fc2ブログ
 
  

トレドはエル・グレコの街:サンタ・クルス美術館のエル・グレコ没後400年の特別展「トレドのギリシャ人」-その1

2014年5月29日木曜日@マドリッド~トレド/9回目

サンタ・クルス美術館のエル・グレコ没後400年の特別展「トレドのギリシャ人」を鑑賞します。展示作品数が73作品と膨大な数です。以前、東京・上野の東京都美術館でエル・グレコ大回顧展を見ましたが、そのときの作品数は51作品でした。それを上回る規模ですし、何と言ってもエル・グレコが活躍したトレドの地で開かれる特別展です。

展示作品の73作品は世界中から集められたものです。前回、多くはトレドにある作品と書いてしまいましたが、よく調べてみると、トレドにある作品は12作品のみで、マドリッドから17作品も出展されています。それらも含めて、スペイン国内の作品が40作品。残りの33作品がアメリカなどの外国からの出展です。特にアメリカからの15作品が目立ちます。

エル・グレコはギリシャ出身の画家で後半生はスペイン、それもほとんどトレドで画業を全うしました。略歴はプラド美術館訪問時にも書いたばかりなので、それを以下に再録します。

エル・グレコは1541年にクレタ島のカンディア(現イラクリオン)に生まれたギリシャ人です。本名はドメニコス・テオトコプーロスと言いましたが、スペインに渡ってからは、発音しづらい本名では呼ばれずに、ドメニコ・グリエゴ(ギリシャ人ドメニコ)とかエル・グリエゴ(ギリシャ人)と呼ばれていたようです。死後、エル・グレコと呼ばれるようになりました。《エル》Elはスペイン語の定冠詞、《グレコ》Grecoはギリシャ人を意味するイタリア語です。イタリア語が使われるのは、スペインに来る前にイタリアで絵の修業をしたからでしょうか。本人は自作にサインする場合は必ず、ギリシャ語で本名を書いていたそうです。

エル・グレコは画家を志して、1567年頃にヴェネツィアに行き、ティツィアーノの工房で修業。1570年にイタリアの芸術の中心地ローマに移動。20代後半からの約10年をイタリアで過ごしました。この後、1576年頃に画家としての成功を夢見て、フェリペ2世のもとでエル・エスコリアル造営が始まり、多くの美術家が集まっているスペインに向かいます。宮廷画家になる望みはフェリペ2世に気に入られなかったので実現しませんでしたが、スペインの宗教・学問の中心地であったトレドで画家として成功し、その生涯をトレドで過ごし、そこで1614年に没することになります。

順次、制作年順に作品を見ていきます。73作品中、32作品をご紹介します。

まず、エル・グレコがイタリア時代に描いた作品です。

これは《小型三連祭壇画》です。1567年頃の作でイタリア・モデナのエステ美術館所蔵です。エル・グレコ26歳頃の作品です。彼はこの頃、ヴェネツィアにいました。若き日のエル・グレコの作品で現存するものは少ないので、貴重な作品です。特別、エル・グレコらしさは見い出せませんが、ドラマティックな作風は未来を予感させるものではあります。

greco10.jpg


これは《燃え木で蝋燭を灯す少年》です。1570~75年頃の作でイタリア・ナポリのカポディモンテ美術館所蔵です。エル・グレコ29~34歳頃の作品です。彼はこの頃はローマに移り住みました。ヴェネツィア時代に修得した絵画技法を駆使して描いた作品です。光を意識した作風は後の傑作群につながるものです。

greco15.jpg


これは《盲人を癒すキリスト》です。1571~72年頃の作でイタリアのパルマ国立美術館所蔵です。エル・グレコ30~31歳頃の作品です。これもローマ滞在時に描かれた作品のようです。この頃、ストーリー性のある作品を描いていました。この絵では、盲人に手をかけて、視力を取り戻すキリストの奇跡が描かれています。視力を取り戻した盲人の一人は左に手を上げて、見えるようになった驚きを示しています。一方、右側にいる人々はキリストが安息日に治癒行為を行ったことを非難しています。エル・グレコはこの絵でキリストの霊的能力、そして、暗に教会の腐敗と堕落を描いたようです。しかし、こういう主題では、エル・グレコの芸術性は十分に発揮されていないように感じます。作品に力を感じません。

greco3.jpg


これは《悔悛するマグダラのマリア》です。1576年頃の作でブダペスト国立西洋美術館所蔵です。エル・グレコ35歳頃の作品です。これもよく取り上げられる題材ですが、まだ、この時期のエル・グレコには、後の時代の迫力が不足していると感じます。ただ、こういう作品作成を通じて、芸術性を鍛え上げていったんでしょう。

m_6pzicvJBjM.jpg


これは《受胎告知》です。1576年頃の作でマドリードのティッセン=ボルネミッサ美術館所蔵です。エル・グレコ35歳頃の作品です。これはスペインに移る直前にイタリアで描かれたものですが、よい雰囲気の作品です。ただ、まだ芸術的には、これからの感です。

m_VeCKx1tXOk.jpg


ここまで、イタリア時代の作品を見てきましたが、エル・グレコとしては、あくまでも後の芸術開花に向けた助走の段階だったと思います。この後、スペイン、トレドに移ってから、エル・グレコの才能がきらめいていくことになります。

これは《胸に手を置く騎士の肖像》です。1577~79年頃の作でプラド美術館所蔵です。エル・グレコ36~38歳頃の作品です。スペインに移って、初期の作品のひとつです。エル・グレコは肖像画家としても力を発揮していくようになります。胸に置いた右手の指の形はエル・グレコのトレードマークのようです。多くの作品でこの表現が見られます。また、人物の内面を表現することも見事です。騎士の優美で静謐な内面が表現されています。

m_LvsnMPEuls.jpg


これは《白貂の毛皮をまとう貴婦人》です。1577~90年頃の作でグラスゴー美術館(ポロック・ハウス)所蔵です。エル・グレコ36~49歳頃の作品です。とても美しい作品ですが、どう見てもエル・グレコ作には思えません。一説によると、モデルはエル・グレコの内縁の妻だということですが、そういうプライベートな作品なので、こういう写実的で美しい作品を描いたのでしょうか。saraiの勝手な思い込みでは、この作品はエル・グレコ作ではないことに1票です。

m_eertYIgse4.jpg


これは《聖ラウレンティウスの前に現れる聖母》です。1578~81年頃の作でモンフォルテ・デ・レモスのヌエストラ・セニューラ・デ・ラ・アンティグア財団所蔵です。エル・グレコ37~40歳頃の作品です。スペイン到着後の作品ですが、ローマ時代かと思うような表現で、今一つの作品です。聖ラウレンティウスはスペイン出身の殉教聖人で、ウァレリアヌス帝の命で火刑に処せられました。この作品では聖ラウレンティウスは雲上の聖母子に視線を送っています。彼の幻視体験を絵で表現したものになっています。

greco19.jpg


これは《聖パウロ》です。1585年頃の作でマドリッドの個人所蔵です。エル・グレコ44歳頃の作品です。聖人を描くのもエル・グレコのライフワークでした。この人間的に描かれた聖人像もエル・グレコの卓越した筆さばきに驚かされます。

greco1.jpg


これは《聖母の前に現れるキリスト》です。1585年頃の作でトレドのサン・ニコラス教区聖堂所蔵です。エル・グレコ44歳頃の作品です。綺麗には描かれていますが、後の時代の作品に比べて、内的なエネルギーに乏しいと感じます。ただ、あまりにマリアが美しいので、そこには強く惹かれます。この頃から、スペイン美人の美しいマリアが描かれるようになります。エル・グレコの魅力が輝き始めます。

m_WXLX7gfC7J.jpg


これから、徐々にエル・グレコの傑作が生まれ出し始めます。特別展の鑑賞はまだまだ続きます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

sarai さん、
ご無沙汰しています。Steppke です。

ブログの閉鎖と移転、えらい災難でしたね。
インポート用データも用意しないとは、ちょっと酷すぎます。

こんなことをやられると、その会社自体の信用が無くなります。
私も、ヴィーン以外では結構アップルワールドでホテルを予約していましたが、突然駄目にならないか不安で、これでは利用できません。

新天地でも毎日読ませて頂きますので、頑張って下さい。

ところで、来週、ちらっと行って来ることにしています。
今回はミュンヒェンとベルリンですが、目玉は Deutsche Oper Berlin で予定されている Garanča の Octavian です。
今年3回もキャンセルを喰らったのに、懲りずにまた行きます。いまのところ、まだ名前は残っていますが..

No title

Steppkeさん、saraiです。

陣中見舞い、ありがとうございます。懸命にブログを修復く中です。ようやく、11月分まで、修復しました。

ウィーンに寄らないとは、びっくりです。オペレッタもドイツのほうがいいのですか?ガランチャのオクタヴィアン、4月のウィーンにも行かれるんでしょう。ちゃんと出演することをお祈りしています。

No title

sarai さん、Steppke です。

かなり修復が進んでいるようですが、タイヘンですね。
先ずはコンサート等の記事からのようで、道のりはまだ長そうですね。コメントは修復できないのですか?

ところで、今、ベルリンに居ます。
Garanča、歌ってくれました。劇場に着いたら、配役交代の掲示が出ておりドキッとしましたが、Sophie でした。
相変わらず演技は最高で、細かい仕草など本当に面白い。ヴィーンの見慣れた舞台とは違うので、斬新です。昨年ドレスデンでも観ていますが、装置などは近い感じでした。(ご一緒した時は仮でしたが、本物の方です) ただ、第3幕はぶっ飛んでいて、さすが Götz Friedrich の演出です。
次は懐かしのヴィーンですが(チケット入手済!)、sarai さんは行かれないのですか? 来年のご予定は?

No title

Steppkeさん、saraiです。

修復はじっくり構えてやっていきますが、コンサート記事は今年の分を修復しないと、年末のBest10の記事が書けないので優先しました。コメントも手作業での復旧は可能ですが、いかがなものでしょう。Steppkeさんの重要なコメントもあるので、やったほうがいいのかな。

ベルリンからの投稿だったのですね。ありがとうございました。それにガランチャの出演、よかったですね。彼女のコケティッシュな演技、目に見えるようです。4月のウィーンのオクタヴィアンのチケットも購入済なんですね。私はその時期、ちょっと日本を離れられないので、パスです。予定も未定です。ザルツブルグ精霊降臨音楽祭にも食指は動くのですが・・・。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR