FC2ブログ
 
  

欧州鉄道周遊の旅(企画・準備編):パリ、プロヴァンス、ウィーン、ミュンヘン~ホテル予約

今度の4月の旅は今までになく長く3週間を超える旅になります。
で、ホテルの宿泊日数も多く、ホテル費用もばかにならない金額になります。

今回は配偶者からのお達しで、1泊2人で120ユーロ程度(1万5千円)目標で、それ以下の宿泊料なら、なお宜しいということです。できれば100ユーロ以下にせよという追加のお言葉もありました。
まあ、それでも全部で20泊ですから、この目標が達成できてもホテル代だけで何と30万円になります。恐ろしい金額です。

昔は5つ星の超高級ホテルに泊まったことがあるのが夢のようです。何といっても今はリタイアした年金生活者ですから贅沢は言えませんし、なるべく旅行費用を安く抑えて次の旅行に備える必要もあります。

また、ホテル選択の条件として、無料の無線LAN(または有線LAN)が客室内で使えネットに接続できることと長旅ですからバスタブのある部屋であることを目標とします。
もちろん、立地条件がよいことも肝心です。1泊の日は駅近くがベストです。
あと朝食込みも重要な条件ですね。

さて、今度の旅の宿泊地と宿泊数は以下のとおりです。

 1.パリ 3泊
 2.アヴィニョン 2泊
 3.マルセイユ 1泊
 4.ジェノヴァ 1泊
 5.パルマ 1泊
 6.インスブルック 1泊
 7.ウィーン 6泊
 8.ミュンヘン 3泊
 9.ニュルンベルグ 1泊
 10.ヴュルツブルグ 1泊

まず、パリですがパリは比較的ホテルが安いのでオペラ座の近くで探し、オペラ座から歩いて10分程度のメトロのノートルダム・ド・ロレット駅にも近いホテルを確保しました。

 ヴィラ オペラ ラマルティーヌ(Villa Opéra Lamartine)


次のアヴィニョンですが、TGVの駅近くとも思いましたが、そこらあたりは何もなく、旧市街地も遠くて不便なので、旧市街地にあるホテルを選択しました。アヴィニョンの中心部、法王庁宮殿まで約50mの好立地です。

 ホテル ドゥ オルロージュ(Hôtel de l'Horloge)

次はマルセイユです。ここも駅近くのホテルとも思いましたが、やはりマルセイユといえば港。旧港地区からノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院の景色を望めるホテルにしました。

 ホテル ベル ビュ(Hôtel Belle-Vue)


次はジェノヴァです。ここは国際列車の発着駅プリンチペ駅と旧市街が離れているので、仕方なく旧市街の中心ガリバルディ通り近くのホテルにしました。

 ベストウエスタン ホテル メトロポリ(Best Western Hotel Metropoli)

次はパルマです。ここは駅と市街地が近く、駅とドゥオーモの中間くらいの駅から歩いて5分ほどのところにある家族経営の小さいホテルにしました。

 サボイ ホテル(Savoy Hotel)

次はインスブルックです。こことウィーンはオーストリアの旅行代理店にリーズナブルな料金のホテルを紹介してもらいました。
ここのホテルは旧市街にも近く、イン川沿いでケーブルカー乗り場がすぐそこにある観光に便利な立地です。

 オーストリア トレンド ホテル コングレス インスブルック(AUSTRIA TREND HOTEL CONGRESS INNSBRUCK)


次は長逗留するウィーンです。リンク通りの外ですが、地下鉄駅Keplerplatz(ラインU1)に近く、交通の便はよさそうです。

 オーストリア トレンド ホテル ファボリタ(AUSTRIA TREND HOTEL FAVORITA)

次はミュンヘンです。昨年は中央駅からも近いホテルにしましたが今回は旧市街のど真ん中で多分、バイエルン国立歌劇場に一番近いと思われるホテルにしました。

 ホテル ファルケンツルム(Hotel Falkenturm)
 
次はニュルンベルグです。ここは駅が旧市街の城壁のすぐ近くなので、駅から徒歩5分の旧市街にはいって少しのところにあるホテルにしました。広い部屋にすれば、居室内にバスタブがあるようですが節約して普通の部屋を予約しました。このホテルは4つ星のデザインホテルです。

 ホテル ドライ ラーベン(Hotel Drei Raben)

最後はヴュルツブルグです。中央駅からは少し歩きますが、ヴュルツブルク旧市街の中心部、マイン川のすぐそばのホテルです。フランケンワインのレストランも近くにあるようです。

 ホテル レジデンス(Hotel Residence)
 
これでホテルはすべて予約できました。
結果として、全ホテルの平均宿泊料はジャジャーン!!
 97.3ユーロ
となりました。
見事に追加目標までクリアできました。
一番高いホテルでも129ユーロで、一番安いホテルは84ユーロです。
もちろん、すべて朝食込みで無料インターネットアクセス可能です。
バスタブは行ってみないと分かりませんがとりあえずリクエストだけはしておきました。

これで今度の旅はかなり固まりました。あとはじっくりと準備を進めていきます。健康維持も大切なので毎日、配偶者とWIIに励んでいる毎日です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, Feriさん 2011/01/10 17:02
saraiさま、ご無沙汰しております。

今年もよろしくお願いいたします。

さて、4月にいらっしゃると伺っておりましたが、今回は、色々なところをお回りになるようですね。
お二人だと比較的宿泊料金を安く上げることが可能なので、うらやましい限りです。
余談ですが、意外と安いホテルの方が無線LANを無料で使えるようです(とくにウィーンでは)。また、ウィーンの場合、カフェで無線LANが無料で使えるところも増えているので助かります。
ところで、4月はウィーンで「アンナ・ボレーナ」はご覧になりますか? 私は手も足も出ません(^^;)

2, saraiさん 2011/01/10 21:40
Feriさん、こちらこそご無沙汰しています。
コメントありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

さて、4月にウィーンにいらっしゃるのなら、一度お会いしたいものですね。
「アンナ・ボレーナ」ですが、手を尽くしてみましたが、手も足もどころか、グーの音も出ない状況です。困ったものです。
バイエルン国立歌劇場のグルべローヴァの「ノルマ」は何とかしたいと思っています。Feriさんも行けれますか?
関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR