットを購入。

2023062002.jpg



地下鉄のホームに降りていくと、なかなか立派なホームでびっくり。

2023062003.jpg



ほどなくやってきた地下鉄の電車も立派です。感心しながら、10分ほど乗って、プラハ本駅PRAHA hl.n.の次の国立博物館Národní muzeumの下車駅のムゼウム駅Muzeumで降ります。地上に上がると、見慣れた?ヴァーツラフ広場の景色が目に飛び込んできます。初めてのプラハですが、ずい分、テレビでも紹介されることが多いので、何だか、初めてって気がしません。昔、ソ連軍の戦車にチェコの自由化の運動が封じ込められたことでも印象の強いヴァーツラフ広場(通り)を歩きます。いかにも慣れた?様子でずんずん歩いていくと、俄かに雲模様が怪しくなってきます。同時に同行者が周りのお店の何かが目にはいったらしく、ここでいったんショッピングへ。何とここで同行者はドイツでも買わなかったヘンケルの刃物をゲット。
再度、歩き始めますが、ますます、雨が強くなり、お茶にすることにします。テレビ番組で草野満代さんがお茶していたホテル・エウロパHotel Evropaのカフェに向かいます。ホテル・エウロパが見つかり、そこのカフェに入ります。ここはアールヌーヴォ建築で有名なので、もちろん、室内に席を確保。シャンデリアが輝いていますね。

2023062004.jpg



まずは紅茶をいただきます。意外なことにオーストリアの老舗高級スーパーJulius Meinlユリウス・マインルのティーカップです。紅茶もきっとユリウス・マインルなんでしょう。ウィーンと同じとは・・・

2023062005.jpg



ちょっと、お腹も空いたので、飲み物だけでなく、オムレツなどの軽食もいただくことにします。まず、調味料セットが置かれます。

2023062006.jpg



次いで、オムレツやハムエッグですが、これがシンプルながら、なかなか美味しいんです。

2023062007.jpg



カフェの室内はほの暗く、20世紀初頭のお洒落な雰囲気です。

2023062008.jpg



外はヴァーツラフ広場沿いのオープンテラス席になっています。ホテル・エウロパの名前のパラソルが並んでいます。

2023062009.jpg



会計でちょっと大目のチップをはずんで、ウェートレスのお姉さんに喜ばれます。実はプラハに着いてすぐなので、コインが不足していて、貴重なコインを温存して、札でチップをはずんだだけなんです。それにプラハの物価は円に換算するとすごく安いので、札と言ってもたいした額ではありません。冷たい接客態度だったウェートレスのお姉さんのいかにも狂喜乱舞する様には複雑な思いにかられます。

外に出ると、もう雨は上がっています。このあとも急に降ったり、晴れたりと、何だか難しいお天気です。そういえば、ドレスデンでも、午前中は晴れ渡っていても、決まって、夕方には雨が降っていたような気がします。まるで熱帯の気候みたいですね。

次はここからそう遠くないところにある筈のミュシャ(ムハ)美術館Mucha Museumに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR