FC2ブログ
 
  

バイエルンの美しい村は青騎士の原点:ミュンターハウスからムルナウの街へ

2011年4月17日日曜日@ミュンヘン~コッヘル/ムルナウ~ニュルンベルク/6回目

ムルナウMurnauのミュンターハウスMünter-Hausの続きです。

この家の階段には装飾が施されています。カンディンスキーの手によるものとのことです。さすがにお洒落ですね。


FiA5yiFAVoab33.jpg



ミュンターの肖像画も飾ってあります。


IOkRSedZOn1eee.jpg



これはカンディンスキーの寝室でしょうか。ベッドの上にシルクハットが置いてありますね。


3umsVVVgwx4f58.jpg



家の外に出て、お庭を拝見しましょう。お庭はムルナウの街を借景にするようにデザインされているようです。


IzBUCgqVaidef5.jpg



庭は丘の斜面の上の方にも続いており、そこには四阿があります。きっと、そこで青騎士の構想を巡らせたりしていたんでしょう。


DoNMSJHm5t5f72.jpg



この庭からのムルナウの街の眺めは本当に素晴しく、見飽きることがありません。カンディンスキーもきっとそうだったんでしょう。


hNwkdzrXtv4903.jpg



庭の端からミュンターハウスを眺めてみます。まさに彼らの夢のお城ですね。


pS0SP_W3fJ5fdb.jpg



さて、そろそろ帰りましょう。ミュンターハウスから出たところで、もう一度この夢の家を眺めます。うーん、芸術的な美しさです。


Hp0BdkGvzhcf63.jpg



街に続く小道を下りて行きながら、後ろ髪を引かれるように何度も何度も振り返って、青騎士たちの夢の跡を見上げます。


DJ5hsUxdZXad67.jpg



ムルナウ駅へは、ムルナウの街を抜けていきましょう。好天の日曜日の午後、村のメインストリート、ブルクグラーベンBurggrabenは歩行者天国になっているようです。


xOwYfOSQRR349e.jpg



通りには日曜市が並び、大勢の人で賑わっています。


29y5Ls07dve6bb.jpg



小編成のバンドもおり、もうお祭り状態です。


GZHPRMcs8ofc04.jpg



街から駅はちょっと離れているのですが、駅に向かう人も多く迷わずに到着です。


cAhg5sSQMibd27.jpg



ミュンターハウスから駅までのルートを地図で確認しておきましょう。


2011092101.jpg



これからミュンヘンに戻ります。

ムルナウ駅からミュンヘンへ戻る時間は予定していたよりも約1時間早くなり、15時30分発の列車に乗れそうです。ムルナウで、ミュンターハウスの近くのバス停留所(郵便局前)で降りられたのが大きかったようです。電車の出発時間が近くなると、それなりに大勢の人達が集まってきます。


PazafeYWMJ6586.jpg



この15時30分発のミュンヘン行きの列車にも1等車はあり、2階席での眺めは快適です。駅を出発すると、すぐにバイエルンの美しい草原が広がります。


aVXZgFHdP6b875.jpg



今朝コッヘルKochel行きの電車に乗り換えた駅トゥッツィングTutzingを通り過ぎ、その後は今朝ミュンヘンから来たのと同じ線路を引き返します。シュタルンベルク湖Starnberger Seeもまた通りますが、好天に誘われてどっと人が押し掛けたようで、まるで夏の海水浴場のような賑わいです。写真は美しい湖面とヨットだけですが・・・。


D2my9SvOJC8f2d.jpg



定刻の16時27分にミュンヘン中央駅München HBFに到着です。

ムルナウからミュンヘンまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2011092102.jpg



駅でまずやることは・・・キャッシング!あまりの連日の贅沢三昧で現金の持ち合わせが寂しくなってしまったのです。ATMからは簡単にお金が出てきますね。帰国後の決算が恐ろしいですが、もうしばらくは考えないでおきましょう。ケセ・ラ・セラですっ。

懐具合があったかくなったところで次の目的地ニュルンベルクNürnbergに向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR