FC2ブログ
 
  

シチリアのカラバッジョは傑作揃い

2011/10/16 08:06
メッシーナの朝、曇り空。

メッシーナのドゥオーモの美しさに感じつつ、トラムでメッシーナ州立美術館にカラバッジョを求めて、急ぎます。
この美術館には晩年の大作2点があります。《ラザロの復活》と《羊飼いの礼拝》です。《ラザロの復活》の一筋の光の効果に驚き、羊飼いの礼拝》の聖母マリアのすべてを包み込む無限の優しさに癒されつつ、感動します。

メッシーナからは延々と3時間半、鉄道でシラクーサへ移動します。
シラクーサは旧市街がオルティージャ島にあり、そこのホテルにチェックイン。すぐさま、近くのドゥオーモ広場にあるサンタ・ルチア・アッラ・バディア教会に行き、カラバッジョの主祭壇画《聖ルチアの埋葬》に心を打たれます。まるで画面の中に入り込み、一緒に聖ルチアの埋葬に参加し、悲しみにくれる自分を感じます。これも絵画を超えた絵画。傑作中の傑作です。今日見た3作はカラバッジョの38歳の死の2年ほど前の大作ばかりで、カラバッジョの無限の才能を感じさせられるものでした。これでイタリア国内のカラバッジョはローマで貸出中の3点を除いて、ほとんど見ることができました。カラバッジョを巡って旅して本当に幸せでした。

サンタ・ルチア・アッラ・バディア教会から出て、ドゥオーモ広場の美しさにも魅了されました。これ以上美しい広場があるでしょうか。


uAaAe2Cf801c88.jpg



夕食のシチリア料理の美味しさも満点。今日は充実した素晴らしい日でした。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR