FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:レオポルド美術館、次は本命シーレ三昧、そして、ココシュカも

2011年10月27日木曜日@ウィーン/2回目

レオポルド美術館Leopold Museumでクリムトの次はいよいよ本命のシーレの作品を見ましょう。レオポルド博士が生涯をかけて収集したシーレの名作が綺羅星のごとく並んでいます。もちろん、1週間ほど前に行ったチェスキー・クルムロフČeský Krumlovを描いた作品もあります。配偶者はこんなにシーレがたくさんあるのだから、2,3枚チェスキー・クルムロフの街にあげればいいのにねって呑気なこと言ってますが、一体どれだけの価格の絵なのか分かっているんでしょうか。

「装飾的背景に置かれた様式的化された花」です。シーレ18歳の初期の作品です。


OTiYBUj7086f04.jpg



「こけらぶきの家」です。シーレ25歳の後期の作品です。


aclJ_QTTR6f82a.jpg



「母と子」です。22歳の作品です。


3JnGyEtwFR83d7.jpg



「弓形の家々」です。25歳の作品で、チェスキー・クルムロフを描いたものです。


P_v63QYhtM11eb.jpg



「ヴルタヴァ川に面したクルマウ(チェスキー・クルムロフ)」です。23~4歳頃の作品です。クルマウ(Krumau)というのはチェスキー・クルムロフČeský Krumlov (チェコ語)のドイツ語での表記です。


zpeMNjq6Ui5ae5.jpg



「うずくまる2人の女」です。28歳、最晩年の作品です。モデルは愛妻のエディットですね。最晩年の作品はどれをとっても傑作揃いです。


Q7ameJRI372633.jpg



「3人の裸の女」です。晩年の作品と思われます。この作品もモデル(中央)は妻のエディットですね。


olrFco7RiOc24b.jpg



「小さな町」です。22~3歳頃の作品です。この作品もチェスキー・クルムロフを描いたものですね。


vwMBRjKPa9d614.jpg



「クロイツベルクから見たドナウ川沿いのスタイン(大)」です。23歳頃の作品です。同一題材で何枚かの作品があります。余程、シーレが気に入った風景だったのでしょう。


WwGoecZGSu754b.jpg



「愛しあう二人」です。最晩年、28歳の作品です。この作品はシーレ自身と妻のエディットを描いたものですね。こんな幸せそうな二人に突然の死が迫っており、とても悲しい気持ちにさせられる作品です。ベルヴェデーレ宮殿にある最高傑作「家族」と共通するものがあります。


TeHbHAiuvx1e54.jpg



この4階に展示されているシーレの主要な作品は以上です。残りは地下1階の特別展に展示されています。
4階のほかの作家の作品も見ておきましょう。

ゲルストルの「半裸の自画像」です。


s8DAw37Xi4d473.jpg



ココシュカのポスター「自画像」です。破壊的な作品ですね。


LrcInBfxhH3193.jpg



ココシュカの「トレクロッチ峠-ドロミテの風景」です。イタリアのアルプスに当時の恋人アルマ・マーラーと旅したときの作品です。この翌年には彼らは破局を迎え、感動的な傑作「風の花嫁」が生まれます。saraiもわざわざ、その作品を求めて、スイスのバーゼルまで旅をしました。そのときの感動の記事もアップ予定です。


E_EssupdGw7221.jpg



傑作「風の花嫁」のベースとなった作品がここにあったことは知りませんでした。実に迂闊です。この明るい風景が一転して、愛の破局から嵐になり、「風の花嫁」に変容したんですね。感慨深い作品です。アルマ・マーラーという女性は芸術家たちに創造の力を与えた希有な人だったんですね。作曲家マーラーも妻アルマへの愛によって、美しい作品(交響曲第5番とか)も生み出し、そして、アルマとの愛の喪失へのおそれから、晩年の名作群を生み出しました(saraiの妄想もはいっている・・・)。

4階の展示も堪能し、ほとんどの絵も写真に収めて満足し、saraiはいきなり地下1階の展示に行こうとすると配偶者から待ったがかかります。折角だから、この美術館も全部ざっとでいいから周ろうという提案。分かりました、3階から順に見て回ります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR