fc2ブログ
 
  

秋の京都2023:テーマのあるようで、テーマのない旅

今日から秋の京都を訪れます。もう京都訪問はsarai夫婦の毎年の行事になっています。やはり、春と秋はよい季節ですね。

朝、新横浜から新幹線に乗ると、富士を通過するあたりで美しい富士山が見える筈ですが、今日は曇天。もっともsaraiは深い眠りに落ちていました。もうすぐ、名古屋というあたりで配偶者に起こされて、新横浜で買い求めた汽車弁を食べます。京都にはお昼頃に着くので、先にお昼ご飯を済ませておきます。

そうこうするうちに京都に到着。タクシーで今日のお宿に直行するところですが、京都のタクシー不足を聞いていたので、市バスに乗ります。今日は1日乗車券を運転手さんから買いますが、今月からバスだけの1日乗車券は廃止になり、バスと地下鉄共通の1日乗車券になり、1100円と高額になります。まあ、京都市への寄付と思いましょう。バスはすいすいと走り、さほど時間もかからずにホテル近くのバス停に到着。早速、チェックインして、部屋でインスタントコーヒーを飲み、一休みして、出かけます。

二条城近くまで歩き、その横にある神泉苑を拝見。

2023100401.jpg



神泉苑は延暦13年(794年)、桓武天皇により禁苑として造営され、平安京(大内裏)の南東隣りに位置した苑池でした。今ではその面影はあまり残っていませんが、綺麗な池に往時を偲びます。

ここから、地下鉄の東山線に乗り、東山駅まで一気に移動。今日の街歩きの目的である、京都の古い商店街を訪ねます。
今まで、賀茂川デルタにある出町桝形商店街、堀川から千本まで続く京都三条会商店街に行きましたが、今日は総仕上げで古川町商店街です。東山から祇園まで続く商店街です。
古川町商店街の入り口に立ち、びっくり。路地のような細い道の両側に商店が並んでいます。

2023100402.jpg



実はこの商店街の入り口は岡崎から三条京阪まで歩く度にいつも見かけて気になっていました。実際に商店街に足を踏み入れるのは初めてです。「レトロ&モダン」がコンセプトでアーケードから吊り下げられた「パステルランタン」が特徴で昭和の雰囲気漂うレトロな商店街です。民泊や総菜屋さん、カフェ、雑貨店など、雑多なお店が並び、ぶらぶらと楽しく散策しました。

商店街を抜けると、枝垂柳の並木が並ぶ白川沿いの道に出ます。

2023100403.jpg



外国人もこのあたりに宿泊しているようで、たむろしています。
ここから東山に向かうと知恩院、青蓮院。街に向かうと祇園を抜けて、賀茂川べりに出ます。街に向かいましょう。
祇園の中の高級なお店が並ぶ中、京都餃子のお店で一口餃子をテイクアウトします。さらに外国人で賑わう祇園をぶらぶらし、疲れたところで、京都の老舗のカフェで一休み。木屋町四条のソワレです。内装は70年以上も前の創業時と変わらないそうで、壁には東郷青児の絵が並んでいます。奥のひっそりした空間で名物のゼリーポンチをいただきながら、昭和の香りを満喫します。

2023100404.jpg



元気の出たところで、夕食用のおばんざいを買いそろえて、ホテルに戻ります。

あー、疲れた!! 今日は1万7千歩ほど歩きました。最後は足がふらふら。

明日は奈良に向かい、法隆寺界隈を歩きます。そして、明後日がこの旅の本当の目的・・・それはそのときに明かします。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR