FC2ブログ
 
  

ルーブル美術館見て歩き:一路モナリザへ・・・でも、その前に

2011年4月1日金曜日@パリ/2回目

やっとルーブル美術館Musée du Louvreの敷地に足を踏み入れます。目の前に巨大なルーブル美術館の建物が広がっています。


6BgzCNm2qPd147.jpg



ようやく凱旋門です。このカルーゼル凱旋門Arc de Triomphe du Carrouselはもともとはチュイルリー公園の門として作られたそうです。有名なシャンゼリゼ通りの凱旋門Étoile(エトワール凱旋門)の半分くらいの大きさですが、これもなかなか立派です。


wximq6D2Eycd65.jpg



凱旋門の上には、平和を象徴する女神がチャリオットに乗っていて、その両脇に金メッキされた勝利の女神が馬を牽いて立っています。もともとはナポレオンがヴェネチアのサンマルコ寺院から持ち帰った馬だったそうですが、ナポレオン失脚後にヴェネチアに返却したそうです。もっとも、そのサンマルコの馬ももともとはコンスタンチノープルの競馬場から奪い取ったものだそうです。歴史って面白いですね。現在のものは、サンマルコの馬を返却後に新たに作ったものです。


dEh1enSkbo2b79.jpg



さて、凱旋門をくぐって進みましょう。向こうには、ガラスのピラミッドPyramide du Louvreが見えています。


EtKnYRtS_ke355.jpg



ようやく、ガラスのピラミッドの広場の前まで来ました。これがルーブル美術館の全景といいたいところですが、これは一部ですね。


mcHBF2hBfGd9bf.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011062701.jpg



ピラミッドに入ろうとすると人の行列ができています。


RUB1AMHJ7Ycf85.jpg



こんなこともあろうかとあらかじめ、カルト・ミュゼ(美術館のフリーパス券)を購入しておいたんです。


5RGFHTl14Xedd3.jpg



で、係の人にカルト・ミュゼを見せて通してもらおうとすると、なんと行列の後ろにつけとの指示です。不審に思いながらも仕方なく行列に加わり、そのまま列の先頭の方に進むと、この列はルーブル美術館の入館者のセキュリティチェックであることが分かりました。それは仕方ないですね。
このセキュリティチェックを抜けて入館口のある地下に下りると、チケット売り場には人がそんなに並んでいません。混雑を予想して、パリ到着後空港でカルト・ミュゼを買っておきましたが、あまり意味はなかったようです。
さて、いよいよ日本語の館内案内のパンフレットをもらい入館です。


OyggZZzyrG7b28.jpg



今日はダ・ヴィンチの絵を見るのがメインテーマなので、ともかくモナリザの案内指示に従って、館内をひたすら進みます。途中にはミロのビーナスもある筈なので見ていこうとしますが、見つからず断念。2階に上がり、一路モナリザに向かいます。が、その途中で19世紀のフランス絵画の回廊を通りますが、名作が目白押しで目を奪われ、足が止まります。

ジェリコーの「メデューズ号の筏」です。実物大の絵画なので巨大な絵です。


DY_vetEXI6767d.jpg



続いて、ドラクロワの「サルダナパールの死」です。これも大きくて迫力があります。


EqVjjs_TfC243b.jpg



同じドラクロワの一番の代表作「民衆を導く自由の女神」です。超有名ですね。


OtrLP2PFYbb5a2.jpg



もっとも、これらはsaraiはそんなに好きなわけじゃないので、ちらちら見ながら素通り状態です。もったいないかな。
回廊と回廊がつながっているところは大きなドームになっており、素晴らしい天井です。ルーブル美術館は建物も凄いですね。


fKNEIJi4XP7aa0.jpg



いよいよモナリザが近付いてきます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR