fc2ブログ
 
  

ボヘミアからウィーンへ:早起きして、シーレの風景を求めて街を散策

2011年10月22日土曜日@チェスキー・クルムロフ~ウィーン/1回目

旅は17日目です。

今日はチェスキー・クルムロフČeský KrumlovからウィーンWienにとんぼ返りです。

まだ陽の上らない薄暗いうちに配偶者はお目覚めです。パソコンでネットをチェックしながら、少しずつ明けていくチェスキー・クルムロフの街を眺めていたようです。現在、まだ7時前です。


KlzADMZIbn9514.jpg



その20分後には街に朝日が差してきます。7時15分です。朝焼けのバラ色に輝く街の美しさは格別です。


n1f6EctO43fd3f.jpg



この直後、そこそこの時間にsaraiも目覚めます(荷物に入れてあった薬がなくて眠りが浅かった・・・)。配偶者と一緒に部屋から朝陽を眺めます。お城を見ると、もう明るい光で綺麗です。


2DUBKaF4Qx7cd7.jpg



ホテルの前のラドニチュニー通りRadničníには、まだほとんど人通りがありません。


CUlzGAFcYS52eb.jpg



早起きしたことだし、早朝の街散策に出かけましょう。シーレが絵を描いた目線でチェスキー・クルムロフの街を見てみたいので、寒い中を二人はまた薄着、そして、配偶者はスッピンで出かけます。通りを歩いていると、街角に面白いものを見つけます。


adJmTbMgGR8d5b.jpg



これは馬車の車輪から建物を防備する石ですね。あちこちで見かけることができるみたいです。


T6qxe9XRJBf520.jpg



人通りのない綺麗な石畳の道を歩きます。


m_r_Oh935bhy3743.jpg



街中はまだ静まりかえっていて、人っ子一人歩いていません。


IaIn7fHeVl59ff.jpg



建物の白壁に木々の緑が映えています。


ixHcLtMuS11a9b.jpg



やがて、通りはヴルタヴァ川Vltavaの川沿いに入ります。


WBG6Sp3fdRbb41.jpg



川岸まで下りてみましょう。


Q2JMRgeQOZ3163.jpg



朝の川面はとても美しいです。緑も多いですね。


_z1R_UDDTV95f3.jpg



通りに戻って街の景色を見ますが、シーレの絵の題材とは少し違うようです。


id85oMBax26378.jpg



それでも美しい街の景観です。こういう絵もあっていいでしょうね。


Dcz_bdnB1g9e68.jpg



ちょっと迷いましたが、何とかシーレの絵のポイントに到着です。見晴らし台のようになっています。


gZn9MV7MCQcd5e.jpg



この辺りの風景がシーレの題材のひとつになっています。


B9dw0q0GlS515c.jpg



saraiはその街並みを感慨深く見入ります。

この見晴台からは、お城の方の街並みも綺麗に見えます。


YWgiKzzAml1e39.jpg



ところで、朝早くからここにもたくさんの中国人が来ています。近くのホテルに泊まっているようです。私達のホテルも中国人で一杯です。中国では、チェスキー・クルムロフがブームなんでしょうか。

さて、朝の散策の目的も果たしたので、薄着で風邪をひかないうちに暖かいホテルに戻りましょう。明るくなった街の通りは建物がとても綺麗です。


8vDwXNDITX65f3.jpg



建物にぶら下がっている飾りの標識もなかなか可愛いいです。


B8kqSGAs3x5c3e.jpg



帰りに街の中央の通りを歩くと、昨日の夕方見た聖ヴィート教会sv. Vítaの前に出ます。小さな街なので、ちょっと散策すると街中を歩くことになってしまいます。


B9DsGNvj2d9d6b.jpg



散策を終えて、8時過ぎにホテルに戻ると、もうすっかり空は明るみ、青空が綺麗です。ホテルとお城、そして、ヴルタヴァ川にかかる橋がその青空を背景にくっきりと浮かび上がっています。


Kd2N38BxUR9742.jpg



散策ルートを地図で確認しておきましょう。


2012030601.jpg



ホテルでは部屋に戻らずにそのまま地下の朝食ルームに向かい、そこで朝食を頂きます。珍しく目玉焼きがあります。


C4E9lGE7a30880.jpg



朝食を終え、部屋に戻ります。いよいよ、超豪華なお部屋ともお別れです。

チェコの田舎町にしてはちょっとだけ高価(2人で1泊110ユーロ)ですが、十分にそれに見合うホテルです。正確に言うと、部屋の広さと豪華さ、それに何といっても角部屋で専用テラスからの美しい眺めに満足です。このホテルの他の部屋の様子は分かりませんが、この部屋に限定すればカップルにも女性にもお勧めです。

これからシャトルバスでウィーンに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, kazumi Matsuokaさん 2012/03/15 21:24
私もヨーロッパにハマってるひとりです。先日Spain から帰って来ました。Spain 最高!フラメンコ最高!
ウィーンはまだですがSARAI さんの旅素敵ですね、行って見たくなりました参考にさせて頂きます。(^o^)/

2, saraiさん 2012/03/16 01:58
kazumi Matsuokaさん、初めまして。saraiです。
コメントありがとうございました。

ヨーロッパ、いいですよね!
スペインはバルセロナに昔(20年前)に1回、行っただけです。いつか、エル・グレコを尋ねて、トレドに行きたいと思っています。
また、コメントをお願いしますね。
関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR