fc2ブログ
 
  

ロワール古城巡り:ダ・ヴィンチのお墓に合掌

2011年3月31日木曜日@パリ~ロワール地方/9回目

さて、アンボワーズ城Château d'Amboiseの庭園巡りは続きます。

次はいよいよダ・ヴィンチのお墓があるサン=テュベール礼拝堂La Chapelle Saint=Hubertです。フランボワイアン・ゴシック様式の建物です。


1kMDBAh8Cv3c25.jpg



入ってみると、ステンドグラスの美しいかわいい礼拝堂です。


zLBS3_PYwJ3456.jpg



礼拝堂の左側はダ・ヴィンチのための礼拝堂になっています。


0dIQr0jcuJd9e3.jpg



ステンドグラスも美しいですね。


fkaaAZOACw163f.jpg



ダ・ヴィンチの棺が埋められた床の上には絵筆が1本手向けられています。合掌・・・


vwrMgA5Viw706b.jpg



ダ・ヴィンチは先程行ったクロ・リュセの館Château du Clos Lucéで1519年5月2日、67歳で生涯を終えました。彼の遺志により、このアンボワーズ城に葬られたそうです。
この日のテーマはダ・ヴィンチですから、もう少し彼にこだわってみます。庭園に戻り、クロ・リュセの館が見えるほうに向かいます。庭園のクロ・リュセの館寄りの端のほうまで移動。もうアンボワーズ城も遠く離れました。


o3YapEsSKT3350.jpg



このあたりからは、クロ・リュセが遠くに見えます。あんなに離れたところまでトンネルが掘られているとは信じられないくらいです。かなりズームアップしてカメラを向けます。正面に見えている赤い建物がクロ・リュセの館です。


J6nGuo5f33417e.jpg



庭園の端近くまで歩いてきたので、いっそのこと、庭園の外まで行ってみましょう。アンボワーズ城はますます離れます。


4kHE0Y9C_Ue269.jpg



庭園の外に出るライオンの門までやって来ます。


CRdU9xZhpl416e.jpg



いったんここから外に出てまわりの様子を見ますが、特に何もありません。隣の区画への小さな橋があるくらい。で、またお城のほうに歩きます。


gnwrvuqDgQc701.jpg



この気持ちの良い広々とした庭で、日本人の家族を見かけます。パリに赴任していた若いご夫妻とお子さん2人の家族が、もうすぐ日本に帰られるということで、お母さんをパリにご招待したとのことです。ここで見かけた唯一の日本のかたです。
さて、出口に向かいます。今度は石畳の坂道を下りていきます。


1NxU2KgbWA9331.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011060301.jpg



出口です。


6ECSEJMSbm7250.jpg



アンボワーズ城は期待以上に美しいお城と庭園です。それにダ・ヴィンチのお墓参りもできて、大満足です。それにランチも安くて美味しかったし、とてもいい気分になりました。

次は、3番目のシュノンソー城Château de Chenonceauに向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR