FC2ブログ
 
  

ウィーンの日本チャリティコンサートに熱い思い・・・そして、グルメ

やっぱり・・・晴れてます!
でも、今日も冷たい風が強く吹いています。

今日は、saraiのウィーンのお友達のはっぱさんと2つのコンサートをご一緒するので、saraiはルンルンです。10時30分の待ち合わせなので、急いで身支度をして、ちゃっちゃと朝食を済ませて出かけます。
行き方はいろいろあるので、新しい物好きのsaraiとしては、利用したことのない路線を利用して移動します。待ち合わせ時間ぴったりに、フォルクスオーパーに到着。はっぱさんはまだのようです。

今日のチケットを取り換えるために列に並んでいると、はっぱさんが登場です。9か月ぶりの再会です。
と、これまたブログ仲間のFeriさんとも待ち合わせだっのですが、はっぱさんのお引き合わせで、初対面となりました。
皆がここで集合となったのは、このフォルクスオーパーで、日本支援のチャリティーコンサートがあるからです。

これはもちろん震災後に急きょ決まったコンサートでフォルクスオーパーに関係する歌手たちが一堂に集まったガラ・コンサートです。このコンサートの収益は日本赤十字に寄託されることになっています。日本人歌手でここで以前に活躍していたメゾソプラノの中嶋彰子さんも参加しています。最後は山田耕作の赤とんぼなども歌われ、全員起立しての《君が代》で幕を閉じました。収益金は600万円以上になったそうです(隣の席のウィーン在住の方に教えてもらいました)。日本人として、こういうコンサートを企画してくれた方々やコンサートに参加してくれた音楽家のみなさんやコンサートに来場し、チャリティに参加していただいた聴衆のみなさんの一人一人にありがとうを言いたい気持ちになりました。日本は全世界から復興を支援してもらっているのが現地でよく分かりました。1日も早い復興を力を合わせて成し遂げていきたいものですね。世界も暖かい目で見守ってくれています。

コンサート終了後は、ブログ仲間4人での楽しい食事会となりました。
Feriさんは帰国のため、慌ただしくさようならです。その後は、そのままお茶をしながらおしゃべりは続きます。

さぁ、本日2つ目のコンサートに移動しましょう。はっぱさんの車での移動なので楽ちんです。もちろん慣れた運転と、手慣れた駐車場探しで、無事コンサートホールに到着です。
このコンサートはもともとの予定。ウィーン楽友協会でのウィーン・トーンキュストラー管弦楽団の演奏会です。曲目はマーラーの交響曲第6番《悲劇的》です。この演奏会の記事は別稿にします。

コンサート終了後は、はっぱさんご推奨のグルメレストランに向かいます。ハンガリーとの国境近くまで、高速を利用しての1時間のドライブです。ウィーンの市街地を抜けると、小高い丘が延々と続きます。すべてブドウ畑。ブドウ畑の中に点々と桜の木あり、今まさに満開です。さらに進むと、どこまでもどこまでも真っ平らな大平原が広がります。一面美しい緑の大地です。うっとりと見とれてしまいすね。

と、ワイン蔵が立ち並ぶ村に到着。その中にさりげなくそのレストランはありました。元は古い農家だったそうですが、とってもオシャレなレストランにリノベーションされています。レストランの隣の建物の煙突の上に、コウノトリが巣を作っていました!
シェフは意外にもとっても若く、はっぱさんに親しげに挨拶にいらして、私達も紹介してもらいました。

食事は、6品のコースを選択。で、すべての料理にそれぞれ合うワインも選んでもらうことにしました。しかも、sarai&配偶者に別々にということで、なんと12 種のワインを楽しめるということになりました(はっぱさんは車の運転があるので我慢してもらいました。)。次々と出される料理は、実に洗練された素材の味を引き出した料理で、素晴らしいものでした。量も、6品を楽しみながら頂ける(満腹にならない)よう配慮されていて、最後まで本当に美味しく頂けました。どれほど美味しかったかを伝えられないのが残念です。メインの料理、ガチョウのソテーだけ紹介しておきましょう。


qyXfoLzhzOe2de.jpg



この料理に合わせていただいた赤ワインはこの2本でした。


krKQwpG20odbe0.jpg



鉄道でもバスでも行けないレストランではっぱさんのアテンドなしには絶対に行けなかったレストランでした。持つべきものは友ですね。
食事の後は、美しい星空を眺めながら、ホテルまで送っていただきました。はっぱさんに、充実した楽しい1日を感謝です。

明日もオペラ。一番楽しみにしていたウィーン国立歌劇場の《アンナ・ボレーナ》です。世界の歌姫で人気を2分するアンナ・ネトレプコとエリーナ・ガランチャの2人が出演する超豪華オペラです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR