FC2ブログ
 
  

欧州鉄道周遊の旅(企画・準備編):パリ、プロヴァンス、ウィーン、ミュンヘンの旅程は?

ここ数日、4月の旅の旅程(鉄道の移動が中心)を組み立てており、SNCF(フランス国鉄)、DB(ドイツ国鉄)、EURAIL(ユーレイル)のサイトとにらめっこしています。

ロワール古城巡りプランですら1日以上かかったので、パリからプロヴァンスを経て、北イタリアを通過してのウィーンまでの移動プラン、ウィーンからミュンヘンへ移動した後のミュンヘン周辺の見物とニュルンベルグからロマンチック街道にかけての移動と最終地点のフランクフルト空港までの移動というヨーロッパ大移動プラン作りは流石に消耗しました。いや、もちろん楽しみではあるんですが・・・。

まず、パリからプロヴァンスのアヴィニョンまではTGVを使うしかないのでこれは問題なし。ただ、TGVはユーレイルパスで利用するためには安全のため、国内代理店で事前予約の必要があり、チケット1枚あたり予約料1200円と手数料1500円(これはまとめて予約すればぽっきり)で高価なので悩ましいです。パスを使わなくても割引チケットを早めにネットで購入すれば、40ユーロ/1人なのでこれも選択肢にはいります。

アヴィニョンには2泊します。アヴィニョンからはアルルにも往復しますが、これは鉄道で20分(急行)と近いのでこれも問題ありません。1時間以上かかりますがバス路線もあるのでこれも長閑でいいかもしれませんね。余裕があれば、行きは鉄道で帰りはバスでもいいかもしれません。

次はセザンヌゆかりのエクス・アン・プロヴァンスにも足を延ばしたいのですが、アヴィニョンからは在来線では直接行けず、TGV利用となるので少し面倒です。いっそのこと、アヴィニョンからまずマルセイユに行き(在来線でもTGVでも可)、そこから在来線またはTGVでエクス・アン・プロヴァンスに行くことを考えました。もちろん、TGVでエクス・アン・プロヴァンス経由でマルセイユに行ってもいいのですがTGV予約が少し面倒です。時間的な柔軟性にも欠けますね。

マルセイユに1泊した後、次は一気にコートダジュールを抜けて、イタリアのジェノヴァに向かいます。途中、ルノワールの家のあるカーニュ・シュル・メールで下車しようか、ニースで思い出のソッカでも食べようかとも思いましたが、この区間は意外に時間がかかり、それらは断念です。TGV地中海線を使っても8時間も移動にかかります。

で、ジェノヴァで1泊後、ジェノヴァから一気にアルプスを越えて、オーストリアのインスブルックまで鉄道で移動することを考えましたが乗り換えも多いし、1日中電車に乗りっぱなしになりそうで嫌気がさし、方針転換することを考えました。
ここからは格安航空を使って時間短縮を図り、余った時間を街散策にあてるというものです。

まだ、格安航空会社の便を利用したことがないので、ネットで調査開始。
ジェノヴァからは良さそうな便はありません。また、インスブルックも同様です。ところがミラノ~ウィーンはエアーベルリンとかの格安の空の便があり、1人5000円で1時間半の旅です。
ただ、それだと途中のアルプス越えとかインスブルック見物とかもできませんので、悩みどころです。初の格安航空の利用にかなり、気持ちが傾きましたが、配偶者から新たなアイディアが出てきました。
それはパリからアヴィニョンまでの移動を予定を早めて前夜にすることで旅程を1日縮めて、その分、ジェノヴァとインスブルックの間で1泊するというものです。当初、ボローニャで以前訪れた美味しい海鮮レストランに行くことも検討していたので、ボローニャでの宿泊を検討しましたが既にボローニャには行っているので新味に乏しくイマイチ魅力に欠けます。
で、急遽浮上したのがパルマです。パルミジャーノ・レッジャーノはsaraiの好物ですし、生ハムも名物ですね。食い気だけでなく、コレッジョの名作絵画も見られます。
結局、パルマの魅力に負けて、格安航空は見送り、従来路線の鉄道での移動にしました。

パルマに1泊した後はボローニャ経由かヴェローナ経由でインスブルックに鉄道で移動します。インスブルックに1泊し、少し見物した後はオーストリア国鉄の特急電車レールジェットでウィーンに4時間ほどで移動します。

ウィーンにしばらく滞在し、音楽を楽しんだ後、今度はミュンヘンに鉄道で移動します。これもオーストリア国鉄の特急電車レールジェットで4時間ほどで移動します。ミュンヘンにも少し滞在し、音楽を楽しみます。

ミュンヘンでは先日ご紹介した青騎士の跡を尋ねて、コッヘルのフランツ・マルク美術館と青騎士誕生のきっかけになった記念の地のムルナウでミュンターハウスでカンディンスキーを偲びます。コッヘルはミュンヘンからは鉄道で1時間ほどで行け、コッヘルとムルナウの間はバスで30分ほどです。バイエルン州はバイエルンチケットという格安チケットがあるのでこれが利用できます。2人で一般電車の2等が乗り放題で27ユーロです。このチケットを活用して、そのままミュンヘンからニュルンベルグまで移動し、ニュルンベルグで1泊です。

ニュルンベルグを見物し、ローテンブルグに移動します。1時間半ほどです。ローテンブルグを見物し、ヴュルツブルグへ移動し、そこで1泊。ここはsaraiの一番好きなワインのフランケンの本場。じっくりワインを楽しみます。この日の移動も格安のバイエルンチケットが利用できます。

ヴュルツブルグの世界遺産を見物し、夕方の電車でいよいよ旅の最終ポイントのフランクフルト空港に移動し、夜の便で成田に向かうことになります。

以上、ようやく、旅程が固まりました。必要な鉄道の予約やホテルの予約変更をやれば大筋は完了です。

そうそう、ユーレイルパスですが4カ国(フランス、イタリア、オーストリア、ドイツ)または3カ国(フランス、イタリア、オーストリア)の6日間セレクトパスをeurail.comから購入する予定です。現在キャンペーンでプラス1日無料追加してくれます。7日間の利用が可能になります。

後は肝心のコンサート・オペラのチケット確保です。予定の8回のうち、4回は確保済です。残りはハラハラです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR