FC2ブログ
 
  

ロワール古城巡り:続.シュノンソー城

2011年3月31日木曜日@パリ~ロワール地方/12回目

シュノンソー城Château de Chenonceauの美しい橋上のギャラリーを楽しんだ後、次は地下に下りてみます。

そこは厨房になっています。


OveZuk7E_g6a9e.jpg



壁には銅製と思われるぴかぴかの鍋がかけられていますが、いつの時代のものか分かりません。


AvJ9ghKoRM4d32.jpg



また、包丁なども壁を飾っています。とにかくこのお城は整備が素晴らしいです。


cBaWZNYF4bd28a.jpg



この厨房は地下にあると書きましたが、実際はシェール川Le Cherの川床に建てられた2つの橋脚が形成する大きな土台の上にあり、窓からはその様子が窺い知れます。


u92WblRKyq1037.jpg



再び1階のホールに戻り、フランソワ1世の居室に入ります。このシュノンソー城はフランソワ1世(アンリ2世の父)のときに国庫に収められ、国王のものになりました。国王にお城を献上したのは最初に城を建てたトマ・ボイエの息子です。この部屋には豪華な16世紀のイタリア製のキャビネットがあります。このキャビネットはフランソワ2世(アンリ2世と王妃カトリーヌの息子)とメアリー・ステュアートの結婚のお祝いに贈られたものです。メアリー・ステュアートというのは、もちろんスコットランド女王のメアリーのことで、後にエリザベス女王にロンドン塔に幽閉され、打ち首になる悲劇のヒロイン。ドニゼッティの名作オペラ《マリア・ストゥアルダ》は彼女がヒロインです。


pzVOX37IrZf1b4.jpg



次は2階に上がります。階段は由緒あるもののようです。イタリアからの影響を受けたものです。写真は2階に上がってから、階段を振り返ったところです。扉は16世紀のオーク材のものです。


Op0OMa2hKPcb4b.jpg



2階の窓からはお城の前庭とマルク家の塔La tour des Marquesが見えています。


f2YZy9Grq76858.jpg



2階では《5人の王妃の居室》を見ることができます。これは、カトリーヌ・ド・メディシスの二人の娘と三人の息子たちの嫁を記念して名付けられたそうですが、天蓋付きのベッドはなぜかひとつだけ。


V7iOtpP77X8eed.jpg



続く部屋はカトリーヌ・ド・メディシスの寝室です。ベッドの右側の壁に掛かっている絵は、コレッジョの《愛の教え》で木に描かれています。saraiの今回の旅では、この後イタリアのパルマも訪れますが、パルマではコレッジョの名画を見るのも楽しみのひとつです。これはその先駆けですね。


uqeLog9Mlx51ec.jpg



次の部屋はヴァンドーム公セザールの寝室です。彼もシュノンソー城の城主の一人でしたね。


LGq9HvkLCu0d9f.jpg



2階の最後の部屋は、アンリ4世の愛妾ガブリエル・デストレの寝室です。この二人の間に生まれた子供が、先程のヴァンドーム公です。


IKIrO0adBg8add.jpg



再び1階に下りて、最後の部屋、ルイ14世のサロンにはいります。美しいルネサンスの暖炉にはサラマンダー(火とかげ)とストート(オコジョ)の紋章が刻まれていますが、これはフランソワ1世とクロード王妃を表しているそうです。


itMMl5dJ0Rcf86.jpg



そして、この暖炉の横には、ルイ14世の肖像画が飾ってあります。ルイ14世がシュノンソー城を訪れた記念に叔父のヴァンドーム公に贈ったものです。


zxXv71ZLCC9364.jpg



これでシュノンソー城の内部を見終わり、出口に向かいます。


zZNdRuRjTYc9f2.jpg



次は庭園を見てみましょう。庭園に向かうときにシェール川にかかるお城のギャラリー部分が見えます。美しいですね。


kHikAVeiSz341a.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR