fc2ブログ
 
  

saraiの音楽総決算2013:協奏曲編

今年から、音楽の総決算でオーケストラ・声楽曲編から協奏曲を別ジャンルに分離しました。

今回はその協奏曲編です。
このジャンルは、saraiのお気に入りのヒラリー・ハーン、庄司紗矢香、上原彩子が今年も素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

今年は以下をベスト5に選びました。

1位 ショパン/ピアノ協奏曲第1番:上原彩子+プラハ響@みなとみらいホール 2013.1.13
2位 シベリウス/ヴァイオリン協奏曲:ヒラリー・ハーン+ネルソンス+バーミンガム市響@東京オペラシティ 2013.11.18
3位 ブラームス/ヴァイオリン協奏曲:庄司紗矢香+大野和士+ウィーン響@サントリーホール 2013.5.13
4位 ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第2番:ハイティンク+ピリス+ロンドン交響楽団@みなとみらいホール 2013.3.10
5位 バルトーク/ヴァイオリン協奏曲第2番:庄司紗矢香+インバル+東京都響_2回目@サントリーホール 2013.12.20
5位 プロコフィエフ/ヴァイオリン協奏曲第2番:庄司紗矢香+セガン+ロッテルダム・フィル@サントリーホール 2013.1.31
5位 プロコフィエフ/ピアノ協奏曲第3番:小山実稚恵+クリスチャン・ヤルヴィ+東京都響@サントリーホール 2013.10.16


繊細にして、大胆・・・それが上原彩子の弾くショパンのピアノ協奏曲第1番でした。まさに鬼気迫る演奏でした。saraiの聴いた最高のショパンです。上原彩子の自由闊達なピアノに見事に合わせたボロヴィチの棒さばきも称賛できます。実はこのコンサートの5日前にもサントリーホールで、同じメンバーでのショパンのピアノ協奏曲第1番を聴きましたが、そのときの演奏には感銘を受けなかったんです。そのときの記事はここです。たった5日で天と地のような演奏・・・音楽って、難しいものですね。

saraiの愛するヒラリー・ハーンもずい分、演奏スタイルが変わってきたなということを確信したシベリウスのヴァイオリン協奏曲でした。人間的な温かみや熱い情念の燃えたぎる演奏です。とても素晴らしく、そして、聴いていて、saraiも熱く高揚する演奏でした。本来、これが今年の1位になるところですが、上原彩子の弾くショパンが凄過ぎたので、こういう順位に落ち着きました。

素晴らしく急成長を遂げた庄司紗矢香の弾くブラームスのヴァイオリン協奏曲を聴いて、感涙しきりのsaraiでした。このところ、庄司紗矢香の演奏は、聴くたびに感銘を受け続けています。この1~2年ほどは、彼女の音楽的熟成の凄さに唸りっぱなしです。天下のウィーン交響楽団をバックに堂々たる演奏。世界的にもトップクラスのヴァイオリニストの一人になったことを確信させられる演奏でした。

ピリスのピアノの素晴らしさに魅了されたベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番でした。巨匠ハイティンクを向こうに回し、ピリスの音楽性が光るコンサートでもありました。ただ、この日のコンサートは、その後に演奏されたブルックナーの交響曲第9番が凄い演奏だったので、どうしても、このピリスのベートーヴェンの印象が薄くなってしまいますが、最高の演奏だったんです。このコンサートの3日前のサントリーホールでの同じプログラムでも、素晴らしい演奏でした。そのときの記事はここです。2回ともピリスのピアノは最高でしたが、2回目のほうがオーケストラのアンサンブルがよかったので、ランキングでは2回目をとり上げました。

聴くたびに快演を聴かせてくれる庄司紗矢香のバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番でした。上記のブラームスのヴァイオリン協奏曲にも優るとも劣らない演奏でした。前日の東京文化会館での演奏も素晴らしいものでした。そのときの記事はここです。

これもまた庄司紗矢香の聴かせてくれたプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番の素晴らしい演奏でした。同列の5位としました。庄司紗矢香の力まない演奏は高いレベルのプロコフィエフでした。このところの庄司紗矢香の演奏からは目を離せません。

恐ろしく精度が高く、熱い演奏を繰り広げてくれた小山実稚恵のプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番も同列の5位にします。小山実稚恵、渾身の演奏でした。

いよいよ、次回は最終回、大賞も発表します。そして、大晦日でもありますね。

ところで、当ブログ初の試みとして、読者のみなさんはどういう作曲家がお好きか、アンケートをお願いしています。
以下のリンクをクリックするとアンケートページにジャンプするので、saraiの好きな作曲家30人の中から、読者のお好きな作曲家をお答えください。よろしくお願いします。

好きな作曲家20人+1アンケート


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!





関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR