fc2ブログ
 
  

バイエルンの美しい村は青騎士の原点:フランツ・マルク美術館

2011年4月17日日曜日@ミュンヘン~コッヘル/ムルナウ~ニュルンベルク/2回目

バイエルンの田舎町コッヘルKochelを散策しながら、フランツ・マルク美術館Franz Marc Museumに向かいます。

ようやく、美術館の入口です。


3HM9xCxdCF1818.jpg



入口といっても歩行者用の裏口で、ここから美術館の敷地が始まります。
美術館の裏山に入り、山の中の小道という感じの道を進みます。


8BxEveMb2qe298.jpg



ようやく裏山を抜け、小さな橋の向こうに緑のスロープが見えてきます。あの丘の上に美術館があるようです。


PkYrB6k65r12a7.jpg



小高い丘の上に真っ白な瀟洒な建物が見えてきます。それが、フランツ・マルク美術館です。右側の建物は併設するレストランです。


Y3eT1BJYNuc085.jpg



美術館の建つ丘の上からは、コッヘル湖Kochelseeとその向こうの山並みが綺麗です。


ywEuVP0nF9f0c0.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011091901.jpg



フランツ・マルク美術館のエントランスです。ドアが閉まっていると、何か入りづらいですね。なお、このフランツ・マルク美術館は月曜日はお休みで、開館時間は10時~18時です。


WGq9c_Cdtg12ac.jpg



このドアを開けて中に入ると、明るい空間でレセプションではお姉さんが待っています。まずはチケットを購入。1人7.5ユーロです。


hmsH2uYlBF2269.jpg



残念ながら、日本語のパンフレットはありません。英語版もないようです。せめてもとのことで、こんなカードをいただきました。


QAqfgYx5wY7f84.jpg



荷物を預けて中に入ると、フランツ・マルクの世界が広がります。マルクは短い36年の人生で世を去りました。彼の初期の作品からいわゆる青騎士の作品までを、こんなにまとめて見るのは初めてです。マルクって本当に絵がうまいんですね。初期には印象派のような絵を描いていたようです。突然絵が変化しますが、そのマルクらしい絵を描いていたのは晩年の2、3年なんですね。色彩から激しい絵のような印象を持っていたのですが、よく見ると、なめらかな曲線を多用し画家の視点はとっても繊細で優しさを感じます。配偶者は、ますますマルクが好きになったようです。マルクに影響を与えたカンディンスキーの絵は数点しかなく、ミュンターの絵が多く展示されています。

マルクの展示作品の中から、特に気に入った作品を4点ご紹介しましょう。

「雪の中の干草の山」(Hocken im Schnee)です。


YXQ70W8Qr3c52c.jpg



干草というよりも、洋梨のようで美味しそうですね。

「跳びはねる馬」(Springendes Pferd)です。


9QWJ8enIqk74ef.jpg



やはり、マルクと言えば馬の作品は見逃せません。

「赤い鹿」(Rote Rehe II)です。


f9sMdlvE4R25f5.jpg



馬だけでなく、動物の作品もなかなかです。

「猫を抱く娘」(Maedchen mit Katze)です。


EbFC49ucNg1187.jpg



すべてが丸みを帯びた曲線が何とも素晴しい。

絵もさることながら、この美術館はウィンドウピクチャー的に周りの景色が見られるようになっていて、それも素敵です。


iB0qS7POUu4579.jpg



最後にミュージアムショップを見て、おしまい。大満足のマルク詣でです。お昼になったので、ランチをいただきます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR