FC2ブログ
 
  

インスブルックはアルプスの街:ディナーはチロル料理

2011年4月7日木曜日@パルマ~インスブルック/6回目

インスブルックInnsbruckの旧市街もそこそこ見たところで、夕食にしましょう。街をぶらぶら歩きながら、チロル料理のレストランに向かうことにします。ガイドブック推薦の店ヴァイセス・レッスル(Weisses Rössl)を探します。

お店に向かって歩き始めて上を見上げると、『市の塔(Stadtturm)』が青空に突き出しています。後から考えると、この塔に上って街の眺めを楽しむとよかったなあと感じます。


g9cZ4zeJT_3002.jpg



レストランを探しながら大通りに出ます。地図を見ながら探します。


mVooI5lNEI475f.jpg



イン川にかかる大きなイン橋Innbrückeの袂の広場に出ました。地図ではこの辺りの筈なんですが・・・。


L0RaAQG76ud58f.jpg



なかなかレストランが見つからずに通りをうろうろしていると、音楽大学のモーツァルテウムMozarteumがあります。モーツァルテウムはザルツブルグにあると思っていましたが、インスブルックにもあるんですね。


vIa3JqVJg62d9b.jpg



結局レストランが見つからず、配偶者が近くのお店でレストランの場所を聞くと、その路地を入り右に曲がったところよって教えてもらいました。やっとレストランのヴァイセス・レッスルを探し当てました。


6fz_1YE5tXe8fe.jpg



建物の2階にあるヴァイセス・レッスルにはいると、支配人に予約の有無を聞かれます。もちろん予約なしです。すると今日はお店が混んでいるので、予約なしでは無理とのこと。そんな予約が必要なお店には見えませんが、人気店なんですね。支配人も申し訳なく思ったらしく、別のレストランを紹介してくれます。すぐ近くの黄金の小屋根Goldenes Dachlも見通せるレストランで、通りにテラス席を設けてあります。今日は暑いので外で食べるのもいいでしょう。ゴールデナー・アドラー(GoldenerAdler)という名前のレストランで、1390年創業の大変古い老舗です。

ここまでのレストラン探しを地図で確認しておきましょう。


2011082701.jpg



このレストランもチロル料理の店です。


CXlwe7rnhmcc24.jpg



スープとチロル料理を頼んでみます。料理が運ばれてくる間、レストランの建物を見上げると、壁には綺麗な装飾が施されています。


6nSYpMhfm9136b.jpg



このレストランは高級感はなく、田舎風の料理で気楽に食べられます。ちょうどシュパーゲル(生の白アスパラガス)の特集となっていましたが、シンプルに茹でたものや焼いたものがないので、これはパス。ウィーンかミュンヘンのどこかで食べたいものです。

まずはスープです。


_71kGL6yO59b8b.jpg




Sa1PvO9cOl043e.jpg



メインはじゃがいもと牛肉の炒めものの上に目玉焼きののったもの。これは素直な味で美味しいです。田舎料理ですね。


DlNhFzfUY32e5f.jpg



もう一つのメインはチロル風ぎょうざ盛り合わせクリームソース添えです。なかなか面白いものです。


HLrCCE8qhZ5eda.jpg



食事が終わり7時半過ぎになってもあたりはまだ明るいですが、それでも店前に吊り下げられている鉄飾りに灯がはいって綺麗です。


C1mpIa8NHH3d45.jpg



ここから、黄金の小屋根もよく見えています。


npcVO8TQ622ec4.jpg



帰りの街の路地を歩いているうちに、少しずつ暗くなってきます。


bKcdIIWWGia370.jpg



日が沈み、山の雪の白さと山の斜面に建つ家々の灯がぽつんぽつんと点いているのを印象的に感じながら、ゆっくりホテルに戻ります。
明日は天気次第ですが、もう少しこのインスブルックあたりを見て、ウィーンに向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR