FC2ブログ
 
  

インスブルックはアルプスの街:イン川の眺め

2011年4月7日木曜日@パルマ~インスブルック/4回目

ブレンナー駅Bahnhof Brennerを過ぎると車窓の左側には美しい草原の斜面に可愛い家が点在します。まさにチロルTirolの風景です。配偶者ははしゃいでさかんにカメラのシャッターを切っています。

その1です。こういう草原って、あるんですね!


aP2dSpXQnI5c1a.jpg



その2です。針葉樹の生い茂る岩山の麓の斜面の村の教会が美しい!


G45ddnbT73c92b.jpg



その3です。草原の向こうには先程のブレンナー峠の雪山です。素晴らしい組み合わせですね!


FOdPrQivR0f260.jpg



その4です。美しい村の向こうには大パノラマ! インスブルックももうすぐです。


78jPdYQA0x06ab.jpg



定刻の16時32分にインスブルック中央駅Innsbruck Hbfに到着。時刻は夕方ですが、こちらのこの時間はまだまだ明るく昼下がりの感じです。

ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2011082501.jpg



インスブルック中央駅は新しく立派な駅です。


FdhuxEy71pf56d.jpg



早速、ホテルに向かいましょう。
ホテルは、駅から歩いて10分程の旧市街の観光地を通り過ぎた街の外れにあります。公共交通機関のトラムもそこまでは行っていません。というわけで、タクシーでホテルに向かいます。とはいえ、タクシー代は12ユーロほどですから安いですね。
駅のホームからはちゃんとエレベータで地下通路に下りることができ、地下通路から駅地下の広場に出られます。その広場に地下駐車場がつながっており、そこにタクシー乗り場があるという便利な構造です。で、楽々でタクシーに乗れます。

タクシーでホテルに着くと、街外れということで高い建物もなく、ホテルの先にはアルプスの山々が見渡せて素晴らしい景色が広がっています。


pjyU5z0VEW77ad.jpg



ホテルの場所を地図で確認しておきましょう。中央駅からは北のほうの街の外れの自然豊かな場所でイン川近くにあります。


2011082502.jpg



また、ホテルの向かいにはイン川Innが流れ、川のほとりは美しい公園になっていて散策するには最高です。これはポイントは高いですね。しかも、見晴らしがよいということで観光で賑わうゼーグルーベSeegrubeの展望台に行くノルトケッテン高速鉄道システムInnsbrucker Nordkettenbahnは、ホテルの直ぐ近くから出ています。旧市街の観光地へも歩いて10分ほどですから、駅前や旧市街地のホテルよりよいかもしれませんね。

インスブルックのこのホテルは『オーストリア トレンド ホテル コングレス インスブルック(AUSTRIA TREND HOTEL CONGRESS INNSBRUCK)』。
このホテルは、郊外に立てられた新しいホテルで、なかなか近代的なスマートな感じのホテルです。ここで1泊します。

レセプションです。


T8VRQe4b_r633e.jpg



レセプションの横には、小さいですがインスブルックのお土産も並べてあります。

ホテルの中央が吹き抜けになっていて、グルリとお部屋が取り巻いています。明るくて機能的な雰囲気がします。観光客というより、ビジネスマン的な人が多いような感じですね。荷物も自分で持って、部屋に移動します。

さて、お部屋は・・・素晴らしいです。広くて明るくて清潔感いっぱいです。


4RBN9VXj_d0ea3.jpg



ベッドもゆったりしています。

Zg69rC3VZXa39e.jpg



水周りも広々していて気持ちがいいです。もちろん、バスタブ付きです。


hvxVHbSi6vd371.jpg



そして、何よりも、窓からの景色が素晴らしい。もちろん、アルプスも見えますよ。


H0SyxqHy3k76bb.jpg



さて、ネットの接続はここも有線LAN接続です。レセプションのお姉さんにLANケーブルを渡されました。接続は問題なし。

明日の天気は下り坂とのことなので、今日の内に展望のよいところに行こうとそこそこに部屋をチェックして急いで出かけます。
街並みの先には、美しいアルプスが迫っています。


Z25zI8RTwx3f41.jpg



大きな公園の緑深い遊歩道を進みます。まったく、気持ちのよい街です。


CS1jOLkFSBe125.jpg



早くも近くにあるケーブルカー乗り場が見えてきます。コングレス(会議場)の手前に、地下駅へのモダンな作りの入口があります。


Qk3TeIzPr0f77c.jpg



地下駅に下りて、展望台へのチケット2枚お願いしますと元気よくチケット売り場のおばさんに言うと、彼女はとてもにこやかに今日の運転はつい先程終了しましたよって答えてくれます。5時までの運行だったんですね。とても残念ですがこれも運命、仕方ありません。人生そんなにうまくいくものじゃありませんね。明日、お天気がいいことを願いましょう。いったんホテルに戻り、作戦の練り直しです。
戻り道では気持ちに余裕が出て、公園の草花にも目が行きます。ラッパ水仙も本場では美しく感じます。


RJWyzLHxCW5ef4.jpg



もう急ぐ必要はないので、イン川沿いを歩きましょう。川沿いにレンギョウが綺麗に咲いていて、その向こうにはアルプス・・・絵になりますね。


dO4sP68WRKc114.jpg



イン川の水面が見えました。緑色の水が流れています。清冽な感じの流れです。


V59yzzIKEY6c5a.jpg



イン川にかかる橋の真ん中まで出て、川の流れの眺めを楽しみます。川の向こうにはアルプス。もっとも、この街はどちらを眺めても必ずアルプスが目にはいります。


jtttGk07Zec4c6.jpg



橋の反対側を見ると、イン川の向こうのアルプスの頂きに夕日が照って、明るく輝いています。


_sJ4O0BJdJ8cb5.jpg



イン川の流れとまわりの山並みの美しいこと、素晴らしいです。展望台なんて行かなくても十分だと2人で強がりました。
この後ホテルに戻って、出直します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR