FC2ブログ
 
  

鉄道でアルプス越え:パルマ~ボローニャ~ベローナ~

2011年4月7日木曜日@パルマ~インスブルック/2回目

パルマ駅Stazione di Parmaのホームにはかなりの人が待っています。昨日のように混み合うと大変です。sarai達は今日はユーレイルパスを利用するので1等車両に乗れるのですが、1等車両が連結されてるかどうかは分かりません。駅員に聞いても分からないとのこと。なんで? もし連結されていても、全体のどの位置かなんて、これまた入線するまでよく分からないんですよね。日本なんて停車位置からドアの数まで分かるのにねっ。
電車が入ってきます。オッ、1等車が付いてます。が、待っていた場所よりずっと前です。荷物を引っ張ってダッシュ! 広々と席を確保。やったね。

パルマParma発10時30分の各駅停車の列車で、乗換駅のボローニャBolognaまでは1時間ほどです。窓の外は春爛漫です。陽光が眩しい。ちょうど桜が満開です。真っ白な花をつけているのはリンゴでしょうか。新緑も美しい。畑の緑も濃さを増し、咲き始めた菜の花の黄色が鮮やかです。黒々とした大地ではトラクターが忙しそうです。最初の停車駅のレッジョ・エミーリア駅Stazione di Reggio Emiliaに到着。


a7zkXX6x6T5305.jpg



次の停車駅は懐かしいモデナ駅Stazione di Modenaです。以前この駅でマントヴァMantova行きの列車への乗り換えに失敗し、お蔭で短時間ですがモデナの街を散策したことが思い出されます。


bwiiyoSwKz3527.jpg



こんな風に車窓を楽しんでいると、すぐにボローニャ中央駅Bologna Centraleに定刻の11時28分に到着します。


hblmwMsaDVbbab.jpg


ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2011082301.jpg



またまたホームの移動が大変だなと思っていると、なんとホームの反対側に乗り換えのEC(ユーロシティ)が停まっています! このECは11時46分発です。余裕で乗り換え完了。後は、このまま列車に揺られてインスブルックInnsbruckまで行くのみです。ところで、ここからはもうDB(ドイツ国鉄)の列車です。ミュンヘンMünchen行の3か国(イタリア、オーストリア、ドイツ)にまたがる国際列車なんです。ドイツ国鉄ということで、席にはちゃんと時刻表や食堂車のメニューが置いてあります。ちなみに、イタリア国鉄は車内販売のみがありますが、フランス国鉄は全くその販売すらありません。

さて、いよいよ長時間の列車の旅です。旅便りでも書きながらのんびり行こうとパソコンを取り出します。期待して探すとコンセントもあります! コンセントを繋ぎ、寛いでいると自宅みたいですね。さすがにDBの列車は装備がいいです。

列車はヴェローナVeronaを目指してノンストップです。ヴェローナに着くころ・・・正面にアルプスが見えてきます。約1時間で、12時47分にヴェローナ・ポルタ・ヌオーヴォ駅Stazione di Verona Porta Nuovaに到着。


xU0TGqJGiL12db.jpg



ここで12分の停車。長い停車だなと思ったら、機関車の付け替えです。


ucWGuq7zw89b43.jpg



ところで、sarai達が乗車しているDBのECはこの列車です。写真の車両は食堂車です。


uXk92Y3hY417bf.jpg



ここで向きを変え、一気にアルプスを目指します。ワイン畑の向こうに雪をいただくアルプスが見えてきます。


uroJaxrOr44058.jpg



ヴェローナを出ると、おしぼりとスナック菓子が配られます。お隣のおばさんは、早速サーモンサラダをお願いしています。


YKGmZ77x7p376c.jpg



配偶者は美味しそうなスープが気になります。が、昨日ジェノバGenovaで購入したフォカッチャを食べるタイミングを外してしまい、まだカバンの中にあります。折角だから、それを少しつまみましょう。

景色は突然変わります。森の向こうに青い空を突き刺すように岩山が聳えます。


63rxMU4wK4412e.jpg



その山間を列車は走り、周りは延々とブドウ畑。いったい誰がこんなにワインを飲むのでしょう。


AjkOKCeGNU6d5f.jpg



遠かった岩山も今や近くに山肌がくっきりと見えます、


xRquiBiU8hb3f5.jpg



ヴェローナの次の停車駅ロベレトRoveretoに到着。ヴェローナから40分ほどです。アルプスも近くなってきます。


bElodSiXXI1818.jpg



この駅を出ると、またまたワイン畑とその向こうにアルプス。


1K9eoXtS6md2fe.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2011082302.jpg



だんだんと列車はアルプスに向かって近づいて行きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR