FC2ブログ
 
  

マルタでカラヴァッジョ:カラヴァッジョの後はカフェ・カラヴァッジョ、そして、ヴァレッタ散策

2011年10月18日火曜日@マルタ島/6回目

ヴァレッタの大聖堂St. Johns Co-Cathedralでの感動のカラヴァッジョ巡礼完結の後は、カフェで一休みして軽く遅めのお昼でも頂きましょう。大聖堂の正面にあるカフェに座ります。カフェの名前はカフェ・カラヴァッジョです。この場の気持ちにぴったりです。


7EF8HxZJ2Ka2bb.jpg



正面の大聖堂をじっくりと鑑賞。この石材もマルタ・ストーンなんでしょうね。


pUJKxCG24ud83f.jpg



屋根の上にはマルタ十字があります。


s0Q2KKIccI0685.jpg




カフェではスパゲッティをいただきます。

ボロネーゼです。


SoI6owObBQ366a.jpg



トマトソースです。一応違うものをお願いしたのですが、エッ?と思うくらい変わり映えしませんね。


Gk674RPYiL6d1f.jpg



味も語るほどのものではありません。観光客向けの店というのは、どうしてこうなんでしょうね。リピーターはいないと思っているのかもしれませんが、もうちょっと何とかならないでしょうか・・・。
一息ついた後は、騎士団長の宮殿Palace of the Grand Masterでも見てみようということで歩き始めます。メインストリートのマーチャント通りMerchants Stを歩きます。マルタ・ストーンの建物が続きます。


X3WAad77leea81.jpg



通りから横に入る路地は急な下り坂です。歩き疲れたらしい男性が小休止中です。この街の散策は大変そうですね。


4LPNfQzc2z3b47.jpg



騎士団長の宮殿の場所が分からずに同じところを何度も歩き回ります。建物沿いにはイタリアで言うところのポルティコもあります。


P9uHiL7IDI0899.jpg



歩き回った末にようやくパレス広場にたどり着きます。いかにも子供が水遊びしそうな噴水が上がっています。


4Fkg1CYt4Ab2e3.jpg



騎士団長の宮殿へのアーチを入っていきます。天井も立派です。


AAvccsowb670e3.jpg



でも、チケットの窓口を見つけた時には既にクローズド。ああ、無情!


gxCuUb4rOy49ad.jpg



それでも中庭へのゲートはまだ開いているので、無理やり入場します。一応中庭だけは見ることができたので、よしとしましょう。


dQxXGf2cfC3317.jpg



中庭からは宮殿の武器庫Palace Armouryへの入口もありますが、もちろん固く扉が閉じられています。


PFau7tn8IXe8b1.jpg



宮殿の中は見学できませんでしたが、宮殿のまわりは十分に散策できました。
そろそろホテルのある向こう岸のスリーマSliemaまで、フェリーで帰りましょう。乗り場と思われる方向に歩きながら、またまた街を散策です。通りを歩いていると、オーディオショップが目に留まります。何と日本メーカーのパイオニアのショップです。そう言えば、昨日のレストランでがんがん音楽を鳴らしていたのもパイオニアの音響機器でした。ヴァレッタVallettaではパイオニアが浸透しているのでしょうか。


PEEEepkHaR79f8.jpg



こんな美しい街角があります。思わず足を止めて、見とれてしまいます。


MBkb9Wvib41597.jpg



ヴァレッタはビックリするほど起伏が激しく、ものすごい坂道があります。見るだけで、その方向には絶対に行きたくないですね~。写真ではもう一つ分かりづらいかもしれませんが、ものすごい下り道の先にはものすごい上り道が続いています。


6v3uNaxX4Vd7d3.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012021301.jpg



フェリー乗り場に向けて、ヴァレッタの散策は続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR