FC2ブログ
 
  

イタリア半島を南下し、シチリアへ:列車がそのままフェリーに載り、シチリア島へ

2011年10月14日金曜日@アマルフィ~メッシーナ/3回目

今日はアマルフィからサレルノ経由でシチリア島のメッシーナまで大移動しています。行程を地図で確認しておきましょう。


2012011801.jpg



サレルノSalernoからメッシーナMessinaまでの長い鉄道の旅のお供は「おせんにキャラメル」ですね。日本から持ってきた海苔巻せんべいやピーナッツをつまみながら旅は続きます。途中の大きな駅、ラメツィア・テルメ中央駅Lamezia Terme Centraleを過ぎます。まだ、メッシーナまでは2時間以上かかります。


x3YjddyTKQcbea.jpg



やはり、10月は日が沈むのが早いですね。6時頃には薄暗くなり、ようやく海峡の対岸のシチリアのメッシーナの綺麗な街明かりも見えてきます。


uVkZClTddn8a5c.jpg



ヴィッラ・サン・ジョバンニ駅Villa San Giovanniに到着です。


MGlx7i1Q0i0758.jpg



いよいよ列車を分断して、このまま列車ごとフェリーに乗るのです。この列車は8両編成なので、4両ずつに切り離してのフェリー乗り込みになります。フェリーの中には線路が3本あるので、最大12両を3分割して搭載可能です。我々の乗った車両の切り離し作業が始まります。


M5fo_SLXiccb9a.jpg



切り離し作業が完了です。


oxr5MjFTeR8132.jpg



切り離した4両分の車両は接続した電車によって、フェリーに積み込まれます。もう、車両はフェリーの船内です。


yB37fUl39A05b4.jpg



車両を押してきた電車は切り離されて、次の車両を積むために戻っていきます。


HtoGKYtY3j3540.jpg



電車はフェリーの外に出て行きます。


Rr7i060UOs9dad.jpg



我々の車両が積み込まれたフェリーの船内の様子です。我々の車両の乗っている線路の右側にもう2本の線路が空いています。


8YquFMcqmu735e.jpg



やがて、分割されたもう一方の4両の車両がフェリーに乗り込んできます。


cZj61b8_Q9e68f.jpg



車両はほとんど船内に飲み込まれようとしています。


6l3h0cgsUQe403.jpg



我々の車両と並行して、もう4両の車両が船内に収まりました。まだ、真ん中の線路が空いているので、もう4両分積み込める余裕があります。


R2JoU13jcO6ff3.jpg



やがて、役目を終えた電車がフェリーから出て行きます。


VeNDlzLzzV8561.jpg



列車乗り込みが完了すると、フェリーは実に静かに出航します。乗客はそのまま車両に残ってもいいのですが、折角ですから、車両から降りてフェリーの上部デッキに出てみましょう。船内の階段を勝手に上ってもよいみたいです。


IWp_kPiSpnbaf0.jpg



車両を格納した層の1つ上の層には自動車が乗り込んでいます。一番上のデッキに出ると、夜の暗闇のなかにイタリア本土とシチリアの両方の街灯りが見え、間の海峡は真っ暗闇です。


0kyulmQshP2bac.jpg



舳先を転回したフェリーはイタリア本土のサン・ジョバンニを離れて行きます。


azSYnzKepx7db6.jpg



ミラノに到着してから1週間ほどのイタリア本土滞在でした。よかったことも悪かったことも多々ありましたが、ずい分長居をしたような気がします。まだイタリア国内ではありますが、この後はシチリア島に渡り旅は続きます。もうトラブルは勘弁してほしいものです。何の根拠もなく、もうこれ以上は何も起きないような気がしていたのですが・・・。この後海峡を渡ります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

いつか巡りたいです

素敵ですね。私がいつか巡りたいと考えていたコース網羅です!
シニアになってこんな旅が出来るご夫妻、憧れます。

いつか叶えます!参考になりました。
有難う御座いました。

No title

saraiです。コメントありがとうございました。

お褒めをいただき、光栄です。

あなたもいつの日か、ご自分なりの旅を実現してください。
saraiの旅はもうすぐ終わるでしょう。もう十分に満喫しました。

また、コメントをお寄せください。ハンドルネームも添えてくださいね。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR