fc2ブログ
 
  

マルタでカラヴァッジョ:カラヴァッジョは見られるのでしょうか?

2011年10月18日火曜日@マルタ島/5回目

カラヴァッジョははたして見られるのでしょうか。心配しながらマルタ十字の衝立の前に佇んでいました。そして、入場制限している綱の近くから中を覗き見ようとしていると、中から係の人が出てきて、もうしばらく入場は待ってくれとのこと。
安心します。待てばいいのね。待ちますよ。いつまでも待ちますよ。カラヴァッジョが見たくて、わざわざこんな地中海の島まで来ちゃったんですからね。この際、30分や1時間が待てないことはありません。
随分待っていますが、ここに張り付いて待っている人はそう多くはありません。カラヴァッジョがお目当ての人って、そんなにはいないようです。衝立の向こうでは女の人の声が響いています。きっとその人のせいで待たされているのでしょう。さすがに係の方も申し訳ないと思ったのか、衝立の向こうでその女の人と話をしているようです。ようやく綱が外されて中に入れます。中には中年の女性がいます。この人のせいで待たされたかと思い恨めしそうな視線を投げかけましたが、一顧だにされません。そして、この部屋(オラトリオっていう大きな礼拝堂)の中央には三脚に立てたビデオカメラとカメラマンの姿があります。女性の指揮の下、カラヴァッジョの絵の撮影が行われていたようです。
ともあれ、カラヴァッジョを巡る旅をしめくくる作品を見ましょう。このオラトリオの主祭壇画に照明があたっていて、ちょうどシラクーサの聖ルチア教会のような感じです。最後を締めくくるにふさわしい大作、《聖ヨハネの斬首》です。わざわざマルタ島まで見に来ただけの価値ある素晴らしい傑作です。残念ながらこの教会内でもこのオラトリオ内だけは写真撮影禁止なので、買い求めたポストカードでこの作品をご紹介しましょう。
まず、オラトリオ全体はこんな感じです。


uxhg9_AEfv724a.jpg



主祭壇画の《聖ヨハネの斬首》です。


zfBpXOwsF926a2.jpg



絵のテーマは、サロメの要求で首切り人(つまり死刑執行人)が聖ヨハネの首を切りつけ、多分聖ヨハネはもう息もないと思われますが、さらに首を切り取るために小刀を腰から抜こうとしている凄惨でショッキングな場面です。この有名な場面はほかの画家もたくさん絵に描いていますが、たいていはサロメが聖ヨハネの首を銀の盆にのせているシーンです。カラヴァッジョは、あえて主役の一人のサロメを絵の端に寄せ、腕に光を当ててこの事件の首謀者であることを示していますが、顔は暗くて明確に描かずにこの絵では脇役にしています。そして、中央の逞しい筋肉の首切り人と瀕死の聖ヨハネが主役になっています。これまで見てきたカラヴァッジョの中心的なテーマ、暴力と静謐さの対比がそこにあります。ただ、この絵の場合、首切り人の圧倒的な存在感、そしてある意味ではその美しさが描き出されています。それはカラヴァッジョが持っていた暴力的な面の肯定・賛歌とも見えてしまいます。実生活で暴力や無法さにのめりこんでいたカラヴァッジョ、そして絵画芸術において精神的な高みに上りつめたカラヴァッジョ、この二律背反的なものはカラヴァッジョの内部で矛盾なしに結合していたかも知れないというとてつもない怖い考えに至り、思わず戦慄を覚えます。瀕死の聖ヨハネの顔には光があてられていますが、精気のない死に顔で静謐さや高貴さはそれほど感じられません。暴力の美化といっては言い過ぎですが、暴力的な面が画面の中心テーマとしか感じられません。暴力への陶酔・・・カラヴァッジョ自身の実生活の昇華、それがこの作品に感じられます。もちろん別の見方も山ほどあるでしょう。カラヴァッジョの名画は劇的な空間表現で見るものをその空間の中に引きづりこみ、見るものの人生と対峙させてしまう力を持っています。それほどの傑作とこのマルタで向かい合うことができて、実に幸せです。
この後、ウィーンではこのサロメと聖ヨハネ(オペラではヨカナーン)を巡るドラマをR・シュトラウスの名作オペラ《サロメ》で鑑賞します。大芸術家2人のアプローチの違いを楽しみましょう。(R・シュトラウスのオペラ《サロメ》についてはここ
にご紹介しています。)
そうそう、このオラトリオには例の入口のマルタ十字の衝立の裏側に、もう1枚のカラヴァッジョの作品《執筆する聖ヒエロニムス》の絵もあります。緻密に描きこまれたよい作品なのですが、もう1枚の《聖ヨハネの斬首》のインパクトが強過ぎて、それほどの感銘はありません。


DLtG6TTvSv1be6.jpg



これでミラノ⇒ローマ⇒ナポリ⇒シチリアと見てきたカラヴァッジョの絵画鑑賞がついに完了し、ほっとしたような残念なような妙な感覚です。それにしても晩年に描いた教会を飾る大作群は、宗教画というジャンルを超えて、恐ろしいほどの芸術的高みに達したものばかりで、圧倒され尽くしました。しかしながら、この1枚と言えば、ローマのサンタゴスティーノ聖堂にあった《ロレートの聖母》を挙げないといけないでしょう。あの聖母の美しさと高貴さは、生涯忘れえないものです。瞼の裏にはっきりと焼き付いています。
カラヴァッジョ巡礼は最終的に計28枚見ることができました(取りこぼしは3枚)。カラヴァッジョの作品を十分に堪能できました。

オラトリオから外に出ます。オラトリオの入口はマルタ十字の衝立で仕切られ、印象的です。


eFhl2xeco9838d.jpg



再び、大聖堂のなかを見て回りますが、驚くほど豪華です。聖ヨハネ騎士団の強力な財政基盤が想像できます。


bNCAoHFQUw0967.jpg



大聖堂を後にします。大聖堂の出口には美しい緑があります。ふいに、カラヴァッジョ巡礼が終わってしまったことに感慨を覚えます。


VMoZi1REpRd1e0.jpg



イタリア、マルタを巡ったカラヴァッジョの旅は忘れられない旅になりそうです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR