FC2ブログ
 
  

ナポリは天国と地獄:カポディモンテ国立博物館でカラヴァッジョの名作

2011年10月11日火曜日@ローマ~ナポリ/7回目

高速列車は1時間10分後の14時10分にナポリ中央駅Napoli Centraleに到着。アメリカ人親子ともお別れです。荷物をがらがら引いて、いかにも治安の悪そうな通りを用心しながらホテルに向かいます。お昼で陽も高いので、まあ大丈夫でしょう。そのためにも明るいうちにホテルに入れる早い時間の列車にしたんです。ナポリのホテルは『B&B デル コルソ(B&B Del Corso)』。ここでは1泊のみです。

ナポリへの到着後、その日のうちにカポディモンテ美術館Museo Nazionale di Capodimonteを訪問する予定なので、選択の余地なく駅近くのホテルにしました。それに、このホテルは信じられないくらい安いんです(2人で1泊59ユーロ)。それでいて、朝食も付いています。なんと、バスタブもあるんですっ。

ホテルに向かって、荷物をがらがら引いて歩きますが、思ったよりも駅から遠く、配偶者からはこれって駅そばなのって言われます。でも、初めての道でゴチャゴチャしているので遠いように感じますが、実際には10分程の距離です。アパートメントのように門の前でボタンを押すと、インターフォンから3階まで上がってきてねという声がして入口を開錠してくれます。入口からは階段しか見えなかったのでギョッとしましたが、ちゃんとエレベータはあります。無事、レセプションでチェックインです。レセプションの女性はホテルの向かいが住居とのことで、小規模な家族経営のホテルです。詳細なオリエンテーションがあり、感謝というか迷惑というか・・・。ようやく開放されて、部屋に入りますが、部屋は実に素晴らしくて、びっくり。広く綺麗で、ベッドもトリプル。写真のベッドは予備用の3つ目のベッドです。写真には写っていませんが、右手にツインのベッドがあります。


ZZandGYZBCe8b8.jpg



バスルームもとても広くて手入れも行き届いています。これは洗面台。綺麗でしょう。


1pgOAmC1Dz6685.jpg



バスタブも大きくて立派です。形も可愛いですね。久しぶりにお風呂に体を沈められそうです。


7lO6VRhOq8dcd7.jpg



これで朝食も付いて、無料のWIFIもできます。とても安いですね。1人分の価格じゃないかって配偶者がつぶやくほどです。そうそう、無料のよく冷えた水のボトルも2本サービスで助かりました。何せ、ヨーロッパは乾燥しているのでやたら喉が渇くんです。

部屋に大満足だからとて、落ち着いているわけにはいきません。ネットの接続の確認も省略し、急いでホテルを飛び出し、カポディモンテ美術館に向かいます。
今日の最後の目的を果たさないといけません。今日は火曜日ですが、明日の水曜日はカポディモンテ国立博物館は休館なんです。今日のうちに、その美術館にあるカラヴァッジョを見に行く必要があります。この美術館が結構遠くて、行き方もややこしいんです。再びナポリ中央駅に戻ります。これが駅前です。なんだか雑然としたところですね。


wk9xbPfar40f20.jpg



駅の中にはいります。駅自体は清潔です。


BA3J2c9zryfdd8.jpg



キオスクで公共交通の1日券を購入。この1日券というのがこの後のトラブルの元になったんです。
キオスクはものすごく混み合って行列ができています。


V4W1UXtSwX67a4.jpg



ガイドブックでは1日券は3.1ユーロの筈でしたが、ミラノやローマ同様に値上げになっており3.6ユーロ。ヨーロッパは物価がどんどん上昇しているようです。
地下鉄のホームと思われるホームに移動しますが、そのホームには普通のイタリア国鉄(fs)の車両が入ってきます。地下鉄を探してホームを上がったり下がったりしているうちに、だんだんこれでよさそうな気がしてきました。思い切ってやって来た電車に乗り、乗客の女の子にカブール広場Piazza Cavourに行くかと聞くと、シーとのお答え。これでよかったようで、無事にカブール広場に到着。カブール広場では、バスに乗ろうとしますが目的の路線のバスの番号78番が表示されていません。78番のバス停を探して、街の中を次の次のバス停(国立考古学博物館前)まで歩いていると、配偶者が偶然78番のバスを発見。それ~っとそのバスに突進し、運転手さんにカポディモンテ国立博物館に行くかと聞くと、行くとのこと。横にいた乗客のおじいさんもムゼイ(博物館)だろうと言うので、そうですって答えましたが、これが後で役立ちました。こちらのバスは車内の表示もアナウンスもないので、観光客にとって乗るのはいいのですが降りるのが大変。ナポリの交通事情はほとんどつかめていないので、行き当たりばったりで感に頼るしかありません。かなり丘の上に上がってきて、この辺りかなと思っていると、先ほどのおじいさんが近づいてきて何やら説明してくれます。イタリア語なのでほとんど分かりませんが、雰囲気は分かります。どうやらおじいさんが指示を与えてくれるみたいです。大船に乗った気持ちで指示を待ちましょう!
バスを降りるようにとのおじいさんから指示でバスを降りると、バス停のすぐそばがカポディモンテ公園の入口でした。グラッチェ!


h5ykSmr09W96b6.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011122601.jpg



カポディモンテは丘の上の王宮で、今は広大な公園になっています。博物館は全く見えませんが、行き先を示す標識に従って歩きます。


5gaHpTn1aM9b4a.jpg



市民の憩いの場になっているらしく、三々五々散策している人達がいます。緑の中を博物館に向かいます。


raiilFBHTs3737.jpg



ようやく王宮の建物を使った博物館が見えてきました。赤い壁が印象的ですね。


5M9DFPB7tX51eb.jpg



建物に入ると、そこは中庭のようになっています。


L6Qzn_MDvVd88f.jpg



中庭から建物の内部に入り、チケット売り場を探しますが見つかりません。その辺りに5,6人の男女がたむろしていますが、チラッと見るだけで何もいいません。かなりうろうろしていると、ようやくチケットかって尋ねてくれます。建物の外でチケットを売っているよってことです。実はここは出口です。特にチェックもないようで、その気になれば無料で入館できるみたいです。
やっと正しい入口のチケット売り場にたどり着きます。


IipSRFcV5e7e17.jpg



早速チケットを購入。1人6.5ユーロです。


8qiKKBEtjge345.jpg



美術館は2階と3階になっていて、膨大なコレクションです。立派な階段を上って、2階に上がります。


c9R36wpjVt833e.jpg



最終的にカラヴァッジョは3階にありましたが、2階にはティツィアーノの名作が無造作に展示されていました。本物なんでしょうね。2階の展示の紹介は後回しにします。3階に上がり、突き当たりに展示されているカラヴァッジョに一目散で向かいます。《キリストの笞打ち》は、大きなキャンバスで額もなく、この絵を1枚だけ展示した室に照明を当てて展示されています。


WrKlijuuq2cc48.jpg



椅子もちょうど2脚あります。誰も見る人とていず、またまた2人で独占状態。思う存分鑑賞します。


MByzsaDAW5b875.jpg



キリストが茨の冠をかぶらされ激しく鞭打たれる場面ですが、平静に従容として受け入れるキリストの姿、鬼のような形相で鞭打つ役人、これまた静と動のダイナミックな局面が描かれています。その対比を見事に表現しており、圧倒的な絵の迫力は群を抜いています。そこが1番カラヴァッジョの素晴らしいところなのかも知れません。昨日のバチカンとこのカポディモンテの絵は、いずれもキリストが描かれ教会の祭壇に飾られていた大作で、両者は甲乙つけがたい傑作に思えます。
カラヴァッジョ巡礼はこれで計21枚見ることができました。(取りこぼしは3枚)

さて、カポディモンテ国立博物館のほかの名作絵画もご紹介しましょう。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR