FC2ブログ
 
  

リンツでの1日(ペストリングベルク鉄道):ペストリングベルクの山頂で絶品のランチ

2011年10月24日月曜日@リンツ/8回目

ペストリングベルクPöstlingbergの山頂の見晴らしの良いところで遅めのランチを頂きたいのですが、夏の観光シーズンではないせいでしょうか、どのレストランも閉店しているようです。教会横のレストランも閉めているような感じですが、saraiがよ~く様子を窺うと、営業しています。


ilj3hCINTQ4e44.jpg



メニューもはりだしてあります。シュロス・エッゲンベルクSchloss Eggenbergという名前のレストランです。


ThRd0iRUQS8aaf.jpg



中に入ってみると、何組かの先客がいます。配偶者はグーラッシュ、saraiはコルドン・ブルー(チーズとハムを挟んだカツのようなもの)をお願いします。もちろん、ワインもお願いします。


qtLNWvDT9F39b3.jpg



ワインを飲みながらまわりの様子を見ていると、和やかな感じのお店で地元の人達が多いようです。この時点では、まだ空いたテーブルも結構あります。


Tj89KDCXwr1bba.jpg



まず、パンが届きます。温めてあります。この辺りの定番のパンですが、一口食べてみてびっくりです。ふんわり柔らかく、ちょっと味わったことのないような美味しいパンです。これは食事も大いに期待できますね。


yRLq22NsMh3059.jpg



届いたお料理は期待通りとっても美味しいものです。

コルドン・ブルーです。


mn593OvVoh4a2d.jpg



グーラッシュです。


3aVo7wDred8b2d.jpg



隠れた名店なのでしょうか、次から次へとお客さんがやってきます。奥の方にも部屋があるらしく、山歩きの老人クラブのような団体さんは奥に消えていきます。
よく見れば、お店もなかなかお洒落に飾ってあります。


PoL4QZJRadf37b.jpg



最後には満席となってしまい、入ってきたお客さんに私達が席を譲ってお店を出ることにしたほどです。地元では評判のお店なのでしょうね。たまたま入ったお店が大当たりで、本当にラッキーです。
このレストランは教会の近くにひっそりと佇んでいるレストランです。つい見逃しそうな地味な外装のレストランですが、ここの料理は絶品です。それに安い。リンツにお立ち寄りの方には絶対のお勧めレストランです。ただ、リンツのハウプト広場Hauptplatzから電車代が往復で5.6ユーロ必要です。それでも、山頂の展望台からのリンツの街やドナウ川の眺めも素晴らしいので、決して損はないでしょう。また、秋は黄葉がとても綺麗です。

身も心も満腹で、山を下ります。また、ペストリングベルク鉄道Pöstlingbergbahnに乗ります。


OyTZXiUXk305c6.jpg



トラムは最後にドナウ川を渡り、ハウプト広場に戻ります。広場の中央には、街のシンボルの3位1体柱が建っています。これは、ペストの脅威、トルコ軍の侵攻、大火災から平安が戻ったことを記念して建てられたものです。


U01UykhvKMacc8.jpg



リンツはドナウ川の街です。トラムから見るだけでは物足りないので、ハウプト広場から少し歩いてドナウ川を見に行きましょう。
先程トラムで渡ってきたニーベルンゲン橋Nibelungenbrückeの袂に着きます。


fmueBN8U3E122e.jpg



橋の上からドナウ川を眺めますが、さすがにたっぷり豊かな川です。大きなクルーズ船が停泊しています。ウィーンの方に向かうんでしょうか。


RJVep8InD0a40e.jpg



橋から山の方を見ると、今下りてきたばかりのペストリングベルクPöstlingbergの山頂に巡礼教会Pfarre Linz-Pöstlingbergが見えます。


34K0WNB2Vk72fa.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012031801.jpg



まだ、リンツの街歩きは続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR