FC2ブログ
 
  

ローマでカラヴァッジョ巡り:ランチでビックリ・・・ドーリア・パンフィーリ美術館

2011年10月9日日曜日@ローマ/3回目

カピトリーノ美術館Musei Capitoliniを出て、このカピトリーノの丘の上からフォロ・ロマーノForo Romanoの遺跡を少し眺めてました。今回は、フォロ・ロマーノ散策はパスします(10年ほど前に来た時に歩きましたので)。


M_nhnkmREP652c.jpg



カピトリーノの丘を下りてきました。やはり観光地ですね、人の多いこと!


7_EUHy4sK0cbf1.jpg



丘の下はヴェネツィア広場Piazza Veneziaです。目の前にはヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂Monumento Nazionale a Vittorio Emanuele IIの側面が聳え立っています。


M0cO3_6i7A487c.jpg



次はドーリア・パンフィーリ美術館Galleria Doria Pamphiliに向かいますが、カピトリーニ美術館から歩いて600mくらいのはずです。ブラブラ歩いて、ほぼ行き着いたあたりに綺麗なカフェがあったので、お昼を兼ねて休憩をすることにしました。


a2rAIpWblqdcb6.jpg



ピザとパスタでランチです。


2MvHd5RYwi0308.jpg



ついでにジェラートも頂きました。お腹も落ち着き店内の入口付近に行くと、何やらレストランらしくない豪華な装飾があります。


EYdhzZYcKxec75.jpg



このあたりでピンとくるべきだったのかもしれませんが、後でビックリすることになります。ちなみにお店の名前はカフェ・ドーリア。

お店を出てドーリア・パンフィーリ美術館に行くと、鉄柵でクローズされています。


aI1Zvh3S__faa6.jpg



えっと思いますが、中を歩いている女の人もいます。どうやら、入口は他にありそうですね。でも、その辺りをうろうろしますが入口が見つかりません。もう一度そのクローズされた鉄柵をよくよく見ると、何やら表示があります。Google Earthのような写真地図に赤い矢印が描いてあり、入口は建物をぐるっとまわったところだとのことです。みなさん、迷うのでしょうね。


521iGvc16z2274.jpg



地図の通りに行くと、やっと入口がありました。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。入口はコルソ通りVia del Corsoに面しています。


2011120801.jpg



入ると綺麗な中庭(前庭?)になっています。


EqyE7ssnOP2afb.jpg



この庭に面した建物の一角がチケットオフィスです。


w4x9kiAaMj.jpg



この美術館はローマパスの効かない美術館で、正規料金でチケットを購入。1人10.5ユーロです。チケットの絵柄はもちろん、カラヴァッジョです。


BYoW3mVC8_614e.jpg



中に入り案内表示に従って進むと、先ほどのクローズした鉄柵の横を通過。その先に、美術館のカフェの入口がありました。配偶者がそこを覗いてビックリ! 何と先ほどランチを頂いたカフェでした。saraiも覗いてきました。


lntYJrWRzDa1dd.jpg



カフェの従業員の眼を盗み、無料でしかも近道で入館できたかも知れません。残念!

ともあれ、カラヴァッジョを見ましょう。ここにも2点あります。まず1点は、問題なく発見。カラヴァッジョとしては変わった作品の《悔悛するマグダラのマリア》。悔悛というより、居眠りしているようにしか見えません。それに明るい作品です。


qGD7qbxzatf911.jpg



もう1点、先ほどカピトリーニ美術館で見た《洗礼者ヨハネ》のレプリカといわれている作品がありましたが、素人の眼には違いは分かりません。どちらも本物でしょう。さて、残りの1点がどうしても見つかりません。美術館の真ん中にあるミュージアム・ショップでカラヴァッジョの作品の絵葉書を買い、ついでにその絵葉書の絵はどこにあるのか聞いてみると、出口近くにあるとのことです。まとめて展示してくれれば手間が省けるのにね。ようやく、最後の1点も鑑賞できました。
これが《エジプト逃避途上の休息》です。


l1wsn7B6MZd7c2.jpg



これでこの美術館は終了。
カラヴァッジョ巡礼はこれで計10枚見ることができました。(取りこぼし2枚です)

次はバルベリーニ国立美術館に向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR