FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:アッターガウ鉄道を満喫し、フェックラマルクトで乗り換えて、アットナンク-プフハイムへ

2013年4月24日水曜日@アッター湖~ウィーン/6回目

アッターガウ鉄道Attergau Bahnの旅は続きます。どこまでも美しい緑の野原が広がります。本当に気持ちの良い景色です。


804YiJ1LmC7ab8.jpg



時折、野原のなかにポツンと建物があらわれるだけです。大いなる自然の中に人々の生活が溶け込んでいます。


e2rkUGE5TE7f6a.jpg



最後の停車駅ハイトHaidです。もちろん無人駅で、駅に接して家が一軒建っています。この家の専用駅みたいですね。終点フェックラマルクトVöcklamarktまでは3分ほどです。


XZ8cRbkvHq1ee7.jpg



終点のフェックラマルクトに到着。のんびりした鉄道の旅でした。1時間に1本しか走らない不便な路線ですが、saraiの一押しの鉄道です。周囲の景色が夢のように美しい素晴らしい鉄道です。
これはフェックラマルクトに到着したアッターガウ鉄道の1両電車です。


SCaIUPckhKcc1f.jpg



ホームから離れたところにアッターガウ鉄道の小さな駅舎が建っています。


BtgZ2hQsg5aa26.jpg



反対側の方に目を向けると、オーストリア国鉄ÖBBの立派な駅舎が見えます。この駅はアッターガウ鉄道とオーストリア国鉄の乗換駅です。この駅はウィーンとザルツブルグを結ぶオーストリア国鉄の幹線上に位置しています。


VETT3zbHbice63.jpg



ホームを移動中、アッターガウ鉄道の電車の運転席に運転士さんが見えます。


eA62A2f27S2101.jpg



アッターガウ鉄道の電車の先頭部分です。この駅で折り返し運転ですから、行先はもちろんアッターゼーAtterseeになっています。


8xmBnx_kDz656f.jpg



オーストリア国鉄のプラットホームに移動しました。この駅には特急列車は停車しません。この駅からいったん特急列車停車駅まで移動して、そこからウィーン行の電車に乗り換えます。電車の発車時刻表を見ると、3分弱でリンツLinz行の急行(REX)が出ます。


9xhFITEoRN0dc9.jpg



定刻から2分ほど遅れてリンツ行の電車が近づいてきました。


4XdUTwXwIb2bc2.jpg



電車がホームに滑り込んできます。


bFCBwuoyXZd502.jpg



電車に乗り込むとすぐに発車。この電車もがらがらです。


RpAfJ4Xmxk779d.jpg



緑の中を、乗換駅アットナンク-プフハイムAttnang-Puchheimまで走っていきます。


uZp4EME0847387.jpg



フェックラマルクトVöcklamarktからアットナンク-プフハイムへのチケット(オーストリア国鉄ÖBB)はネットで購入してあります。


vTpAvJbtrwec8f.jpg



最初の駅Redl-Zipfに到着。


1ewTB5RoyQ42c0.jpg



また美しい緑の中を走ります。


WBXqVRDoAr0aa5.jpg



次の停車駅ティメルカムTimelkamに到着。


fNpHXuTNeR05db.jpg



次の停車駅はフェックラブルックVöcklabruckです。昨日、アッター湖畔のカンマーに向かうために慌てて乗り換えた駅です。ちょうど24時間ほど前のことでしたが、もうかなり前のことだったようにも思えます。


qwDSWfYrpjeb6c.jpg



次の駅は乗換駅のアットナンク-プフハイムAttnang-Puchheimです。アットナンク-プフハイム駅は、昨日間違った電車に乗ってしまい大騒ぎをした駅です。ホームに降り立つと、ちょうど真ん前に昨日電車に乗り込んだしょぼいホームが見えます。地下道からの出入り口も見えます。


wcnl5SmMYc1821.jpg



今、午後1時。なんと、偶然にもちょうど昨日と同じ時間帯です。乗り換え時間の30分を利用して、昨日のトラブルの原因を解明しましょう。

ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2014022201.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR