FC2ブログ
 
  

アルルはゴッホの名画の舞台:古代劇場でローマを偲ぶ

2011年4月3日日曜日@アヴィニョン~アルル/2回目

さて、アルルArlesでまずはゴッホの「黄色い家」の跡を見ました。この「黄色い家」があったラマルティーヌ広場Place Lamartineから市内の中心に向かいましょう。

広場の一角にあるカヴァルリ門Porte de la Cavalerieの方に向かいます。


INpVVNGmh96702.jpg



カヴァルリ門からはカヴァルリ通りRue de la Cavalerieがのび、古めかしい建物も残っています。


FDmnHoQJhp27a3.jpg



この旧市街の通りを行くと、壁面に大きな絵の描かれた特徴のある建物で道は二手に分かれてます。


7T8B9foUZI7efe.jpg



どちらを進んでもその先はローマ時代の円形闘技場にぶつかるのですが、saraiは左手の道、ヴォルテール通りRue Voltaireを進みます。
道の途中には、小さなヴォルテール広場Place Voltaireにお洒落なオープンテラスのカフェがあります。まわりは歴史を感じさせる石造りの建物です。


2011072021.jpg



すぐに大きな円形闘技場Arènes d'Arlesが目に入ってきます。想像よりも大きな建物です。朝の青空に石造りの壁がよい対比を見せています。


2011072022.jpg



階段を上り、円形闘技場のまわりを歩いてみましょう。この円形闘技場は2万人収容のアリーナだったそうです。19世紀になって修復されたようですが、修復前には円形闘技場の中に民家があったそうです。
中に入りたい気持ちもありましたが、ローマのコロッセオやヴェローナのアレーナと大した違いはないだろうと勝手に決め込み、外側からしっかりと眺めて、お終いにします。


2011072023.jpg



次は、街の中心のレピュブリック広場Place de la Républiqueのほうに向かいます。
すると、古代劇場Théâtre Antique d'Arlesが見えてきます。


2011072024.jpg



古代劇場の前の塀の上には、藤の花が美しく咲いています。


2011072025.jpg



何となく古代劇場の雰囲気が気に入ったので、中に入ってみることにします。入場料は一人6ユーロです。観客席がとても立派です。紀元前1世紀末に造られ、当時は1万人もの観客を収容したそうです。現在の劇場はもちろん修復されたものでしょうね。


2011072026.jpg



反対側にまわって、観客席の最上部まで上ってみましょう。高いところには上りたくなるのは人間の本性ですね。


2011072027.jpg



舞台には大理石の柱や彫刻などがあったそうですが、今はほとんど失われています。ただ、2本の柱だけが残っていて、これは「二人の貴婦人」Les deux veuvesと呼ばれているそうです。
観客席から下りてみると、配偶者がちゃっかりと観客席に座り込んでいます。石段と青空を背景にモデルみたいでしょう?


2011072028.jpg



saraiも負けじと観客席に座って、ローマの文化を偲びます。
ここでずい分、のんびりした時間を過ごしてしまいます。プロヴァンスの空気が感じられて素晴らしいところです。

この古代劇場の裏は公園になっていて、古代劇場は公園の美しい彫刻の背景になっています。


2011072029.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011072001.jpg



さて、本来のゴッホの足跡を辿る散策に戻りましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR