FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:ウィーン美術史美術館でもカラヴァッジョ、そして、ブリューゲルとクラナッハ

2011年10月26日水曜日@ウィーン/1回目

旅は21日目です。

今日で曇り空も3日目です。そろそろ晴れて欲しいですね。
雨もパラパラ降ったりするのですが、雨粒が小さく密度が小さいので誰も傘をさしません。本当にコートのフードが役に立ちます。我々もそれにならって、ウインドウブレーカーを羽織りフードをかぶって出かけます。こうすると結構暖かいので、一挙両得です。

お天気の悪いときは美術館が最適ですね。ウィーン美術史美術館Kunsthistorisches Museum Wienにもカラバッジョがあります。イタリア、マルタで巡ったカラバッジョの旅の番外編として、カラバッジョの旅の総決算に是非行かねばなりません。ウィーン美術史美術館に到着。雨模様の美術館です。


7zIvrHw71r32d6.jpg



雨にもかかわらず入り口が結構混んでいます。今日はオーストリアは祭日らしいのです。どうも割引があるようですね。一般のチケット売り場は何も混んでいません。子供も多そうです。
ここには日本語のパンフレットが置いてあります。表紙はブリューゲルの「バベルの塔」です。まあ、妥当なところでしょう。


sfgSxigtHF0124.jpg



いつ見ても入り口のホールは凄いですね。


i1p1x4gRe52adc.jpg



この美術館の2階への階段上部にはクリムトの装飾画がありますから、まずはそれを鑑賞するのがいつもの習わし。


ursU78IqHHd32d.jpg



2階が絵画ギャラリーになっています。今回は特別展もやっていて、テーマは「冬のメルヘン」です。冬に関連した絵画作品を集めて展示しています。このコーナーだけは写真撮影禁止。普段は常設展示しているブリューゲルの冬に関連した作品もここに移されており、お蔭で名作「雪中の狩人」も撮影できず、残念。絵葉書でも買いましょう。モネの冬の「積みわら」など、普通は展示されない作品も見られます。

さて、カラバッジョは、3枚もあります。ウィーン美術史美術館、さすがですね~。1番大きな祭壇画はナポリで描かれた作品で「ロザリオの聖母」です。


uxNFch8FTH0579.jpg



ナポリの作品の《七つの慈悲の行い》に似た描き方に思えますが、イタリア、マルタで見た作品に比べるともうひとつの印象に思えます。しかし、カラバッジョには違いない立派な作品です。それほどカラバッジョの作品群のレベルが高いとも言えます。

もう2枚のカラバッジョもなかなかの作品ですが、さすがにイタリアで見た作品と比べると差がありますね。
「ゴリアテの首を持つダビデ」です。同一題材の絵をローマのボルゲーゼ美術館で見たばかりでしたが、やはり絵の深みはローマの絵のほうが1枚も2枚も上です。


9u1hiDlZoEc13b.jpg

 

「荊冠のキリスト」です。これも迫真性が今一つです。


Z0vDVA7ohG85c1.jpg



今回の番外編で、カラヴァッジョ巡礼は最終的に計31枚見ることができました。
カラバッジョを見て第一の目的を果たしたので、後はゆっくりと名画の数々を鑑賞します。

まずは世界一のブリューゲルのコレクションです。現存するブリューゲルの作品の3分の1がここにあります。その作品群から傑作を選りすぐって掲載しますので、ゆっくりご鑑賞ください。
これは絵葉書の「雪中の狩人」です。


zY633tdEcn5018.jpg



「十字架を担うキリスト」です。


S60pgLBFCwd18e.jpg



「農民の踊り」です。


8eWgD4Rpi88ce7.jpg



「バベルの塔」です。有名な作品ですね。


LcTFwsC0CR58fb.jpg



「子供の遊び」です。


UDVTry0HOA5b36.jpg



「農民の結婚式」です。


tVhx_htJZ10bcf.jpg



クラナッハのコレクションも実に充実しています。(クラナッハについては2011年のミュンヘンのアルテ・ピナコテークのクラナッハ展についても今後ご紹介予定です。また、saraiは2013年の旅でクラナッハを尋ねて、ゆかりの街ヴィッテンベルクを訪れました。それもご紹介予定です。saraiはクラナッハの大ファンなんです。)

「アダムとイブ」です。


0lsSdKchLee351.jpg



これも「アダムとイブ」です。こちらは2枚の絵に分かれています。


62mfNvFuje315c.jpg



「ユディット」です。この美術館で一番好きな絵です。


N6Yh3IeV1jbf6c.jpg



「ザクセンの3王女」です。


gNqn_wzwB119fd.jpg



「キューピッド」です。ローマのボルゲーゼ美術館Museo Borgheseで見た《ヴィーナスと蜂の巣を持つキューピッド》とよく似たキュートなキューピッドですね。


AIexO8y1Mp8ca7.jpg



「ザクセン選定侯フリードリッヒⅢ世の鹿狩り」です。


eI_3NZIo_bd07b.jpg



名画鑑賞は続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, ksさん 2012/03/23 03:58
おせっかいかもしれないコメントです。
最近、と言ってももう1−2年前ですが、ルーヴル美術館に新しく一般の支援を募ってクラナハの「三美神」が収蔵されましたよ。パリを訪れる機会があれば是非見に行ってください。

2, saraiさん 2012/03/23 07:43
いえいえ、ksさん、親切なコメントありがとうございます。

ルーブルのクラナッハの3美神はお蔭様でもう見ました。昨年の4月です。特別展をやっていました。記事もアップしました。
 http://traveler.co-blog.jp/sarai/12297

ほかにも美味しい話があれば、また、コメントをお願いしますね。
関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR