fc2ブログ
 
  

原田慶太楼がシベリウスの真髄を突く名演、東響の超絶的なアンサンブルも光る@サントリーホール 2024.3.30

いやあ、音楽は「音を楽しむ」と言葉の通りのような後半のラフマニノフのピアノ協奏曲 第2番に痺れました。
冒頭からピアノとオーケストラが微妙にずれて、ハラハラドキドキ。お陰で終始、集中して音楽に聴き入りました。
初めて聴くピアノのオルガ・カーンは自分の感性に従って自由奔放に弾きまくります。その演奏自体はテクニック、ラフマニノフの音楽表現、いずれも素晴らしく、明快なピアノの響きでクリアーな音楽を聴かせてくれます。第2楽章の美しく抒情的な表現にはうっとりさせられます。ご本人が音楽を楽しんでいることが聴衆にも伝わって、コンサートホール全体の高揚が感じられます。そして、第3楽章はラフマニノフの美しい音楽、壮大な音楽が盛り上がり、最後は豪快とも言える圧巻のフィナーレ。それはもう、やんやの声援と拍手。saraiもいつものこむずかしい音楽鑑賞は忘れ去って、大満足の大拍手。横の配偶者に「アメリカ人やなあ!(何故か関西風)」。よきアメリカの音楽文化を体現する見事なオルガ・カーンの演奏を楽しみました。さすれば、アンコールはラフマニノフのプレリュードでしょう。しかし、予想を覆して、大きな声で明快に「セルゲイ・プロコフィエフ エチュード No.4 Cマイナー」。どうやら、ハ短調つながりでの演奏のようです。これが凄い演奏。これぞプロコフィエフ! これでアンコールが終わったと思ったら、彼女はもう1曲アンコールを原田慶太楼におねだりの様子。で、白熱のラフマニノフのピアノ協奏曲 第2番の第3楽章の終盤部分を再び、演奏。ピアノもオーケストラも一体となって、怒涛の演奏。ホール全体が盛り上がったことは言うまでもありません。
音楽は演奏の良し悪しもさることながら、やはり、演奏者、聴衆が歓びを共有して、素直に感動することが一番だと言うことを思い知らされました。音楽の原点です。

音楽そのもので言えば、前半のシベリウスが凄かったんです。原田慶太楼って、こんな凄い指揮者になったんですね。フィンランド出身の名指揮者たちをも凌ぐような素晴らしいシベリウスを聴かせてもらい、saraiは大感動でした。

前半の冒頭の藤倉大のWavering Worldはオーケストラの凄い音響が響き渡り、その美しさに感銘を受けました。とりわけ、弦楽パート、中でも対向配置された第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンの響きの美しいこと! しかしながら、音楽としての意味合いはもうひとつ理解できぬままであったのが正直なところです。

続くシベリウスの交響曲 第7番は、驚異的なレベルで音楽の熟成度、磨き抜かれたオーケストラの響きが渾然一体になって、心に迫ってきました。シベリウスの音楽の真髄を抉り出す会心の演奏でした。原田慶太楼が完璧に譜面を読み取って、その精神を理解し、その内容を入念なリハーサルでオーケストラに伝えきって、その上で体全体を使った見事な本番の指揮で東響を自在にコントロールして、この音楽が持つ室内オーケストラ的な本質を歌い上げたことがsaraiの素人の耳にもひしひしと響いてきました。ここまでの完成度の演奏は初めて聴きました。マケラにもサロネンにもカムにも優るとも劣らない最高のシベリウスでした。フレーズ、フレーズの持つ意味がこんなに解明された演奏は空前絶後でしょう。どうして、これまでの演奏が可能になったのか、指揮者に問いたいものです。他のシベリウス作品も完璧に演奏されるであろうことは予想されます。是非とも次の機会に聴かせてもらいたいものです。
あー、驚いた。そして、感動しました。


今日のプログラムは以下のとおりでした。

  指揮:原田慶太楼
  ピアノ:オルガ・カーン
  管弦楽:東京交響楽団 コンサートマスター:小林壱成
  

  藤倉大:Wavering World
  シベリウス:交響曲 第7番 ハ長調 op.105

  《休憩》
  
  ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 op.18
  
  《アンコール》
   プロコフィエフ :4つの練習曲 から 第4番 Op.2-4 ハ短調
   ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 op.18 から 第3楽章の終盤部分


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目の藤倉大のWavering WorldはYOUTUBEで予習しました。

 飯森範親指揮パシフィックフィルハーモニア東京  2023年8月30日 東京芸術劇場コンサートホール ライヴ録音
 
ネットの接続がよくなくて、ぶつぶつ切れたので、明確には聴き取れませんでしたが、素晴らしい音響の作品です。


2曲目のシベリウスの交響曲 第7番を予習したCDは以下です。

 パーヴォ・ベルグルンド指揮ヨーロッパ室内管弦楽団 1995年9月 セッション録音

ベルグルンド3回目の全集録音はヘルシンキ・フィルなどのお国のオーケストラを離れて、民族的なアプローチから純音楽的なアプローチに変えて、その成果が十分に出た素晴らしい演奏になりました。シベリウス演奏の在り方を問う画期的なアルバムです。saraiはお国もののほとんどを聴いた上で、この全集がシベリウスの決定盤だと確信しています。


3曲目のラフマニノフのピアノ協奏曲 第2番を予習したCDは以下です。

 上原彩子、原田慶太楼指揮日本フィルハーモニー交響楽団 2022年2月27日 東京 サントリーホール ライヴ録音
 
録音のバランスが少しオーケストラ寄りで当日の興奮が今一つ思い起こせませんが、まあまあ気持ちよく聴けます。
当日のコンサートのブログ記事は以下です。まったくもって素晴らしい上原彩子の渾身の演奏でした。

 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4283.html




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR