fc2ブログ
 
  

日本でこれほど素晴らしいバロック・オペラが聴けるとは ヘンデル 歌劇 《ジュリオ・チェーザレ》 鈴木優人指揮バッハ・コレギウム・ジャパン@東京オペラシティコンサートホール 2023.10.11

昨年の新国オペラの開幕公演でこのヘンデルの歌劇《ジュリオ・チェーザレ》の素晴らしい公演を聴いたことが記憶に新しいですが、今日はセミ・ステージ形式とは言え、すべてにおいて、素晴らしい公演で最高の満足感に浸ることができました。

《ジュリオ・チェーザレ》はストーリー展開よりも、ダ・カーポ・アリアの連続が主たるものですが、そのダ・カーポ・アリアを歌う主要キャスト8人が皆素晴らしく、とても聴き応えがあるなんてものではありませんでした。とりわけ、出番の多いタイトルロールのチェーザレ役のティム・ミードとヒロインのクレオパトラ役の森 麻季の歌唱が見事で、アジリタも気持ちよく聴けました。これでこそ、ヘンデルのオペラです。コーネリア役のマリアンネ・ベアーテ・キーラントは大人の魅力たっぷりで、憂いを帯びた歌唱には魅了されました。最後に明るい歌唱を聴かせてくれましたが、これは逆に違和感を感じてしまいました。そういう持ち味の歌手ですね。ともかく存在感を放っていました。そのコーネリアの息子セスト役は松井亜希ですが、そのズボン姿でいつもの松井亜希とは全く違って見えますし、彼女の新境地を聴いた思いです。その透明感のある高域の美しい声で歌われるセストは実にフレッシュ。ある意味、今日、一番、輝きを放っていました。彼女はソプラノですが、意外にフィガロのケルビーノを歌っても素晴らしいのではと予感しました。トロメーオ役のアレクサンダー・チャンスは初めて聴きますが、なかなかよいカウンターテナーです。その名前から連想しましたが、やはり、カウンターテナーの有名歌手マイケル・チャンスのご子息です。親子2代のカウンターテナーですね。カウンターテナーも今後、続々と親子2代の歌手が出てくるのでしょう。カウンターテナーと言えば、ニレーノ役の藤木大地。歌唱もさることながら、おどけた演技で客席を沸かせました。彼のこんな一面、初めて見ましたし、そもそもその扮装で藤木大地とはとても思えませんでした。数少ない男声歌手ですが、アキッラ役の大西宇宙は見事な歌唱と見事な体躯で素晴らしい仕事をしました。このところ、彼は大活躍ですね。

今回の演出は佐藤美晴が、ステージ上のBCJのオーケストラを四方の通路で囲み、そこを歌手たちが巡るという形式での演技です。衣装は凝ったものを着ていたので、通常のオペラを見る感覚でした。バロックオペラはこれで十分ですね。こんな感じでバロックオペラの上演の頻度を高めていってほしいと思います。

最後に、このヘンデルの歌劇《ジュリオ・チェーザレ》の素晴らしい公演が聴けたのは、BCJの素晴らしい演奏があったればこそです。鈴木優人の指揮とチェンバロも素晴らしく、BCJの若松夏美率いる弦楽アンサンブル、そして、フラウト・トラヴェルソの菅きよみやオーボエの三宮正満などの木管、ホルンの福川伸陽、そして、何と言っても素晴らしい通奏低音群。これらのオーケストラ陣がしっかりしていなければ、ヘンデルの美しい音楽を楽しむことができません。バッハ・コレギウム・ジャパン改め、ヘンデル・コレギウム・ジャパンを名乗ってもいいのではないかと思いながら聴いていました。

ヘンデルのオペラの連続公演を鈴木優人とBCJが企画してくれることを切に願うものです。


今日のプログラムは以下です。

 鈴木優人プロデュース/BCJオペラシリーズ Vol.3
 
  ヘンデル 歌劇 《ジュリオ・チェーザレ》 全3幕 セミ・ステージ形式

  指揮・チェンバロ:鈴木優人
  チェーザレ:ティム・ミード(カウンターテナー)
  クレオパトラ:森 麻季(ソプラノ)
  コーネリア:マリアンネ・ベアーテ・キーラント(アルト)
  クーリオ:加藤宏隆(バス・バリトン)
  セスト:松井亜希(ソプラノ)
  トロメーオ:アレクサンダー・チャンス(カウンターテナー)
  アキッラ:大西宇宙(バリトン)
  ニレーノ:藤木大地(カウンターテナー)

  佐藤美晴(演出)

  管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン コンサートマスター:若松夏美
   フラウト・トラヴェルソ:菅きよみ
   リコーダー:太田光子、浅井愛
   オーボエ:三宮正満、小花恭花
   ホルン:福川伸陽、根本めぐみ、大野雄太、藤田麻理絵
   ヴァイオリンⅠ:若松夏美、荒木優子、廣海史帆
   ヴァイオリンⅡ:高田あずみ、堀内由紀、山内彩香
   ヴィオラ:成田寛、秋葉美佳
   チェロ:山本徹、上村文乃
   コントラバス:今野京
   ファゴット:河府有紀
   ヴィオラ・ダ・ガンバ:福澤宏 
   テオルボ・ギター:佐藤亜紀子
   リュート:野入志津子
   ハープ:伊藤美恵
   チェンバロ:重岡麻衣、根本卓也
   
予習は時間がなくて、できませんでした。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       バッハ・コレギウム・ジャパン,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR