fc2ブログ
 
  

熱狂と壮大な自然を表現 クラウス・マケラ&オスロ・フィル@東京藝術劇場コンサートホール 2023.10.18

クラウス・マケラがお国もののシベリウスを手兵オスロ・フィルとともに演奏します。しかし、待てよ。オスロって、ノルウェーだよね。シベリウスはフィンランド。何故、フィンランドのオーケストラじゃなくて、ノルウェーのオーケストラなんだろう。マケラがヘルシンキ・フィルなどの首席指揮者にならないのが不思議です。最高のシベリウスになる筈でしょう。

これまで、マケラは都響とパリ管を指揮するのを聴き、その天才ぶりを存分に感じました。今回も彼は天才の片鱗を見せましたし、オスロ・フィルも健闘して、素晴らしいシベリウスを聴かせてくれましたが、正直なところ、都響やパリ管ほどの能力をオスロ・フィルは何分にも持ち合わせていないようで、静謐なところでの繊細なアンサンブルやトゥッティでの美しい音響は今一つ。それでも、前半の交響曲第2番の第4楽章では、マケラの煽るような物凄い指揮で勢いあふれる熱狂を高弦が聴かせてくれました。響きの美しさよりも音楽の持つ力で素晴らしい演奏でした。後半の交響曲第5番は幾分、アンサンブル力も向上して、春の息吹を感じさせる壮大な自然を美しく聴かせてくれました。マケラはどのオーケストラでもその持てる能力を最大限引き出す力を示してくれます。無論、能力の高いオーケストラならば、彼の天才が遺憾なく発揮できます。映像だけですが、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮したシベリウスの交響曲第4番は圧倒的な演奏でした。

いずれにせよ、クラウス・マケラの凄い指揮能力は疑いなく、それなりに満足できたコンサートでした。次は是非、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団とともに来日してほしいものです。ウィーン・フィル、ベルリン・フィルよりも聴きたい・・・といいつつ、次は来月のウィーン・フィル、ベルリン・フィルのコンサートを期待しているsaraiです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       マケラ,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR