FC2ブログ
 
  

インスブルックからのアルプスの眺め、そして一気にウィーンへ

インスブルックの朝です。昨夜のsaraiのネットで調べた情報によると、明け方から夕方まで雨とのこと。恐る恐るカーテンを開けると、雲は多いですが、雲の隙間から陽射しもあります。これから降り出すのでしょうか。ま、最悪ではなさそうですね。

天気のことも勘案し、まずクリスタルガラス製品で有名なスワロフスキーのテーマパークに行くことにしました。
スワロフスキーのテーマパーク・クリスタルワールドへは駅から直通のバスが出ています。
バスは、イン川に沿ってどんどんインスブルック郊外へと走ります。と、高速に乗りました。エ~、そんなに遠くまで行くの~。やがて30分ほど走って、クリスタルワールドに着きました。素晴らしい!インスブルックの郊外なので、建物といえば可愛い戸建てだけ。何も遮るものはなくアルプスの山並みが360度見渡せます。そして、天気予報は、見事に大外れして素晴らしい快晴です。気温も上がり、爽やかな風が吹いています。

早速、入場口に向かいます。クリスタルワールドは緑に覆われた低い丘の下に作られているので、地上には何も見えません。正確に言えば、入場口の横の丘の斜面に巨人の顔があり、口から水を吐き出しています。この丘全体が巨人を表しているそうです。その内部にクリスタルワールドの地下世界が広がっています。


StHCYr6rDw06d9.jpg



中に入ると、次々とクリスタルをテーマにしたホールが続き、よくこんなに作ったものだと驚かされます。特にクリスタルドームは周りがクリスタルカットの球体の内部にいる感じで次々と照明が変わり、異様な体験ができます。ここで世界的なソプラノ歌手ジェシー・ノーマンがコンサートを行った様子が大きなスクリーンで流されていました。いや、オペラ好きとしてはたまりませんね。歌っていたのもイギリスの古い作曲家ヘンリー・パーセルのオペラからのアリアで美しい曲です。ついつい聞き惚れてしまいました。

さて、クリスタルワールドの地下世界から地上に復帰し、また、まわりのアルプスの山並みに圧倒されます。帰りのバスの時間まで大分あるので、クリスタルワールドの地上部分に作られた公園を散策します。美しく花々も咲き、まわりのアルプスの山々とうまく溶け合った感じです。


zB23MQ0MeC67ed.jpg



一番丘の上にはちょっとした展望台があり、大型双眼鏡が2台設置されています。双眼鏡でも楽しめますが、なにはともあれ、見渡す限りアルプスとチロルの草原の眺めは素晴らしい限りです。クリスタルワールドもそれなりに楽しめますが、この景色を楽しむだけでも来てよかったというくらい、大満足しました。お天気も良く、気持のよいことこの上なしです。


pQfk4FQP2B151f.jpg



さて、そろそろバスの時間です。来たときとは一部別のルートで駅に着きました。今日乗る予定の電車レールジェットが発車する時間まで2時間ほどあるので、昨日見ていなかった市街地観光をしておきます。
歩いて街に向かいます。すぐにお目当ての凱旋門に到着。マリア・テレジアの息子の結婚を記念して建てられたものです。


aVJcZ0pJvK3aef.jpg



ここからはマリア・テレジア通りが昨日見た黄金の小屋根までまっすぐに続きます。昨日は遠くから見た聖アンナ記念柱を今日は間近に見て、すべての観光は終了です。この聖アンナ記念柱はスペイン継承戦争でハプスブルグがバイエルン軍を撃退したことを記念して建てられたものだそうです。1700年頃ですから、300年ほど前のものですね。
観光終了で小腹も空き、喉も乾いたので、カフェでもはいりましょう。ちょうど、近くにトラップ大佐(多分、サウンド・オブ・ミュージックのお父さん)の旧宅にオシャレなカフェがあるとのことでそこに向かいます。
このカフェは建物の中庭のようなところにオープンなテラス席があり、街の喧噪はシャットアウトし、静かで光に満ちた素晴らしいロケーションです。


49XNjnobUH4d23.jpg



カフェといっても、ここらあたりはかなり本格的な料理も出してくれます。配偶者のお好みのスープをまずいただきましょう。saraiはほかの人が白ワインを飲んでいるのを見て、堪らずリースリンクのグラスワインを注文。ついでに冷たいデザートもいただきましょう。そうこうするうちに駅に戻る時間になりました。
ここの駅はすべてのホームは上り下りのエスカレーター装備で荷物の移動が楽です。今回の旅で最も素晴らしい駅でした。ほぼ予定通りの時間にレールジェット(オーストリア国鉄自慢の新幹線みたいな特急電車)がホームに入ってきました。
インスブルック駅を出ると、ほぼ真北の方向にミュンヘンを目指して走ります。電車はいったんドイツ領にはいり、ミュンヘンに近いところでザルツブルグ方面の線路に合流。ザルツブルグに到着。駅の工事はかなり進んでいるようでした。さらにリンツを抜け、そろそろお腹も少し空いてきたので、食事でもお願いしましょう。列車の中の食堂とは思えないほど美味しいんですよ。これはファーストクラスの特権です。
ようやく、ウィーン西駅に到着。何度目のウィーンでしょう。我が街って言ったら言い過ぎですが、なんだか、とてもよく知っている街にきたようでほっとします。西駅も工事中でしたが、なにやらかなり工事が進んだようで、駅の中の移動が楽になりました。この駅からはUバーン(地下鉄)に乗って、ホテルに移動します。途中、1回の乗り換えがありますが、無事にホテルの最寄駅に到着。
チェックイン後、ネットは何とか繋がったので、さあ、今日はゆっくりと休み、明日からの8日連続、計9回のオペラ・コンサートに備えます。しばらくはウィーンに滞在します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR