FC2ブログ
 
  

ローマでカラヴァッジョ巡り:2番目はカピトリーニ美術館

2011年10月9日日曜日@ローマ/2回目

ボルゲーゼ美術館Museo Borgheseを出ると、建物が朝日に輝いています。


xVDESaIzx16caa.jpg



次はカピトリーニ美術館に向かいます。ボルゲーゼ公園Villa Borgheseの中を500mほど歩きましたが、公園の散策は気持ちがいいですね。


Iv2PijV7jxc998.jpg



サン・パウロ・デル・ブラジル・バス停San Paolo Del Brasileに到着。バス路線の関係で、テルミニ駅から到着したバス停Pinciana- Museo Borgheseとは別のバス停です。


1uRlC5VUko9afa.jpg



ところが、乗る予定の160番のバスがなかなか来ません。他の経路のバスは何本も来るのに、160番は全然です。バス待ちの客はどんどん入れ替わり、我々ともう1組の夫婦だけがバス停に釘づけ。彼らも160番のバスを待っているようです。他の人たちがいると、なんだか心強いですね。


g3qFnaxCgj4569.jpg



随分待って、ようやくバスが到着。バスは何事もなかったように順調に走り、カピトリーニ美術館Musei Capitoliniの最寄りのバス停に到着。ここからカピトリーノの丘の階段を上り、丘の上のカンピドリオ広場Piazza del Campidoglioへ向かいます。


RMAWxhKT6E31b6.jpg



カンピドリオ広場はミケランジェロが設計した美しい広場です。広場の中央にはマルクス・アウレリウスの騎馬像のレプリカがあります。台座はミケランジェロの手になるものです。


UmHDEcql8I90e5.jpg



その広場に面して、カピトリーニ美術館があります。ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011120701.jpg



チケット売り場でローマパスを提示し、無料でチケットをゲット。ローマパスは最初の2つの美術館が無料で入れ、3つ目からは割引料金で入れます。ということは、料金の高いものから利用した方がお得ということになりますね。
これがゲットしたチケットですが、絵柄もなくつまらないですね。


EJx0q9Ig6U9bce.jpg



この美術館はそれ自体の中に古代ローマ遺跡もあり、古い彫刻が多数展示されています。世界最古の美術館というふれこみです。有名な彫刻を2点ほどしっかりと見て、絵画フロアに向かいます。その彫刻の1つは、カンピドリオ広場にあったマルクス・アウレリウスの騎馬像のオリジナルです。台座はミケランジェロのものとは全然違いますね。


iLyPQby0Pkd685.jpg



ここには、お目当てのカラヴァッジョは2点あります。ところが、ここでもその1点《女占い師》はカナダに貸出中。カナダのバンクーバーで大がかりなカラヴァッジョ展をやっている模様です。残念です。


0ZCs6_f5tDf9bb.jpg



これが見る筈だった《女占い師》です。


_A0gHgn4uc2d38.jpg



それでも、もう1点をしっかり鑑賞し、満足です。
これが《洗礼者ヨハネ》です。


MiGf9TjtKU1110.jpg



カラヴァッジョ巡礼はこれで計8枚見ることができました。取りこぼし2枚です。

その他に、三島由紀夫が愛した作品のグイド・レーニの《聖セバスティアヌスの殉教》の美しさにも魅了されました。この作品について、《仮面の告白》の冒頭で触れられています。


sdx1rwNUeGeafc.jpg



同じグイド・レーニの《ルクレティア》も美しい作品です。


ORKUnYxPli0939.jpg



次はドーリア・パンフィーリ美術館Galleria Doria Pamphiliに向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR