FC2ブログ
 
  

ルーブル美術館見て歩き:シャンゼリゼでプリウス発見!そして、ムール貝のランチ

2011年4月1日金曜日@パリ/7回目

ルーブル美術館での美術鑑賞は本当に疲れました。美味しいランチを食べて元気回復を図りましょう。

メトロに乗って、あっと言う間にシャンゼリゼ通りAvenue des Champs-Élyséesに着きます。シャンゼリゼ通りは本当に久しぶりです。やはり人通りが多いですね。


sX_m3TydKg469e.jpg



カフェテラスの前は歩道が狭くなっているので、人と行き交うのも混み合って大変です。


_nHJN9NBjGaafe.jpg



と、ここで意外なものを発見!
トヨタのショールームです。世界のシャンゼリゼに進出していたんですね。ちょっと、覗いてみましょう。
かっこいいコンセプトカーと思しきものが展示されています。


2011070221.jpg



そして、我が愛車プリウスももちろん展示されています。


2011070222.jpg



未来志向のような車も展示してあります。


2011070223.jpg



店内のテーブルに、自動車の紙の組み立て模型と塗り絵が置いてあるので、孫へのお土産にいただきましょう。

ようやく、シャンゼリゼ通りの中程にあるレストランに到着です。レオン(Leon de Bruxelles)というムール貝のレストランです。お店の名前からも分かるように、ベルギー名物のムール貝料理の店です。


2011070224.jpg



お店の間口は狭いのですが、とても奥行きがあって店内は広く、予約なしでもすぐにテーブルに案内してもらえます。まわりのお客さんはみんな、もりもりとムール貝を山ほど食べています。


2011070225.jpg



sarai達も、負けじとムール貝の山盛りを注文します。
が、その前に飲み物ってことで、アルザスの白ワイン(もちろん、リースリンク)をいただきます。とても美味しいワインです。


2011070226.jpg



で、いよいよムール貝の料理が届きます。
配偶者はムール貝だけです。これは19.7ユーロ。


2011070227.jpg



saraiはさらに海鮮もプラスしたものです。これは22ユーロ。


2011070228.jpg



ムール貝だけのレストランですが、そのムール貝はさすがに美味しいです。山盛りのムール貝を、あっと言う間に完食です。


2011070229.jpg



いやあ、満足!満足!
お店を出ると、シャンゼリゼ通りの向こうに凱旋門が見えます。今日は凱旋門に上る予定でしたが、ルーブル鑑賞でかなり疲れたので、この予定はキャンセル。


2011070230.jpg



メトロに乗って、いったんホテルに戻り、休養して、今夜のオペラに備えます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, yueさん 2011/07/03 16:56
はじめまして。
山盛りのムール貝を見て、以前パリを旅したときのことを思い出し、コメントさせていただきました。
日本だとムール貝を頼んでもちょこっとだけで、なかなかガッツリいただけないんですよね。
パンやフライドポテトに煮汁をつけてもとても美味しかったと記憶しています。

2, saraiさん 2011/07/03 22:59
yueさん、初めまして、saraiです。

何故かヨーロッパのムール貝美味しいんですよね。それに安い。で、山盛りを食べることになります。煮汁も完食ですから、パンにつける分は残りませんでした。

HP覗かせてもらいました。ウィーンのページなんですね。saraiもウィーン大好き人間ですから、今後ともよろしく。今年も4月に続いて、10月にウィーンにオペラ・コンサート聴きに行きます。目玉はプレートル指揮ウィーン・フィル@楽友協会です。

3, yueさん 2011/07/04 18:04
わあ!羨ましいです。
プレートル指揮のウィーン・フィル!
ウィーン・フィルはまだ聴く機会がなくて、いつかはと思っています。
プレートルさんは笑顔がとても素敵な方ですよね。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

4, saraiさん 2011/07/04 19:02
プレートル指揮のウィーン・フィル、昨年の来日公演で聴いて、感動しました。是非、本場でプレートルさんがお元気なうちに聴こうと決意しました。といっても、チケットは一般発売されないので、大変入手困難で現地に着いてがっかりという事態も覚悟しています。ウィーンでVSOをプレートル指揮で聴かれたこと自体、素晴らしい経験でしたね。存命の指揮者では、プレートル、ハイティンクのお二人を一番尊敬しています。
再度のコメントありがとうございました。
関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR