FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:リッツルベルガー・ケラーでザルツカンマーグート料理を満喫

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/15回目

クリムトもこのリッツルベルガー・ケラーLitzlberger Kellerで舟遊びに興じていたそうです。そのリッツルベルガー・ケラーの現在の船着き場を見学して満足し、リッツルベルガー・ケラーの建物の前に戻ります。


FEH923SYPPe320.jpg



リッツルベルガー・ケラーの前を通り過ぎて、アッター湖の湖畔を散策します。


A6m1FIH7XU8afb.jpg



近くに村落があり、数軒の店舗が並んでいます。これは魚屋さんですね。アッター湖の魚を取り扱っているのかな。お店の前にテーブルもあるので、レストランにもなっているのでしょう。


NwZe5Khc5vb1c2.jpg



こちらは正真正銘、魚料理レストランです。アッター湖の魚料理も魅力ですが、これからホテルのレストランで夕食なので残念ですがパス。


HKs0C4IAOEbb0c.jpg



散策もこの辺りで切り上げて、ホテルに戻ります。少し歩くとまた、ホテルが見えてきました。


ebjyjPCGQF4dd3.jpg



ホテル近くに戻ってきました。ザルツカンマーグートらしい綺麗な建物です。


JuKSNGtfSTc25c.jpg



ホテルのロビーの壁にクリムトの描いたこの宿(リッツルベルガー・ケラー)の絵の複製画がかかっていました。


AgQfmLF5fQ2526.jpg



クリムトは1900年から1916年にかけて定期的にアッター湖をエミリー・フレーゲとともに訪れて、数多くの風景画を描きました。1900年というと、マーラーがアッター湖を訪れていた4年後です。と言うことは、マーラーとクリムトがアッター湖畔でばったりという夢のような機会はなかったようですね。しかし、ほぼ同じ時期にウィーンを代表する大芸術家の2人がこのアッター湖を訪れていたのは偶然ではないでしょう。ザルツカンマーグートでも、あまり観光客の入り込まない閑静な地で落ち着いた芸術活動を展開したのでしょうし、鋭い感性の2人が選択した地はそれなりに芸術創造の糧になる何かがあったのでしょう。

宿のレストランで夕食をいただきましょう。


7ajrqB7PtRaa5c.jpg



まずはオーストリアのドナウ河畔、クレムス産の白ワインをいただきます。とても美味しいワインです。


7pCJqrzmZj35e9.jpg



素晴らしく眺めの良いテラスには、地元の人がたくさん食事を楽しみに来てます。


n830z8kuAp01ec.jpg



大人数で会食している人達もいます。アジア系の人と現地の方が会食しているようで、大声で英語で会話していました。


dJJlWlDDIf21d0.jpg



テラスの中央には緑豊かな大木があり、とてもよい雰囲気です。


EUGhrqRTHKf1e1.jpg



料理が運ばれてきました。
まずはトマトスープ。


NjhljEp5SO0d89.jpg



これはオーストリア名物のクリアスープ。


VHKRTDkDW7c7c1.jpg



次第に夜が更けて、お客さんが減っていきます。温度も下がり、寒くなっていきます。毛布を借りて暖をとります。


DkL_8zGWIica4c.jpg



メインはアッター湖のお魚のグリルです。ようやく食べることができます。美味しくないはずがありません。


iNjauM8jsoa7d7.jpg



もう一品は、saraiの大好きなシュパーゲル。シュパーゲルをメニューに発見し、即シュパーゲルをお願いしたのです。これまた美味しい。


__iA7HbMIUeace.jpg



ますます冷え込んできて室内に移動するお客もいますが、私達は毛布で体を暖めながらテラスで頑張ります。ご馳走様・・・。


tL1RIOALM28404.jpg



夕食後、saraiは宿の窓から見える真っ暗なアッター湖をじっと眺めながら、敬愛する2人の芸術家に思いを馳せていました。


X3w96f47R13c9c.jpg



無理してもアッター湖を訪れてよかったと心底思いました。生涯、このアッター湖の夜景を忘れることはないでしょう。


cJCJuCKXqy7bb7.jpg



明日はまたウィーンに戻って、ウィーン・フィルのコンサートです。この旅も大詰めになりました。



次回を読む:21日目:美しきアッターガウ鉄道~ウィーン (7)

前回を読む:20日目-2:マーラー@アッター湖 (4)




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR