FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:レオポルド美術館、まずはクリムトから鑑賞

2011年10月27日木曜日@ウィーン/1回目

旅は22日目です。

曇り空、4日目です。雨が降らないだけ良しとしましょう。天気予報によると、明日からは晴れるようです。
ということで、眺めも楽しみたいベルヴェデーレ宮殿へは明日行くことにして、今日はレオポルド美術館Leopold Museumにシーレを見に行きましょう。シーレゆかりの街チェスキー・クルムロフČeský Krumlovを訪問したことだしね。

このホテルも5泊目です。朝食に行くと、チョコレートとカプチーノだったわねと朝食ルームの人の方から言ってくれます。このホテルは、朝食メニューに珍しく魚があるのですが、ニシンの燻製のマリネだけだったのが、酢漬けの生のニシンで野菜を巻いたものが増えています。さっそく食べてみますがなかなか美味しいですよ。

またまた暖かくして出かけます。地下鉄を乗り継いで、ムゼウムシュクヴァルティアーMuseumsquartierに行きます。ムゼウムシュクヴァルティアーの地下鉄駅ではお洒落なオブジェがお出迎えです。


4GKYIpLXePb582.jpg



地下鉄の駅から地上に出ると、秋の落ち葉が目立つ緑地帯の先に美術史美術館Kunsthistorisches Museum Wienが見えます。ムゼウムシュクヴァルティアーはちょうど昨日行った美術史美術館の裏手になります。連日同じようなところにお出かけです。


ZTiDnunWI78458.jpg



ムゼウムシュクヴァルティアーはいつもは横っちょから入るので、今日は正々堂々と正面から入ってみましょう。


H7NT_ueB5Kefae.jpg



後ろを振り返ると、美術史美術館の前に建つマリア・テレジア像が裏から見え、その向こうにリンク通りRingstraße越しにホーフブルグHofburg(王宮)が見えます。


1XIDBF8LnJ1cf8.jpg



入り口を入った右手にチケット売り場があります。ここでチケットを買うのも初めてです。このムゼウムシュクヴァルティアーには複数の美術館がありますが、いつも行くのはレオポルド美術館。今日もレオポルド美術館の単券を購入。敷地内に入ると、いくつもの美術館の建物が並んでいます。


vYStzCDAvf94d2.jpg



左手に見えるレオポルド美術館に向かいます。


OkiQo1yCxQ3637.jpg



美術館に入って館内マップをゲット。4階と地下1階がお目当てのシーレやクリムトの展示スペースです。まずはエレベーターで4階に上がります。4階は「ウィーン1900年レオポルド・コレクション」という常設展示です。クリムト、シーレ、ココシュカ、ゲルストルが展示されています。


fB3Qde_oqK7c43.jpg



まずはクリムトの作品を見ていきます。

ウィーン大学大講堂の天井画として描かれた三部作の一つである「医学」です。ただし、この作品は1945年、インメンドルフ城で焼失しました。ここにあるのは白黒で復元されたものです。絵の下に描かれている女性は医学の保護女神ヒュゲエイアです。


2peEO4cYG34da4.jpg



「アッター湖」です。クリムトの風景画は正方形の画面が特徴です。アッター湖はザルツカンマーグートにある湖で、クリムトの夏の別荘がありました。マーラーもしばしば訪れていました。一度は行ってみたい湖です。


LmkP43ojedc80e.jpg



「迫り来る嵐(大きなポプラ)」です。これも正方形。


P_jFKbOXddbc03.jpg



「盲目の男」です。この手のクリムトの絵は珍しいですが、人間の内面までよく描かれています。


it9jTI8i89b0b4.jpg



「死と人生」です。クリムトの大作です。この美術館の目玉ですね。


4oL29rMOjycc4d.jpg



これら以外にも、まだまだクリムトの作品はありましたが、以上が主要な作品です。

4階の窓からの展望もよく、これはムゼウムシュクヴァルティアーの屋根越しに美術史美術館を望んだものです。


EB1nXKam2S8dc6.jpg



ムゼウムシュクヴァルティアーのメインの建物です。屋上にオープンテラスのカフェも見えています。


3KGVy5PdAF6731.jpg



ムゼウムシュクヴァルティアーの中庭です。正面奥のグレーの建物は近代美術館ルードヴィヒ・コレクション・ウィーン(MUMOK)です。中庭自体も展示スペースになっています。


eHAjo6GWBUf409.jpg



この後は一番の目的であるシーレの珠玉の作品群を鑑賞します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR