FC2ブログ
 
  

リンツでの1日(聖フローリアン修道院):豪華で美しい聖フローリアン修道院

2011年10月24日月曜日@リンツ/4回目

学生達のイベントも終わり、学生達がいなくなります。ゆっくり教会内を見学します。教会の広大な空間の中央に立ち、後方(入口の方)を眺めます。美しく素晴らしい空間です。一番奥の2階には、巨大で華麗なブルックナーオルガンが目立ちます。


_tSt1ez4DQ9a08.jpg



オルガンに近づきます。このとても大きなパイプオルガンを見て絶句です。こんな凄いものを演奏していたんですね。それに装飾の美しいこと、驚きです。


DPtSESGIMr00f3.jpg



このブルックナーオルガンの下にブルックナーのお墓があるそうです。オルガンのちょうど真下の地下カタコンベに棺が置かれているということらしいです。
合掌・・・

ブルックナーは父親が亡くなった13歳のときから30歳までをここで過ごしたそうです。そして、遺言で教会のパイプオルガンが聴こえるところに埋葬されることを望んだとのことです。彼の音楽の魂はこの教会とパイプオルガンとともに育ち、生き、そして今は永久に眠っているんでしょう。

今度は前方の空間を眺めます。天井画で埋めつくされた天井のドームが連なり、白い壁は美しく装飾され、教会とは思えない豪華さです。


SexBaRHNBJc97a.jpg



少し小型のオルガンが前の方の左右に2台もあります。どう使い分けるんでしょう。
これが左の壁の2階にあるオルガンです。これも美しい装飾で飾られています。


QkIWXvSG5Gab9f.jpg



その向かい合わせの右の壁にあるオルガンも同様に素晴らしいです。


bRNll9DXiSfc6d.jpg



最前部のドームです。


WzUKD4IcDW6585.jpg



教会の内装は豪華そのものです。壁はスタッコ(漆喰装飾)造りで、特にスタッコの天使像は素晴らしいものです。


hyySTADkBxac7b.jpg



天使像を主要モチーフにして、草原を思わせるモチーフで全体を構成している見事なものです。


GrkPnKKwwu37a6.jpg



今年の4月にヴュルツヴルグのレジデンツWürzburger Residenzで見たスタッコを思い出しました。

そして、彩り豊かな天井画です。もちろん定番のだまし絵の技法で見事に立体感を出しています。


AhheL_XAjUbf84.jpg



近くでよく前方のオルガンを見ると、可愛い天使像で飾られています。


c9JKMyIUbq7c39.jpg



目でも耳でも楽しめ、とてもよいブルックナー詣でになります。

帰りのバスの時間が迫ってきたので、聖フローリアン修道院Stift St.Florianを後にします。
教会を出て、修道院の建物に沿って出口に向かいます。雲ひとつない絶好の秋空です。


Y8l_BbiY486d57.jpg



出口を出る前に、もう一度聖フローリアン修道院及び教会の全景を眺めます。こういう建物を《壮麗》と表現するんですね。


e0XN2Gcptfcf08.jpg



出口(入るときは入口ですが)には歓迎の表示板があり、敷地内の概要図も描かれています。来たときは気持ちが高揚していて、気が付きませんでした。


rpZkhWeb3Bcd86.jpg



さあ、バス停に急いで戻りましょう。12時30分のバスを逃すとまた1時間バスがないんです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR